漫画やアニメ、ゲームなどの人気キャラクターを現実の世界にみごとに立ち上げてきた。意外にも「メンタルは弱い」が、「難しいほうが楽しい」と語る。透けて見えるのは、芯の強さだ。AERA 2020年3月23日号から。



*  *  *
 ミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」では超クールな財前光。ライブ・スペクタクル「NARUTO─ナルト─」では主人公ナルトの宿命のライバル・うちはサスケ。「ミュージカル『刀剣乱舞』」では沖田総司の愛刀・加州清光……。いまをときめく2.5次元界の旗手の一人だ。表現する醍醐味を自分の言葉で率直に語った。

佐藤流司(以下、佐藤):2.5次元は、いかに自分を捨てて役に完璧に染まれるかだと俺は思っています。原作とか設定集とか資料は全部読み込みますし、アニメがあれば立ち姿も参考にします。ゲームやアプリもできるものはすべてやって、自分の中に情報をインプットした後で、台本と照らし合わせるんです。そこからキャラを立ち上げていく。のびのびと自分のお芝居ができる状態とは全然違います。でも、縛りがあるなかでどうやって見せていくかが面白いんですよね。がんじがらめだから、面白い。2.5次元は役者とキャラクターの二人三脚で初めて成立できる世界なんです。だから、「人気がある」って言っていただくのは本当にうれしいんですけど、勘違いしないように自分に言い聞かせてもいます。俺の人気じゃなくて、キャラの人気がまずある。それは忘れちゃいけないなって。

 人気にあぐらをかくことなく、冷静に自分を見る。だが、デビュー当時はまったく違った。

佐藤:事務所に所属してすぐ「仮面ライダーフォーゼ」でデビューできたのもあって、演技のレッスンなんて必要ないと思っていました。根拠のないダメな自信があったんですね。ドラマの現場でも他の俳優さんと肩を並べてやれてるつもりでいました。でも、DVDで見返したら、想像していた自分の演技と違い過ぎて……もう、見ていられなかった。ああ、自分は凡人なんだ、お芝居って稽古しないとうまくならないんだなぁと思い知らされました。それで意識が変わった。発声練習とか基礎から始めて、いろんな作品を観て。早い段階で、自分は天才ではないと気づけたのはよかったです(笑)。

 舞台への意識も変わった。

佐藤:舞台、最初は毛嫌いしてたんです。事務所にも舞台とミュージカルはやりたくないって表明していた。完全に食わず嫌いだったんですが、ミュージカル「忍たま乱太郎」のお話をいただいて出させてもらったら、ダイレクトにお客さんの反応を感じられる舞台の魅力や奥深さを知って、自分もやりたいと思うようになった。「四の五の言っていられない」「蜘蛛の糸のように掴(つか)めるものは掴みたい」という思いにも、ようやくなったというのもありました。

 その後、ミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」という大舞台で役を掴んだ。だが、キャスティングが発表されると、原作ファンからは「イメージと違う」と大バッシングを受けた。

佐藤:本当に叩かれましたね(笑)。落ち込みました。正直、俺、メンタルはすごく弱いんです。普通の人より落ち込むし、本当に悲しくなりました。でも、対外的には虚勢を張るのが得意なんです。だから、平気な顔をして稽古に参加したら、バッシングを受けていたのは俺だけじゃなくて、財前のチームメイト、四天宝寺中学のキャスト全員が同じ状況だとわかった。それで逆に「よっしゃ見返してやるぞ!」って一致団結できたんです。

 自分たちがアドリブで芝居をする日替わりコーナーを任されると、俺が毎回ネタを考えました。自分のギャグでお客さんが笑ってくれると本当にうれしかった。俺たちが演じてよかった、意味があったと肯定してもらえたような気がしたから。

 熱い思いは観客にも通じ、やがては財前というキャラを超えて佐藤流司という役者の人気に火がついた。次々に人気舞台に出演したが、さらに人気を一段押し上げたのが「ミュージカル『刀剣乱舞』」への出演だった。

佐藤:自分にとっては芝居への向き合い方、闘い方が変わった現場になりました。演出家の茅野イサムさんという方がホントに厳しい方で、初日に「見た目で芝居をするな」と言われて、今まで体験したことないくらいけちょんけちょんにされました(笑)。

 自分が用意してきた芝居に対して「違う芝居をやれ」と何度も言われて、繰り返しやるうちに自分の引き出しを出し尽くしてしまう。その後は自分の想像の外でお芝居をするしかなく、それが結果的によかったりするんです。想像の外だから、考えてもできない。だけど、稽古を重ねてそれを探し続けるのが役者の仕事であり、舞台の面白さだと教えてもらった気がします。

 厳しい指導でしたが、自分が業界に入る前に想像していた「役者の世界」みたいな感じで楽しくもあった。生易しい世界じゃない、という……難しい方が楽しいんです。最新の武器じゃなくて、木の棒で攻略するみたいな感じが好きなんです。茅野さんと出会わなかったら、今もしょうもない芝居をしてたと思う。感謝しています。

 ドラマや映画の仕事も増えた。映画「HiGH&LOW THE WORST」で演じた西川泰志は若手俳優がしのぎを削るヤンキー群像劇でもひときわギラついた輝きで観客の心を掴んだ。

佐藤:絶対爪痕を残してやる、と思ってやっていました。自分がここ数年で培ってきたお芝居をぶつけにぶつけた感覚です。アドリブも結構入れましたね。泰志は蹴りが得意なキャラ。俺も昔、空手をやってたときに蹴りが得意だったんで、のびのびと暴れました。不良役は得意な方だと思う。内面はTHE男。しかも「漢」のほうなので(笑)。

 漢として野望はあるか。

佐藤:確固たる地位に立って、「2.5次元と言えば佐藤流司」と真っ先に名前が出る俳優になりたいですね。もちろん、2.5次元だけではなく、役者業全般やバンド活動でも。そして、これからどんどん出てくる新しい役者を見守ってあげられる存在になりたい。まさに野望です。

(ライター・大道絵里子)

※AERA 2020年3月23日号