今年でデビュー20周年を迎えたタレントの磯山さやか(36)。昨年はバラエティ番組だけでなく、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)をはじめ数々のドラマに出演。また、セクシーなカットが満載の今年のオフィシャルカレンダーが完売するなど、グラビアモデルとしても変わらず健在だ。 



 人気の原動力のひとつはぽっちゃりボディ。男ウケ抜群の女性タレントは同性の視聴者から敬遠されがちだが、意外にも女性のアンチが少ないというのだ。

「女性視聴者が共感できるような発言が多いんです。例えば、昨年放送されたトーク番組で休日の過ごし方ついて話していたのですが、ほとんど家にいるそうです。しかも、サスペンスなどドラマの再放送を見続けるのが至福の時間で、地上波とBSを交互に12時くらいから夕方まで見ているとか。また、結婚について『する気があんまりない』と明かしていたのですが、理由が疲れて帰宅して誰かいるというのが余計に疲れるからと語ってました。ちなみに、理想の結婚相手を『ほどよく出張してくれる人』だそうです」(女性週刊誌の芸能担当記者)

 また、「痩せている=美しい」とする痩せ信仰が強い日本において、それとは真逆の体型に親近感を覚える女性も意外と多いのだろう。そんな自身の体型について磯山は「ぽっちゃり系」と言われることに対し、最初は抵抗があったそうだ。しかし、次第に一つの個性と思えるようになり、自分らしさを見つけられて良かったと思っていると語っている(「yomiDr.」2019年4月5日配信)。

「親近感を覚えるだけでなく元気づけられる女性もいるでしょうね。あと、彼女の失敗談も親しみを感じます。昨年12月にバラエティ番組で、好きな男性を交えて数人で家飲みをした時のエピソードを披露していたのですが、飲み過ぎて吐きそうになるのをガマンして好みのタイプの男性の前でオナラをしてしまったとか。結局、オナラのせいではなくとも、その男性とは友達止まりだったそうです」(同)

■「謙虚なぽっちゃり」で女性が共感

 確かに、そんな失敗談は「この人も自分と同じなんだ」と、特に同性からの共感は得やすいだろう。さらに「偉ぶらないところも好印象に繋がっているのでは」と言うのはテレビ情報誌の編集者だ。

「『20年も続けられたのは奇跡』とインタビューで語っていたのが印象的でした。デビューした頃は芸能界に居られるのは3年か5年くらいと思っていたそうで、ここまで続けられたのは周りのおかげだと感謝していました。また、『ブレイクしなかったから続けられたのかも』とも言っていましたね。そんな磯山ですが、芸能人なのにぽっちゃり体型で飾らず、すれてないので女性視聴者は親近感だけでなく安心感も覚えるのでしょう。さらに、人気の浮き沈みが激しい芸能界で長く生き残っており、グラビア界においては憧れの存在になっていると思いますよ」

 TVウォッチャーの中村裕一氏は、磯山さやかの魅力についてこう語る。

「アラフォーに差し掛かり、良いことも悪いこともありのままを受け入れ、自らの失敗エピソードなどを包み隠さずオープンに語る姿に多くの人が共感しているのでしょう。高校時代は野球部のマネジャーを務め、また大のヤクルトファンということもあって、かつては“野球大好きタレント”としてブレイクを目指していたように見えましたが、なかなか定着せず、キャラ選びに試行錯誤した時期もあった。しかし、現在は志村けんファミリーとして『志村でナイト』などで安定感のあるコメディエンヌぶりを披露しており、その方面の素質があったのかもしれません。将来的には井森美幸や島崎和歌子のような姉御肌タレントになる可能性も秘めていると思います」

大ブレイクせずとも揺るぎないポジションを確立しつつある磯山。今年もドラマやバラエティと活躍の場は多いと思うが、ブレずに進んでほしいところだ。(丸山ひろし)