6月1日、元「AKB48」で女優の渡辺麻友さん(26)が芸能界を引退したことを所属事務所の「尾木プロダクション」が発表した。



 同事務所は公式サイトで、「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので体のことを最優先に考え、本人の意思を尊重し契約を終了し、芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と報告。渡辺さん本人も同日に自身のツイッターを更新し、「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました」とし、「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と感謝を示した。

 渡辺さんは、中学生の時に「AKB48」に3期生として加入すると「まゆゆ」の愛称で多くのファンから愛され、いわゆる“神7”の一人として活躍した。2014年に開催された「第6回 AKB48選抜総選挙」では1位に輝くなど長きにわたりグループをけん引。ステージ上で見せるパフォーマンスはもちろんのこと、その立ち居振る舞いや発言、そして私生活に至るまで“王道アイドル”としての矜持を貫いた。

「AKB48」が国民的アイドルグループとしてブレークすると、トップアイドルだった渡辺さんもまたスキャンダルを探る週刊誌などの標的にされた時期もあった。

 だが、筆者はそうした“刺客”たちが口をそろえて「彼女にはお手上げ」と音を上げる姿も目にしていた。当時「総選挙」の公式ガイドブックで論客を担当し、AKB48グループの活動を楽しませてもらっていた一人として、勝手ながら誇らしさすら覚えつつ、その責任感の強さやプロ意識の高さ、アイドルとして生きることへの情熱に改めて強い尊敬の念を抱いたものだ。

 スマートフォンやSNSの普及により、個人が手軽に画像や動画を撮影・拡散できるようになり、今や“国民総監視社会”と呼ばれる時代が到来した。かつてのように芸能人のスター性や神秘性が成立しづらくなるなかで、10年以上にわたって王道アイドルを貫くことは並大抵のことではない。

 AKB48グループは個性豊かなメンバーたちが次々に頭角を現し、旬が短いアイドルグループとしては異例の長期間にわたって黄金時代を築いた。そうしたメンバーたちの個性がより一層の輝きを放つことができたのも、常にぶれることなく真摯なまでに王道アイドルとしての生きざまを貫いた渡辺さんの存在があってこそで、その功績はとてつもなく大きい。

 個人的には、1位になった「総選挙」の翌日にインタビューをした時の印象が強く残っている。

 渡辺さんは開票イベント後、家に帰ると家族がケーキと大好物の唐揚げを用意してお祝いしてくれたことなどを明かしてくれたが、まさに“時の人”となり、仕事のスケジュールが多忙を極める中でも、インタビュー中は疲れた表情を一切見せず、終始笑顔でこちらの質問一つひとつに丁寧に、真摯に答えてくれた。

 AKB卒業後は女優としてドラマ、ミュージカルなどで活躍した。

 しかし、昨秋にはファンクラブが活動を休止。同時期からは番組アシスタントを務めていた「UTAGE!」(TBS系)にも出演しなくなったこともあり、心配する声もあがっていた。その一方で、19年上半期のNHK連続テレビ小説「なつぞら」での好演が話題になるなど、女優としての評価は落ちていなかった。

 それだけに電撃引退発表には正直驚かされたが、デビュー以来ひたむきに走り続け、多くのファンを魅了し続けてきた渡辺さんには、まずはプレッシャーやストレスから解放された生活を心から楽しんで、心身ともに健康になって新たな人生を謳歌してほしいと心から思う。

 時代を超えて王道アイドルとしての矜持を貫いたアイドル時代の偉業は、引退後もけっして色あせることなく、多くの人たちの心に刻まれ続けるだろう。

●三杉武(みすぎ・たけし)/大学を卒業後、スポーツ紙の記者を経てフリーに転身し、記者時代に培った独自のネットワークを活かして、芸能評論家として活動している。週刊誌やスポーツ紙、インターネットメディア、テレビ番組、ラジオ番組等で芸能ニュースや芸能事象の解説を行っているほか、スクープも手掛ける。「AKB48選抜総選挙」では、7年前から“論客(=公式評論家)”の一人として総選挙の予想および解説を担当。日本の芸能文化全般を研究する「JAPAN芸能カルチャー研究所」の代表も務めている。