元欅坂46の平手友梨奈が3月19日、パーソナリティーを務めるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」の最終回で、リスナーに訴えたメッセージが大きな反響を呼んでいる。



 平手は高1になった2017年4月から3年間、同番組のコーナー「GIRLS LOCKS!」を担当。楽しく話す平手の「素がわかる」番組として根強い人気を誇ってきた。

 19日の最終回は「平手友梨奈のGIRLS LOCKS!卒業式」というタイトル。番組の最後に語ったメッセージには、激動の思春期を駆け抜けた18歳の思いが詰まっていた。

「このラジオを聴いてくださっている方に、私からお願いというか約束をしてほしいなと思っていて……」

 と切り出し、

「一つは、言葉の暴力というのは本当にもうしないであげてほしいということです。言葉の暴力というのは、体罰だったり、パワハラだったり、(今の時代)やってはいけないことが増えている中で、自分は言葉の暴力が一番人の心を傷つけてしまう。うーん……、最悪の場合、本当にもう死にたいって思っちゃう人もいると思います。だから、言葉の暴力というのは本当に、うん…やめてほしいなって思います」

 と語った。さらに、

「あともう一つ。SNSは良く使えば本当にすごく便利です。でも、ちょっと(使い方を)間違えるだけでいろんな方向に転がっていくと思うので。そこはどうか、絶対にしないでほしいです」

 と訴えて続けた。

「辛いこと、苦しいことの方が多いと思う人もきっとたくさんいると思います。私もそう思っている人間の一人です。でも、どれだけ嫌なことがあっても、逃げずに闘ってほしいです。闘うことはすごく勇気のいることだし、自分も傷つく。そして相手も傷つくことがあります。大切な人間関係がもしかして崩れちゃうこともあるかもしれない」

「でも、それはマイナスに受け取るんじゃなくて、むしろプラスに受け取ってほしいなって思います。あとは、もっとわがまま言っていいんだよって言ってあげたいです。きっと夜中とか自分のベッドで涙を流したりとかすることもきっとあると思います。人に言いたくないこと、友達や両親にも誰にも話したくないこと……。そこをSNSに逃げないで、どうか信頼できる大人に話してみてほしいです」

「すごく勇気がいることだし難しいし、言葉が詰まってしまうかもしれないけど、話すことでちょっと気が楽になることもあると思う。それが私からのお願い事です」。

 欅坂で中学生の時からグループ最年少の不動のセンターとして活躍してきたが、SNS上では自身やグループに対して誹謗(ひぼう)中傷の言葉が書き込まれることが多々あった。心を大きく傷つけられ、生きるのもつらい日々を送っただろう。平手が自身の経験に基づいて訴えた一連のメッセージに、ネット上では多くのコメントが殺到した。

「自分を犠牲にして、身体も心もボロボロになって、それでも限界まで私たちに歌を届けてくれてありがとう。本当に最後まで欅坂の避雷針でいてくれてありがとう」

「てち(平手)大好きだよ。自分はいじめられていたけど、てちのおかげで自殺せず勇気を出して先生に報告できました」

「小中高と何度もSNSの利用方法の説明や情報モラル教室があったけど今回のラジオが1番の教材だったと思います。もちろん学校の指導が無駄とかは思ったことはないけど、てちの経験も含んでいるであろう一言一言の重みがやっぱり強かったな。ファンのお願いはてちからのお願いと同じだと思います。まだ18歳だけど普通の18歳よりも濃密で過酷な体験をしていると思います。彼女の未来に幸あれ」

 平手に感謝の思いをつづる書き込みがたくさんあった。

 才能あふれる個性的なパフォーマンス、周囲を引きつける独特のオーラはアイドルの枠を超えて多くの人たちの心を揺さぶった。今後は女優、ソロ歌手としての活躍が注目される。(牧忠則)

※週刊朝日オンライン限定記事