反町隆史と松嶋菜々子。今年が結婚20年目という大物夫婦だ。文春オンラインが2019年11月末に発表した「好きな夫婦ランキング」でもいまだ9位にランクインするなど、相変わらず好感度も高い。



 そんなふたりにとって、ピンチと呼べるのはドーベルマン騒動くらいかもしれない。

 これは2011年、家族で飼っていたドーベルマンが同じマンションの住民にかみつき、その住民や管理会社とのトラブルに発展したもの。その後、示談や賠償などで決着したが、けっこう注目された。おそらく、反町とドーベルマンという取り合わせがスキャンダル的に絶妙だったからだろう。

 というのも、彼にはもともと「吠える」イメージがあった。歌手としての代表作「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜 」(1998年)などの影響が大だが、それをこのエピソードがさらに補強した感じだ。ちなみに、やんちゃな男は強い犬や大きな車に愛着しがち。前者が反町なら、後者には木村拓哉がいる。そして、木村と工藤静香もまた、同世代の大物夫婦である。

 しかし、反町・松嶋には木村・工藤ほどのやんちゃな印象はない。妻のキャラの違いといえばそれまでだが、夫のキャラも比べた場合、反町が大きく変化したというのも見逃せないのではないか。なにせ、彼は昨年、人命救助がニュースになるなど、すっかり「いいひと」ぶりが定着しているのだ。

 その構図は一見、松嶋が反町を飼いならしたようでもある。実際、そういう側面もあるだろう。だが、それだけでもない気がするのである。

 じつは反町、芸能史上まれな奇跡を実現した男でもある。デビュー時の所属はジャニーズ事務所で「ポスト光GENJI」として結成された平家派のメンバーだった。当時は本名の野口隆史で活動。「明星」89年5月号付録のアイドル名鑑には、

「メンバーの特技を紹介すると、野口はサッカーで鍛えたスタミナ」

 などと記され、城島茂や国分太一、山口達也、坂本昌行ら他7人とともにプロフィルと写真が掲載されている。のちにTOKIOやV6のメンバーになってもおかしくない期待の若手だったわけだ。

  しかし、そうなる前にジャニーズをやめ、モデル活動をしたあと、94年に俳優デビュー。翌年、いしだ壱成や香取慎吾、そしてアイドル時代の浜崎あゆみも出演したドラマ「未成年」(TBS系)でブレークを果たした。

 とまあ、若くしてジャニーズをやめた人が成功したケースは極めて珍しい。大手事務所の研音に所属できたことも幸いしたが、そのブレークと生き残りには彼の「人徳」のようなものも関係していたように思われる。言い換えれば「かわいげ」とでもいった魅力だ。

 というのも、歌手・反町隆史に「ロイヤルミルクティー」という隠れた名曲がある。シングル曲ではないが、ファーストアルバム(97年)のラストを飾る、尾崎豊風のバラードだ。「POISON」などと同様、詞も本人。「フレームの世界で生きている自分」が有名人ゆえの不安を告白しつつ、別れた彼女のことを切々と歌いあげている。

 タイトルの「ロイヤルミルクティー」はその彼女が好きだった飲み物で、当時は「何の興味もなかったそれ」を今では自分も好きになり「安らぎ」になっているという内容だ。これを聴いたとき、この人は恋愛によって変わるタイプで、そのことを喜べる人だと感じたものだ。どちらかといえば、女性に多く見られる感性である。

 そんなフェミニンな感性が「かわいげ」となり、芸能界を生きるうえでプラスになっているのではないか。たとえば、彼はドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)に5年前から出演している。4代目の相棒として、何かと気難しいことで知られる主演・水谷豊にも気に入られ、家族ぐるみのつきあいだという。おそらく、人と合わせることも自然にできるタイプなのだろう。

 そして何より、こうした感性は夫婦関係に役に立つ。特に女優というのは意外と男っぽさを持つとされ、松嶋もおそらく例外ではない。そういう意味では、妻が飼いならしたというより、夫がうまく合わせている関係に思えるのだ。

  一方、松嶋はどうか。彼女は最近、インタビューで「女優としての未来像」を聞かれ、こんな発言をしている。

「私は自分を俯瞰で見る癖があるんです。人様に見ていただくお仕事をしているので、ときどき自分を俯瞰で見て、公私のバランスを整えながらやってきたのですが、生真面目にバランスにこだわりすぎると疲れてしまうこともあって。なので、少しだけワガママに軽やかに生きていきたいなと思っています」(ハルメクWEB)

 その「お手本」として、ジェーン・バーキンを挙げていた。英仏で女優、歌手、モデルとして活躍、ブランド「バーキン」の由来にもなったカリスマだ。私生活では3度の結婚をして、娘のひとり、シャルロット・ゲンズブールも芸能界で活躍している。

 そのマルチで奔放な生き方は松嶋とはやや異なるが、彼女にはそういうものへの憧れがあるのだろう。とはいえ、そこに突き進むようなタイプでも立場でもないことから、ふだんは「生真面目にバランスにこだわり」ちょっとだけ我慢しながら生きていると考えられる。そして、この二面性が「家政婦のミタ」(日本テレビ系)や「なつぞら」(NHK)といった対照的な役柄にもそれぞれにハマれる秘訣なのだ。

 つまり、反町が結婚によってやんちゃからいいひとへとキャラ変して、持ち前の「合わせる」力をより発揮するようになったように、松嶋も自分を俯瞰しつつ、家庭人としての安定した日常を逸脱しないようバランスをとっているということだろう。

 これをシンプルに表現するなら、ふたりとも調和を重んじるタイプということだ。この協力関係は、ドーベルマン騒動を乗り越えるうえでも有効だったに違いない。こうしたことが夫婦円満につながるし、仕事にも集中できるゆえんである。

 非婚率や離婚率が上がって、少子化が進む今の日本で、子宝にも恵まれ、夫婦そろって公私ともに充実ぶりを示し続けるふたり。しかも、それを派手にアピールすることもない。高い好感度は当然のことかもしれない。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など