芸人が笑いを取るためにどんな努力をしているか、テレビに出たときに少しでも目立つためにどんなことを意識しているか、といったことは、もともとは人前で語るようなことではないと思われていた。



 だが、ある時期から、テレビなどで芸人がそういったお笑いの専門的なことを赤裸々に語るようになった。それは恐らく『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「ひな壇芸人」という企画の頃から始まったことではないかと思う。「おしゃべりクソ野郎」の異名を取る当代随一のしゃべりたがり芸人である品川祐が、その風潮を作った先駆者である。それ以降、『アメトーーク!』以外の番組でも芸人が専門的なことを語る機会は増えたし、一般のお笑いファンや視聴者もそれを楽しむようになった。

 そんな風潮の中で、最近よく話題に上っているのが、お笑いコンビの中でネタを書く方と書かない方の間にある確執についてだ。通常、ネタを書く側が、書かない側に対して不平不満を持っていることを告白するというケースが多い。

 6月8日放送の『ACTION』(TBSラジオ)には、流れ星の瀧上伸一郎、コロコロチキチキペッパーズの西野創人、ゾフィーの上田航平という3人の「ネタ書いてる芸人」が出演。それぞれがネタを書かない相方に対する日頃の恨みをぶちまけた。この番組の6月29日放送回では、今度は彼らの相方である3人が出演して、「ネタ書いてない芸人」側の見解を述べる予定だという。

 また、6月23日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)でも、ハライチの岩井勇気とオードリーの若林正恭が、ネタを書いている側の立場として意気投合する場面があった。

 ここで大前提として述べておきたいのは、メディアの中で芸人が話している内容は、たとえ専門的なことであっても、一種のエンターテインメントとして話半分で楽しむものである、ということだ。ただ、その前提を踏まえたとしても、ネタを書く側が書かない側に対してある程度の不満を持っていることが多い、ということは言えそうだ。

 ネタ作りというのはお笑いコンビの活動の要となるものだ。芸人はネタをやるのが本来の仕事であり、テレビに出ている芸人たちもネタの面白さを評価されてチャンスをつかんでいる場合が多い。芸人にとってネタとは生命線とも言えるほど重要なものなのだ。

 だからこそ、そのネタを作っている側の芸人は、作っていない側の芸人に対して「こいつだけ楽をしやがって」という不満を持つことが多い。ネタ作りには膨大な時間と手間がかかる。片方がネタ作りで苦しんでいるときに、もう片方は漫然と寝たり遊んだりしていることもある。

 それなのに、取材などのときには、ネタについて聞かれて、書いていない方がネタの中身についてペラペラと得意気に解説したりすることもあるという。ネタを書いている方が「お前、書いてねえだろ」と思うのは当然のことだろう。

 ただ、残念ながら、彼らのこの苦しみはなかなか見ている側には伝わらない。見る立場からすると、コンビのどちらがネタを書いているかというのは取るに足りないことだからだ。バンドが曲を演奏しているのを聴いて、その曲を誰が作ったのかをいちいち意識している人は少ないだろう。受け手にとってはいい曲かどうかが重要なのであって、誰が作ったのかはどうでもいい。

 恐らくネタを書いている芸人もそんなことは百も承知だろう。だから、彼らは普段は頑なに口をつぐんでいる。しかし、ときにそんな心の声が漏れ出てしまうことがある。彼らが人知れず抱える苦悩はそれほど深いものなのだろう。

 個人的には、エンタメであることは十分承知の上で、ネタを書いている方が書いていない方を執拗に責めるのはあんまり見栄えが良くないのではないか、と思う。例えるなら、家庭の中で働き手の夫が専業主婦の妻に対して「誰の稼いだ金で生活してると思ってるんだ!」とすごむようなものだ。「それとは違う」と言われそうだが(もちろん全然違うのだが)、そういう感じに見えちゃっていることがありますよ、とは言いたい。
 
お笑いコンビの一方が不祥事を起こしたときのもう一方の動きなどを見ればわかるように、コンビという関係性は実に不思議なもので、仕事の上では理不尽なほどの一蓮托生を強いられる。「ネタを書く・書かない」にまつわる確執は、その理不尽さの極みのようなことなのだろう。

 我々受け手側にできるのは、ネタを作っている側に対して余分に気を使うことではなく、そんな小難しいことは考えずにネタを見て笑うことだけだ。(お笑い評論家・ラリー遠田)