4月23日深夜放送の『岡村隆史のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)でナインティナインの岡村隆史が不適切な発言をしたことが大問題に発展している。岡村の所属事務所である吉本興業は本人の名前で謝罪文を発表した。



 翌週の4月30日深夜の放送回では、岡村がこの問題について何を語るのか注目が集まっていた。いざ蓋を開けてみれば、そこには誰も予想していなかった意外な展開が待ち受けていた。

 冒頭から岡村は重々しい口調で謝罪と反省の言葉を繰り返した。ひとつひとつ言葉を選んで慎重になっているため、「えー」「んー」などの間投詞がやたらと目立つ。プロの芸人が人前でこんな話し方をすることはめったにない。間投詞を挟まないというのはしゃべりの基本である。そんな基本フォームすら完全に崩れてしまうほど、岡村は狼狽し、意気消沈していた。

 このまま1人で2時間の番組が続けられるのか。リスナーの誰もが不安を感じたところで、スタジオ内に突然、人が入ってきて口を開いた。

「やったな、お前。やってもうたな」

 その声の主は相方の矢部浩之だった。岡村は急な事態に戸惑いながらも、迷惑をかけた相方に対して「ごめんなさい」「申し訳ない」と謝罪の言葉を漏らした。

 矢部は今回の舌禍騒動をある意味で「いい機会」だと捉えていた。それは、ナイナイというコンビがあまりいい状態ではないと感じていたからだ。この事態はナイナイにとっても緊急事態である。だから「公開説教」をしに来たのだと矢部は高らかに宣言した。

 宣言通り、その後は矢部から岡村に対して、次々に核心を突くような厳しい言葉がぶつけられた。特に、問題となった今回の発言については、彼を放置して甘やかしてきたスタッフやリスナーにも責任があるとまで述べた。矢部が、というよりもタレントが、マスメディアでここまで踏み込んだ話をするのはめったにないことだ。

 その後も、岡村の人間として欠けているところ、甘えているところ、女性蔑視の考えを持っているところなどを逐一指摘していった。問題発言の根底にあるのも、困ったら「風俗ネタ」に逃げるという岡村の悪癖によるものだとして、そこを改めなければいけないということを訴えた。

 説教の中で、矢部が岡村に人として成長するための手段として「結婚」や「恋愛」を勧めている(ように見える)ことに対して批判の声もあがっているようだが、もちろんそれも一理ある。「自分は結婚(恋愛)がきっかけで変わったから、お前も結婚(恋愛)をするべきだ」というのは、もちろん別の意味で問題のある発言だろう(矢部が直接そう言っているわけではないが)。

 ただ、個人的にはそのことよりも、矢部が岡村のためにこれだけの時間をかけて、言葉を選んで、リスクを負って、あえて公開説教を行ったという事実に心を動かされた。一お笑いファンとして、ナイナイというコンビを長年見続けてきたからこそ、ここで矢部がぶちまけた話の内容の重みがわかる。

 ナイナイにとってこれまで最大の危機は、岡村が心身の疲労により無期限休養に入ってしまったことだった。このとき、矢部は1人でナイナイのレギュラー番組に出続けて、岡村の復帰を待った。その後、岡村は復活して、自分を追い詰めるようなこれまでの生き方を見直すようになった。

 だが、実は矢部はそのときから今まで岡村に対して引き続き不安と不満を抱えていたのだ。矢部によると、岡村はもともと内弁慶なところがあり、身近なスタッフなどには気を使わせるようなタイプの人間だった。復帰後は、スタッフも今まで以上に岡村の精神的な状態に気を配るようになった。さらに、ナイナイも芸歴や年齢を重ねたことで立場が上がり、彼らに物申すことができる人もどんどんいなくなっていった。

 私のようなお笑いファンの目から見ると「事件後に岡村は以前よりも丸くなった」という印象だった。だが、すぐ隣で彼を見てきた矢部によると、本質的には全く変わっていなかったということなのだ。あの休養から復帰までの大騒動のときにすら言えなかったことを、矢部はいま初めて口にしたのである。

 世間から見れば、今回の事件は古い価値観を持つ男性タレントが引き起こした致命的な舌禍騒動ということになる。しかし、岡村を長年見てきた矢部にとっては、これは起こるべくして起こった事件であり、この機会に何十年もため込んでいたものを吐き出すしかなかったのだ。番組の終わりに矢部は、自分がその場に出てきた意図についてこう語っていた。

「こういう機会に全部さらけ出した方がええんちゃうかなと思って。もう自分らの恥部をね、恥ずかしい部分も見てもらって。どっちか言うたらそういうタイプでやってきたじゃないですか」

 そう、これこそがナイナイらしさであり、ナイナイの強さでもある。本物のスーパースターは、自分たちの弱い部分や格好悪い部分を人前でさらけ出したりはしない。圧倒的な強者にはその必要がないからだ。

 その点、ナイナイは何でも見せてしまう不器用で情けないヒーローである。出演者が何もかもさらけ出して必死で戦うお笑い番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)を長年にわたり活動の拠点にしてきた彼らは、自分たちの葛藤や戸惑いもすべてネタにしてきた。

 中年のおじさんがいい歳してとんでもない失言をして、相方である中年のおじさんに深夜に真剣に怒られている。怒っている方のおじさんも「それはそれで価値観が古い」などと叩かれたりしている。なんて無様で格好悪い人たちなんだろう。そして、そこまで格好悪いところを見せられるナイナイという芸人は、なんて格好良いんだろう。

 岡村のもともとの発言は明らかに問題だし、矢部の言ったことすべてが正しいわけでもない。ただ、彼らにとっては、誰になんと言われようと、コンビ存続のためにこの段階を踏むことがどうしても必要だったのだ。だから、批判は承知の上で、愚直に、無様に、岡村は頭を下げ、矢部は説教を続けた。

ナイナイというコンビはこれからどこへ向かうのか。どうあるべきなのか。それは、今後の彼らを見守る人たちがそれぞれに判断していけばいいのだと思う。(お笑い評論家・ラリー遠田)