ベテランから新人まで歴戦の猛者たちが集うお笑い界の中で、飛躍的に評価をあげている芸人がいる。有田哲平(49)である。お笑いコンビ・くりぃむしちゅーのボケ担当であり、芸歴29年、数多くのレギュラー番組を持ち、第一線で活躍し続けている人気芸人だ。



*  *  *
 彼の評価が飛躍的に上がったのは昨年の11月末、有田がMCを務める「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)でお笑いコンビ・アンタッチャブルが10年ぶりにコンビとして復活したときだった。アンタッチャブルはツッコミ担当の柴田の女性問題で10年間もコンビとしての活動を休止しており、その間、ボケの山崎はバラエティ番組で“ザキヤマ”として大ブレイク。2004年のM−1グランプリの覇者でもある2人のコンビとしての復活は誰もが望んでいたが、山崎が復活にOKしなかったと報じられていた。それが、有田のサプライズ演出によって突然、実現したのだ。テレビ情報誌の編集者はこう語る。

「柴田さんは番組内で突然漫才をすることになり大慌てでしたが、10年ぶりの漫才を見事に披露。伝説のコンビの突然の復活劇は大きな感動を呼び、ネット上でも祭り状態となりました。有田さんは若手時代から後輩のザキヤマさんをかわいがり、一時は同じマンションの上と下に住んでいた間柄。この関係性があったからこそできた演出だった。『脱力タイムズ』自体が、毎回フェイクだらけの情報が飛び交い、ボケ倒す番組なのですが、そんな流れから禁断のコンビ復活というウソから出たマコトのような演出が高く評価され、実際にこの放送回は月間ギャラクシー賞を受賞しました」

 現在、くりぃむしちゅーとしてもゴールデン帯で5本のレギュラー番組を持ちつつ、ピンでも地上波に4本のレギュラーに出演中。一方、アマゾンプライム「有田と週刊プロレスと」ではマニアックなプロレス愛を語り、プロレスファンからの熱狂的支持を受けている。「ここまで売れていて多忙なのに、ピンの仕事でも自分の色をしっかり出せている稀有な芸人」と評価するのは、民放バラエティ番組プロデューサーだ。

「ここまでレギュラー番組を持つと演者に徹するほうが楽なはずですが、有田さんは『脱力タイムズ』で総合演出を務めるなど作り手側にも人気です。ディレクターや作家陣としっかりとアイディアを出し合って、クオリティの高い番組を量産できる天才肌。ピンの番組で言うと、『有田Pおもてなす』では俳優を始めとするゲストのアンケートをもとに無茶ぶりを笑いに変える見事なプロデュース能力を披露しています。一方、深夜番組『有田ジェネレーション』では売れなくてくすぶっている地下芸人たちの才能を引き出す能力も回見せてくれる。つまり、演者としてだけでなく、プロデューサーや作家としての才能が異常に高いため、引く手あまたなのです」

 現状でレギュラー番組を増やすキャパはなさそうだが、「有田さん自身はまだまだ新しい笑いに飢えてる」(前出のプロデューサー)とのことで今、各局が喉から手が出るほどほしいタレントになっているという。

■ウンナン内村のような存在になる

 すでにベテラン芸人の風格すらある有田だが、その人気にあぐらをかくことなく、常に新しい笑いに挑戦しているその姿は、たしかに「お笑い界で最重要人物」と呼ばれるにふさわしい。

「近年、ウッチャンナンチャンの内村さんが再評価され、気がつけば紅白の司会までするようになりましたが、次は有田さんの時代が来るでしょう。同世代の芸人としては有吉弘行さんのほうが上を行っているイメージですが、有田さんはボケもできるし番組自体をしっかりコントロールできる。今のバラエティは放送作家やディレクターの権限が大きく、番組の内容に口を出す芸人はあまり好まれない。だから、演者に徹する有吉さんは評価が高いのですが、有田さんは番組のスタッフとちゃんとコミュニケーションを取りながら内容に口を出せるんです。全然偉ぶらないし、押しつけがましくもない。そのバランス感覚が非常に長けた人なので、今後も意欲的な番組がどんどん生まれると思います」

「脱力タイムズ」で共演したこともある、お笑い評論家のラリー遠田氏は有田の芸人としての才能をこう評価する。

「有田さんは、テレビの最前線で笑いを作る仕事を続けているという意味では、間違いなく現役最強クラスの芸人の1人。ゴールデンタイムから深夜番組まで、時間帯に合わせて笑いの質を細かく調整しているところにも驚かされます。共演した際、場の空気に合わせて即興で笑いを生み出す、頭の回転の速さに感銘を受けました。最近、コント番組が減ったと言われることがありますが、私に言わせれば『脱力タイムズ』は完全なコント番組です。あの枠であそこまで振り切ったお笑いの番組ができているのは、有田さんの卓越したセンスによるものでしょう」

 有田の天下獲りが始まったということか。どんな新しいお笑いを視聴者に届けてくれるのか楽しみだ。(藤原三星)