タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退の余波が収まらない。

 昨秋、木下は実姉が働いていたタピオカ店に対する恫喝まがいの言動が明らかになった上、一部でプロアスリートとの不倫疑惑も取り沙汰され、世間から批判が集中。昨年11月から芸能活動を自粛していた。



 その後、昨年末には夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)との離婚を発表し、シングルマザーに。そんな状況のなか、今月1日に芸能活動再開を発表したばかりだったが、復帰後わずか5日での電撃引退発表となった。

 木下の所属事務所は公式サイトで、「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております」と、明らかに“円満”ではない契約終了を感じさせるリリースを公表した。

 そもそも、復帰にあたってはタピオカ店との和解がいまだに済んでいないこともあり、芸能界の内部からも「復帰はまだ早い」「和解が先」など厳しい意見が出ており、大御所タレントもからも「時期尚早」というコメントが散見された。

 民放テレビ局のベテランスタッフはこう語る。

「事務所サイドも、木下さんの好感度やタレントイメージの早期回復が難しいことはわかっており、タピオカ店との和解を優先すべきことは重々承知していました。しかし、若槻千夏さんに続く看板タレントとして会社の成長期を支えた木下さんの意向は、事務所としてもむげにはできない。かねてから復帰したいという強い意向があった木下さんに対して、『タピオカ店側との解決の道筋をつけること』『(不倫騒動も含めた)人間関係でトラブルを起こさないこと』という条件を出していたようです。この二つがクリアできたと事務所側も判断したので、復帰を認めたということでした」

 だが、結果的には復帰宣言からわずか5日で急転直下の引退発表となった。

 この5日間にいったい何があったのか? 所属事務所とは別の芸能事務所のマネジャーはこう明かす。

「一部メディアによる水面下の動きにより、“新たな人間関係のトラブル”が露呈したということらしい。それを事務所が把握したのが、復帰宣言の数日後。事務所サイドは復帰にあたり、木下さんといくつかの約束を交わしていたようだが、結果的にそれが裏切られる形になるトラブルだと聞いています。そうなると事務所もこれ以上はかばえない、ということだったのでしょう。加えて、木下さんの方も子育て中にマスコミに追い回される生活にかなり疲れていたようで、双方の話し合いの結果、今回の引退発表となったようだ。芸能界を引退して一般人になれば、これまでのような取材攻勢も収まるだろうという見立てもあったのでしょう」

 事務所の発表文にあった「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」「14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意」とのコメントからみても、両者の足並みを乱す“新たな問題”が生じたのは間違いなさそうだ。

 新たな“問題”をつかんだ一部メディアは木下の引退により、それを公表しない方向になったともささやかれる。このまま、「引退の真相」は闇に埋もれてしまうのだろうか。(伊藤茂)