「麒麟がくる」での藤吉郎役も話題。劇団出身で、年に最低1本の舞台に出演するよう心がけている佐々木蔵之介さんは、5月13日から、PARCO劇場のオープニング・シリーズ第2弾に主演する予定だった。コロナ禍に、あらためて実感した演劇の力とは?



 本来なら今頃は、連日稽古の真っ最中のはずだった。

 渋谷PARCO建て替えのため、約3年半の休館を経て今年1月に復活したPARCO劇場。そのオープニング・シリーズの第2弾で蔵之介さんは、舞台「佐渡島他吉の生涯」の、あの森繁久彌さんの当たり役と言われた明治〜昭和を生きた人力俥夫・佐渡島他吉役を演じることになっていた。

 4月2日、渋谷の道玄坂をのぼり切った場所にあるPARCO本部でインタビューをしたとき、蔵之介さんはもちろん、広い会議室にいたスタッフの全員がマスクをつけていた。

「マスクをつけたままですみません」と、最初に蔵之介さんはペコリと頭を下げた。表情が見えない中でのインタビューは難しいかと思いきや、さすがは俳優。目の色や輝きの変化、身の乗り出し方、声の抑揚などで、十分に熱量が伝わる。話は当然、上演予定の舞台の内容からスタートした。

「最初に、演出の森(新太郎)さんからタイトルを聞いたときは、森繁久彌さんの代表作の一つだとは露知らず。『どえらいタイトルのものが来はったな』と面食らいました。聞けば、『夫婦善哉』で名高い織田作之助さんの『わが町』という長編小説が原作で、何度も上演されるうちに、森繁さんが脚本を潤色もしているらしい。森さんが、昭和の人情喜劇にチャレンジするのも初めてということで、僕は一瞬尻込みしたんですが、『人のたくましさを表現したいんです』という一言に胸打たれまして」

 台本を読むと、明治から昭和まで、激動の時代を生き抜いた佐渡島他吉の40年がユーモアたっぷりに描かれていた。

「その40年の間に嫁が死んで、娘が死んで、娘婿も死ぬ。いろんな諍いを起こし、不幸な目にも遭いながら、でも、他吉はとにかく明るくたくましく生き抜こうとする。頓珍漢なところもあるし、すぐ泣いて、すぐ怒るけれど、健気で前向き。娘の『お父ちゃんは、神様のようにまっすぐなお人や』というセリフもあって、読みながら、力をもらうような感覚がありました」

“演劇は時代を映す鏡”とも言われるが、舞台に足を運ぶと、たとえそれがシェイクスピアのような古典の翻訳劇であっても、今生きているこの時代とシンクロするような感覚に陥ることがある。インタビューの時点では、5月13日の開幕に間に合うように準備を進めていたわけだが、もしかしたら上演できないかもしれないという一抹の不安もあった。蔵之介さんに、「今、こういうタイミングで昭和の人情喜劇が上演されることに、意味を感じたりはしましたか?」と聞くと、4年前に初めて演出の森さんとタッグを組んだ、「BENT」という作品に言及した。

「第2次世界大戦下のナチスドイツによる同性愛者への迫害がテーマの作品で、最初に台本を読んだときは、思わず『これは無理だ。俺にはできない』と思って本を閉じてしまったほどです。でも、何度か読みなおしていくうちに、究極の愛の物語だと思うようになりました。極限状態に置かれた人間たちが、それでもジョークを言い合ったりして、“そうか、生きていく上では、想像力とユーモアが大切なんだな”と気づかされた。その人生の厳しさに、笑えて泣けてきたんです。今回の舞台も、他吉の人生だけを追っていたら悲劇だけれど、だからこそ、芝居ならではのユーモアが利いてくるかもしれない」

 作品について語りながら、「『この世の中には、苦しい山、悲しい谷がなんぼもある、それをなんべんも乗り越えて、生きて行かないかんのじゃ』なんていうセリフもあったりして、僕自身、他吉の明るさに丸め込まれてしまうんです(笑)」と嬉々として語る姿は、他吉という役に恋しているようにも見える。(菊地陽子 構成/長沢明)

※取材の6日後、舞台の中止が発表になった

※週刊朝日  2020年5月8‐15日号より抜粋