8月14日公開の青春映画「弱虫ペダル」で主演を務める人気アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉。今回が本誌で初のソロ表紙。高みに向かって走り続ける姿に迫った。



*  *  *
「昔から、チームで一丸となって頑張って、敵に打ち勝つような少年漫画が好きなんです。この作品を通じて、ロードレースの魅力に惹きつけられました」

 爽やかな笑顔でこう語る永瀬。累計2500万部突破の人気スポーツ漫画「弱虫ペダル」を実写化した映画で主演を務める。仲間や自転車との出会いを通じ、誰かとともに走る楽しさを覚え、成長していく姿を描く。軽快にロードバイクを乗りこなす姿は、トレーニングの賜物だ。

「ペダルと足が固定されているというロードバイクの特性もあって、慣れるまでは転んでしまうことが多かったです。それでも恐怖心よりも楽しい気持ちが勝っていて。カットがかかってもまだまだ走りたくて、撮影を忘れてしまうくらいロードレースを楽しんでいました」

 演じる主人公は、友達を作るのが苦手で根暗なタイプ。本人とは真逆な性格かと思いきや、「いや、実は僕も最初の頃はそうでした。今でこそよくなりましたけれど……」と意外な答えが返ってきた。

「僕もジャニーズという未知の世界に入って、素敵な仲間や先輩方に出会って今があります。だから主人公と通じる部分はたくさんあります」

 チームプレーがキーワードでもある同作。King & Princeとしての活動と通ずる部分を問うと、「達成感」だと頷く。

「一つのものに向かってみんなで走って、それが達成できた時の嬉しさは、チームならではの醍醐味だと思います。僕らKing & Princeでライブを作ってやり切った時の感じも、みんなで走った分、なおさら嬉しいものです」

(本誌・松岡かすみ)

■永瀬 廉(ながせ れん)/1999年、東京都生まれ。アイドルグループ「King & Prince」メンバー。2019年、映画「うちの執事が言うことには」で映画初主演、フジテレビ系スペシャルドラマ「FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました」でテレビドラマ初主演を務める。新作となる主演映画「弱虫ペダル」は8月14日全国公開。同作の主題歌はKing & Princeの新曲「Key of Heart」。その主題歌が収録されたKing & Princeのニューアルバム「L&」が9月2日に発売。

※週刊朝日  2020年8月7日号