東出昌大が会見を開いた。9歳下の女優・唐田えりかとの不倫発覚から、2ヶ月弱。このタイミングになったのは、連ドラ「ケイジとケンジ」の放送終了と、映画「コンフィデンスマンJP−プリンセス編−」の公開(5月1日)とに挟まれた、彼及び仕事関係者にとっての閑散期だからだろう。メディアが殺到し、変な発言をしてしまうかもしれない機会を、自分自身や作品へのリスクがなるべく小さい時期に行なうという慎重な対応だ。



 会見の内容自体も、慎重なものだった。参加した芸能リポーターの長谷川まさ子いわく「20分の会見時間の、半分くらいは考えてる時間に感じた」とのこと。一問ごとに言葉を懸命に選びながら、

「仕事においても、私生活においても、驕り、慢心、そのようなものがありました」

 などと、反省の思いを絞り出していた。しかし、慎重に絞り出した言葉が正解とは限らない。「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」という質問には、約10秒の沈黙のあと、

「お相手のこともあるので、また、私の心の内を今ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありませんが、お答えできません」

 と返していたが、もし杏だと言ったとしても、唐田とのことが遊びっぽくなり、反撃的な暴露をされるかもしれない。ここはおそらく「どちらのことも傷つけることになるので」とするのが正解に近かったのではないか。

■真田広之の不倫会見

 とまあ、大成功だったとはいえない東出会見。ただ、不倫の釈明なんてそんなものだろう。あの「不倫は文化」の石田純一にしても、発言当初は叩かれ、多くの仕事を失った。

 それでも、石田がそうだったように、かつての芸能人は不倫会見でも名言や迷言を連発したものだ。たとえば、今回の東出と似ている真田広之のケース。女優の手塚理美とのあいだに幼い子供ともうすぐ産まれる子供がいながら、映画で共演した15歳下の女優・葉月里緒菜と恋に落ちた。

 しかし、不倫発覚の翌月、葉月との共演映画「写楽」が上映されたカンヌ映画祭で、彼はこんなことを言ってのけるのである。

「オウム騒動でずいぶんと助かった芸能人が多いですよね」

 じつはその2ヶ月前に、地下鉄サリン事件が起き、芸能ニュースは隅へと追いやられていた。おかげで自分のスキャンダルもあまり報道されずに済んだ、という自虐的な冗談だ。東出もある意味、新型コロナウイルス問題によって注目がうすれた面もあるので「コロナで助かった」くらいのことは言ってもよかったかもしれない。大バッシングされただろうが、この際、それくらい肝の据わったところも見せてほしかった。

 かと思えば、メディアに食ってかかった人もいる。山田邦子だ。妻子ある会社社長との不倫について取材してきた芸能レポーターの井上公造に対し、

「お前、もてないだろう」「バカじゃないの」

 と、逆ギレ。このため、彼女はそれまでの好感度を一気に低下させてしまった。

 もっとも、石田や真田、山田については、不倫にのめりこんでいる時期の発言である。特に山田は、そのまま略奪愛を成就。好感度と引き換えに、好きな男との家庭を手に入れたわけだ。

 そういう意味で、不倫を清算したという東出は謝るくらいしかなく、テンションも低くて、気のきいたことがいえるような状況ではなかったのだろう。また、名言も迷言も生めないあたりが東出らしさでもある。この人は役者としても、言葉よりは雰囲気の人であり、そういうところが魅力だからだ。

■「クズ男」だとしても「ダメ役者」ではない

 というのも、彼は台詞の抑揚や滑舌に難があるとされ「棒読み」とか「大根」などと揶揄されたりもする。が、ここまで売れてきたのはそういう物差しでは計れない持ち味があるからだ。大柄なうえ、イケメンのわりに目力がなく、どこか茫洋とした感じが、何を考えているのかわからないという不思議な存在感をかもしだす。それゆえ、善人役で使えば、優しいお人好しのキャラにもなるし、悪人役をやらせれば、サイコパスな犯罪者にもハマるわけだ。

 多くの女性にとって「クズ男」だとしても、けっして「ダメ役者」ではないのである。

 一方、今回の騒動で引っかかったのは、杏をやたらと擁護する人たちの見方だ。それも「かわいそう」「気の毒」ならわかるが、彼女を公私ともに非の打ちどころのない存在として持ち上げ、東出のことを「格下」とか「分不相応」などとして貶める見方が目立つ。

 しかし、そういう人たちは彼女の何を知っているのだろう。渡辺謙の娘というサラブレッド感や、その父に離婚というかたちで棄てられたうえ、夫にも浮気をされたという薄幸なイメージ、そういう先入観に引きずられすぎではないか。個人的には、杏の芝居こそ、ともすれば大げさで、深みがなく、色気にも乏しい。役者としてのふたりは、ほぼ同格という印象だ。また、その馴れ初めが、モデル同士だった時代、杏が東出に惚れたことだという話からしても、この夫婦に「格差」は感じない。

 あと、東出について杏の七光りだと言う人もいるが、それなら杏だって、謙の七光りを無視できない。とにかく杏を過大評価する人は、もし彼女が謙の娘でなかったら自分はどんな評価をしていただろうかと、一度じっくり考えてほしいものだ。

 と、杏上げ東出下げの声があまりにも目につくので、ちょっと反論してみた。どちらの才能も、不倫などという個人的かつプライベートな問題で枯れることのないよう願いたい。

■「ボクちゃん」は僕自身に結構似ている

 その点、東出の「ケイジとケンジ」は残念だった。ダブル主演となった桐谷健太やヒロイン・比嘉愛未との息も合っていて、エリート検事ゆえのズレたにくめなさを好演したが、第2回の直前に不倫が発覚。アレルギー的に拒絶した視聴者がかなりいたようで、この枠としては3年ぶりの平均視聴率ひとケタを記録してしまった。

 では、これから公開される「コンフィデンスマンJP」第2弾はどうだろう。こちらは一昨年の連ドラ、昨年の映画第1弾と、実績を積み重ねてきたシリーズだ。不倫アレルギーの影響は小さいのではないか。

 なお、映画第1弾のパンフレットで、彼は自分の役である「ボクちゃん」についてこう語っている。

「ボクちゃんって駄目なやつだし、実は結構お金大好きだし、一番怖い人なんじゃないのかなとも思いますね。ただ、僕自身に結構似ているともとも言われて、いいのか悪いのか(笑)。僕が演じているからそうなっているのであって、別の方が演じたらもっと心のきれいなボクちゃんになるかもしれないですけどね(笑)。でもそれだけに面白くて、好きなキャラクターです」

 意外と自分の「クズ男」ぶりをわかっていて、芝居にも活かし、またそれを楽しんでいるような口ぶりだ。今回の不倫騒動を機に、ますます自覚的に演じられるようになりそうだし、そういう役のオファーも増えるに違いない(クズ男以外のオファーがもう来ないのでは、ともいえるが……)。

 ただ、この会見の東出について、自分の周囲では「少しやつれて、いい男になってた」とか「苦しそうな表情に、イケメン度が上がって見えた」という声も聞かれた。スキャンダルは芸の肥やしという、由緒ある芸能界の格言を死語にしないためにも、めげずに頑張ってもらいたい。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など。