2020年5月2日に歌手デビュー35年を迎えた渡辺美里。『My Revolution』『恋したっていいじゃない』『サマータイム ブルース』をはじめとした数々の大ヒット曲や、20年連続の西武球場ライブなど、日本の音楽シーンに輝かしい実績を残し、今も多くの人に支持されている特別なアーティストのひとりだ。



 35年を経てなおも旺盛な活動ができるのはなぜなのか。これほど長い間人々に愛されている理由は何なのか。渡辺美里の存在、音楽は、日本の音楽史にどのような影響を与えたのか。35年間の軌跡をおおまかに振り返りながら検討してみたい。

*  *  *
■女性ソロアーティストの原型

 渡辺美里が世間に「見つかった」のは1984年。当時高校3年生だった彼女が雑誌『週刊セブンティーン』のコンテストに参加し、最優秀歌唱賞を受賞した時だ。出版社とレコード会社が合同で開催した同コンテストは、モデルやアイドル、女優などを多数輩出する有名コンテストになったが(渡辺美里の同期には工藤静香、国生さゆり、渡辺満里奈などが、先輩には坂口良子や松田聖子などがいた)、渡辺美里の登場によって、それまでにはなかった「歌唱賞」が急遽設置されることになった。

 このコンテストがきっかけとなってレコード会社から声がかかった。とはいえ、いきなりデビューが決まったわけではない。はじめは佐野元春のバックコーラスを探していたプロデューサーの目に留まったのだった。ところが、デモテープを撮ったりスタジオ見学をしたりしているうちにバックコーラスの話は自然消滅し、代わりにソロデビューの話がまとまっていったのだという。

 現在に至るまで一貫して渡辺美里のマネージャーをつとめる株式会社ララマハロ代表の関野一美氏は、当時の渡辺美里についてこう語る。

「自分のやりたいことが明確で、こちらから聞かなくても、今後どんな音楽をやってどうなっていきたいかをよく話してくれました。とにかく話がすごく面白かったんです。変な話、このまま取材を受けても大丈夫だな、とさえ思いました」

 自分が目指す音楽について語る渡辺美里を見て、プロデューサー陣は考えを変えたのだろう。大江千里やTM NETWORKのスタジオワークを見学させながら、まだ女性アーティストが在籍していなかったエピックソニー(現・エピックレコードジャパン)からソロアーティストとしてデビューさせることにしたのだった。

 1985年5月2日、渡辺美里はケニー・ロギンスのカバー曲『I’m Free』でメジャーデビュー。前後してラジオ番組のパーソナリティーを始め、すぐに全国ツアーも敢行。半年以内に1stアルバム『eyes』をリリースする。

 その後はよく知られている通り、4thシングル『My Revolution』で初のオリコン1位、第28回日本レコード大賞金賞などを受賞すると、『Teenage Walk』『BELIEVE』『IT’S TOUGH/BOYS CRIED(あの時からかもしれない)』『悲しいね』『恋したっていいじゃない』など矢継ぎ早にヒット曲を連発。時代を代表する歌姫の座へと一気に駆け上がり、日本における女性ソロアーティストの原型をつくっていく。

■小室哲哉も岡村靖幸も、ここから羽ばたいていった

『My Revolution』があまりにも広く、長く愛されているため、この曲が渡辺美里のスタートなのだと勘違いされることもあるが、本当のはじまりは1985年10月にリリースされた1stアルバム『eyes』である。唇をきゅっと結び力強い眼差しで前を見つめながら前髪を切る独特なジャケットを覚えている人も多いだろう。アートワークは当時19歳だった渡辺美里自身によるアイデアで、U2のアルバム『WAR』を参考にしたらしい。当時からすでに自分をプロデュースする力を持っていたわけだ。

 このアルバム、クレジットを見てみると、かなり豪華なメンバーが制作に携わっていたことがわかる。作曲陣に名を連ねるのは、TM NETWORKの小室哲哉と木根尚登、そして岡村靖幸。1985年といえばTM NETWORKは『Get Wild』をリリースしていない、つまり大ブレイクする前だったし、岡村靖幸にいたってはデビューすらしていない。まだ何者でもなく、しかし才能あふれるネクストブレイク寸前だった若者たちがこの名盤に名を連ねているのである。『eyes』への参加をきっかけにTM NETWORKも岡村靖幸も作曲家としてのキャリアをスタートさせ、やがてその経験を自身の制作に還元しブレイクしていった。

 彼らに加え、すでにシティポップの代表格であった大江千里やアイドル歌謡を変えたと言われる後藤次利なども作曲や編曲で参加している。アルバム『eyes』は、当時の「今」と「次」が絶妙にミックスされた作品だったと言える。

『eyes』の2年後に発売された3rdアルバム『BREATH』になると、のちにSPEEDのプロデューサーとなる伊秩弘将を作曲家としてデビューさせる。伊秩弘将とのコンビも4thアルバム『ribbon』、5thアルバム『Flower bed』と続いていく。さらには小室哲哉とともにやがて「TK時代」を築いていく小林武史も、8thアルバム『BIG WAVE』から渡辺美里の制作に加わっている。

 このように、その後の日本のポップミュージックで中心的な役割を占める多くのキープレイヤーたちが渡辺美里との仕事を通して羽ばたいていったことがわかる。この一点をとってみても、渡辺美里が日本のポピュラー音楽史に与えた影響はかなり大きい。

■20年連続で開催されたスタジアムライブと、パフォーマンスの雛形

 西武球場ライブについても触れないわけにはいかない。渡辺美里はデビュー翌年の1986年8月、大阪スタヂアムを皮切りに、名古屋城深井丸広場、西武ライオンズ球場でスタジアムコンサートを行った。これは日本の女性ソロシンガーとして初の試みである。以後、西武球場でのライブは20年間続き、のべ70万人を動員。1990年から2005年まではライブ当日に西武線で特別列車『MISATO TRAIN』が走るなど、夏の風物詩として世間に定着していった。スタジアムで歌うための歌として『サマータイムブルース』『夏が来た!』などの代表曲も生まれていった。

 しかし、はじめから長く続けることが決まっていたわけではない。第1回目の開催については、当時パーソナリティーをつとめていたラジオ番組の準備中に決まったという。リスナーから届けられた大量のハガキを読みながら、マネージャーからの提案に「うん、やってみる」と答えたそうだ。当時のことを彼女はこう語っている。

「正直言うと、なんとなく答えちゃったんです。いかにして西武球場ライブは始まったのか? 私のなかでの答えは『なんとなく』です(笑)」(渡辺美里『ココロ銀河〜革命の星座〜』より)

「なんとなく」始まった日本の女性ソロアーティスト初のスタジアムライブ。これが大成功し、次の年も、またその次の年も開催され、第4回目には落雷と嵐によって中断され「伝説のライブ」と呼ばれることになった。まだ屋根のなかった西武球場のステージで大雨に打たれながらアカペラで披露した『My Revolution』や、泣きながら「雨のバカー!」と叫んだ渡辺美里の姿は、今でもファンの間で語り草になっている。

 スタジアムライブが重要なのは、単にその規模が大きいからだけではない。ロマンティックなストーリーがあるからでもない。彼女がこうしたライブを通してライブパフォーマンスにおけるひとつの雛形をつくったからだ。

 ドームやスタジアム規模のライブに行ったことのある人ならば、「アリーナー! スタンドー!」とアーティストがオーディエンスを煽るのを見たことがあるだろう。このような盛り上げ方は今では珍しくもなんともないが、では誰が最初にそれをやったのかと言えば、渡辺美里なのである。小室哲哉は、とあるインタビューで次のように述べている。

「ああいった言い方を、MCというよりは盛り上げ方の手法を日本で生み出したのは彼女なんじゃないかなあと思いますね」(「名盤ライブ『eyes』渡辺美里THE BOOK」、小室哲哉のインタビューより)

 これが事実だとすると、パフォーマンスにおいて渡辺美里の影響を受けていない日本のアーティストはほとんどいないとさえ言える。こうした盛り上げ方をしないという選択肢も含めて、すべてのアーティストは、意識的にしろ無意識にしろ、渡辺美里がつくりあげた雛形をベースにステージ上での振る舞いを選択していることになる。この点において、渡辺美里は、日本のポップミュージックにおける母のような存在である。(山田宗太朗)

※「歌手・渡辺美里がブレイクに寄与した大物アーティストの驚くべき多さと、今なお『新しい』理由」へつづく