アイドルグループを卒業して2年が経った北原里英さん。女優の仕事に全力で取り組みながら、大好きなのは“一致団結”。ここまでの道のりは、決して順風満帆ではなかった。北原さんの光と闇を振り返る。



 一致団結するのが好きだという。小学生の頃は学芸会、中学校では合唱コンクールに体育祭。何か行事があるごとに、自分からアイデアを出し、率先してチームをまとめた。

「『これがやりたい!』って思うと、いてもたってもいられなくなるんです(笑)。小学校の時は、山田悠介さんの『リアル鬼ごっこ』というホラー小説をどうしても学芸会で上演したくて、自分で短いお話にまとめて、クラスの出し物として発表したこともありました」

 当時は、“モーニング娘。”の全盛期。彼女自身も、キラキラやワクワクがたくさん詰まったテレビの世界に憧れた。お笑い番組にドラマに歌番組。目指すならアイドルが一番の近道かもしれないと思ったが、彼女は歌が苦手だった。

「小学生にしては、自分を客観視できていたほうかもしれません(笑)。漠然と、歌って踊るアイドルは、自分には無理だろうと思っていました。中学生になってからは、『不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜』という、米倉涼子さんと松下由樹さんが出演する、ドロドロの不倫ドラマにハマってしまって(笑)。ドラマを観た翌日に、仲のいい友達と、ドラマの再現ごっこをして遊んでいたんですよ。こんな楽しいことを仕事にできたら最高だなって思いました」

 そこから、「将来は女優になりたい!」という思いを強くする。いくつもオーディションを受ける中で、AKB48に合格したのは2007年、彼女が高校1年生の時だ。その翌年に愛知県から上京した。

「AKB48に入る前は、正直、自分がアイドルになることに実感が持てなかったんです。自分の中に、アピールできるほどの可愛さなんて存在しないと思っていたから。でも、いざAKB48に入ってみると、“メンバー同士一致団結して夢を見る”ってことに、すごくワクワクさせられました。私が入った頃は、まだそこまでAKB48も世間に知られていなくて、グループとしての目標も無限にあった。歌や踊りも、得意ではなかったけれど、楽しかった」

 ただ一つ、彼女のアイドルとしての弱点は、一番を目指すことに必死になれなかったことだった。一致団結が好きな彼女は、仲間内での競争は苦手分野。AKB48では、「シングル選抜に選ばれること」や「総選挙で上位に食い込むこと」が最優先課題だ。そんな中で、「二推し(2番目に応援しているメンバー)にしてもらえたらラッキー。関心を持ってもらえるなら、何番目でも嬉しい」と考える彼女が、グループ内で高い人気を保ち続けることは至難の業だった。

 人気商売であることにプレッシャーは感じながらも、心から、「この仕事に就けてよかった」と思えるような出来事と出会う。

「東日本大震災が起こってから、AKB48は月に1回のペースで東北の被災地を訪問していたんですが、その時、私たちを見て、笑顔になってくれる人たちがいることに、逆にすごく力をいただいた気がしたんです」

 自分たちの非力さに打ちのめされそうな時もあった。被災地訪問なんてしょせん偽善だと揶揄(やゆ)されることもあったが、現地に行けば、少しでも心が触れ合う瞬間に立ち会うことができた。

「その瞬間だけは、わずかな喜びや楽しみ、もっと言えば被災者の方の痛みのようなものも、少しだけ共有できたように感じられました。東北に行くたびに、アイドルの存在意義のようなものを実感することができたんです」

 アイドルとしてできることが広がっているように感じていた彼女だが、総選挙で選抜メンバーに選ばれない時期もあった。

「スランプなのか、アイドルを続けていくかどうか迷わざるをえない状況が続きました。でも、当時はまだ若かったので、『ここでダメでも、卒業後に巻き返せばいい』って、現実から目を背けていたんです。本当は、そこで頑張らなければ、辞めてからもダメだって気づいていたはずなのに」

 様々な葛藤を抱えていた時、園子温監督が演出を担当するドラマ「みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜」のオファーがあった。1時間のスペシャルドラマへのゲスト出演。跳び上がるほど嬉しかった。上京するまで、地方の映画館でも上演されるような、メジャーな映画だけ観ていた北原さんにとって、21歳の時初めて園監督の「冷たい熱帯魚」を観たことは、ものすごい衝撃だった。

「ある時、峯岸みなみちゃんが楽屋でDVDを観ていたんです。それをのぞいたら、お風呂の中で人を切断しているシーンで。『何これ!』と、全身に衝撃が走りました。グロテスクなのに、強烈に引き込まれてしまうことが自分でも不思議で。そこから、園監督の映画を片っ端から観て、あの、表向きはバイオレンスなのに、ブラックな笑いが潜んでいる感じや、人が物事に固執する時の滑稽さにハマって、大ファンになったんです」

 それにしても、燻(くすぶ)っていた彼女のもとへ、どうして突然、眩(まぶ)しい光が射(さ)したのだろうか。

「映画雑誌のインタビューで、『園子温監督のファンです』と話していたのを、プロデューサーさんが読んでくださったみたいです。撮影は4日程度でしたが、すごく刺激的で楽しかったですし、最高の出来事が起こったんだから、これできっぱりと卒業して、独り立ちするぞ!って思って、事務所の人にも『卒業しようと思います』と伝えました」

 その直後、15年の冬に、最大のピンチが訪れた。プロデューサーの秋元康さん直々に、新しくできるNGT48への移籍の打診があったのだ。もし断ったら、それはAKB48からの卒業を意味すると思った。ここで卒業するか、新潟に行くか。道は二つに一つだった。

「不思議ですよね。もう、『辞めよう』と思っていたのに、新潟行きを打診されて迷うなんて。散々迷って、悩んだ揚げ句、結局、新潟に行くことにしたんです。その時の心境については、記憶が曖昧な部分も多いのですが、当時のマネジャーさんと『今ここで辞めても、誰にも惜しまれないんだよ。それでいいのかなぁ』って、ワンワン泣きながら話したことは記憶にあります(笑)」

(菊地陽子、構成/長沢明)

※週刊朝日  2020年7月3日号より抜粋