《自分のことを守ることが、外に出ざるを得ない人を守ることになる。利己と利他が循環するように、一人ひとりが今、できることを》
 女優の杏(33)が4月14日に所属事務所の公式YouTubeチャンネルで公開した動画には、そんなメッセージが添えられていた。



 新型コロナウイルス感染症による外出自粛を受け、有名人たちが「#おうち時間」「#Stay Home」などのハッシュタグで歌やダンスなどの動画を公開しているが、杏は自宅の一室でギターを弾きながらフォークシンガーの加川良さんによる「教訓1」をカバーした。

「杏の透き通るような声と傍らで絵本を読む子どもの後ろ姿に視聴者は、ますます彼女にエールを送りたくなったと思います」(スポーツ紙記者)

 夫の東出昌大(32)の不倫による離婚問題、さらに追い打ちをかけるかのように明らかになった実母との裁判。そうした問題を抱えながらも杏は毎日、3人の子どもたちの育児に追われていることを思うと、余計に杏の歌声が胸に響くのかもしれない。

「一部では東出との離婚はゴールデンウイーク前後と報じられましたが、実母との裁判も係争中ということで、結論はまだ先になるようです。一方、仕事ではすでに来年のドラマ出演が決まっているとの情報もあります」(同前)

 杏は昨年7月期のドラマの『偽装不倫』(日本テレビ系)で4年ぶりに連ドラ主演を果たしたが、来年に予定されているのは2014年に放送され高視聴率をたたき出した『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の第3シーズンだという。

「昨年1月に『7月期に花咲舞の続編で復帰』と報道されましたが、実際は『偽装不倫』でした。『花咲舞〜』は14年の放送で平均視聴率16.6%をマークし、翌年放送された第2シーズンは14.4%でした。コンスタントに2ケタの数字が取れるドラマはなかなかありません。日テレとしては、テレ朝の『相棒』や『ドクターX』のような続編でも再放送でも安定した数字がとれるコンテンツとしてどうしても手放したくないのです」(テレビ局関係者)

 『花咲舞が黙っていない』は池井戸潤氏の小説『不祥事』『銀行特命』を実写化したもので、杏演じる正義感の強い銀行員・花咲舞が、上川隆也演じるベテラン行員の相馬健とともに、支店で起こるさまざまなトラブルを解決していく“臨店”という仕事をめぐる銀行ドラマだ。

「実は続編が延びたのは杏の父親役で出演していた大杉漣さんが18年2月に急逝されたことも関係しています。当時、杏は『1回親子役をやると、すごく、えも言われぬ近しみというものがあるので、まだ、受け入れられないなと思います』とコメントしていますが、大杉さんはドラマを離れても、何かと杏のことを気にかけていたようで彼女のショックは相当のものでした」(女性誌記者)

 もし、来年続編が放送されるとすれば、果たして“第二の父親”役は誰になるのだろうか。

 芸能リポーターの川内天子さんは次のように予想する。

「大杉さんは、身長や雰囲気などがとても杏さんとマッチしていました。あのイメージを踏襲するのは難しいので、新たな親子として考えれば、草刈正雄(67)や小林稔侍(79)、市村正親(71)、吉田鋼太郎(61)などが候補に挙げられるのでは。新型コロナウイルスの影響で今年のドラマや映画などは縮小、中止などの変更が出ています。そのため来年へ向けての準備も通常より早くスタートするようです」

 花咲舞の決め台詞「お言葉を返すようですが」が聞ける頃には、離婚問題と実母との裁判のどちらも解決しているといいが……。(宮本エミ)