元TOKIOの山口達也が酒気帯び運転で逮捕された。そのニュースに、既視感のようなものを覚えたのは自分だけだろうか。ジャニーズをやめた人が落ちぶれていくというパターン、それは何度となく目にしてきた光景だ。



 ただ、ここ数年はそうでもない展開も増えてきた。たとえば「SMAP騒動で変化した独立劇、win―winの形を模索…『少年隊』錦織&植草年内退所」(スポーツ報知)という記事が出るなど、ジャニーズをやめてもそれなりになんとかなりそうな雰囲気が醸成されつつある。かつては「win―win」どころか、ジャニーズのひとり勝ちだったのだから、これはこの芸能帝国の地盤沈下でもあるだろう。

 その転機が、2016年のSMAP解散だったことはいうまでもない。折しも、解散直後に独立した「新しい地図」の3人が最近、相次いで健在ぶりを示した。草なぎ剛は映画「ミッドナイトスワン」にトランスジェンダーの役で主演、香取慎吾は三谷幸喜と組んだ「誰かが、見ている」(Amazonプライム・ビデオ)で、コミカルな演技をみせ、稲垣吾郎は「『ベートーベン250』プロジェクト」のアンバサダーとして「クラシック音楽館」(NHKEテレ)などに登場という具合だ。

 また、今年独立した中居正広も担当していた番組を失うことなく、テレビに出続けている。

 ではなぜ、SMAP解散が転機となったのか。これはもともと、SMAPを育てた飯島三智マネジャーがグループごと独立させようとしたことから始まった出来事だが、木村拓哉が残留を希望したことから計画が頓挫。モメにモメたあげく、3人だけの独立という中途半端なかたちとなった。

 結果として、3人はそれぞれの冠番組を失うなど多くのメディアから干されてしまう。そのまま、過去に独立した多くのジャニーズタレントのように尻すぼみになっていくことも危惧されたものだ。

 当時、世論は3人に同情的だったものの、何も手を打たなければやはりジリ貧だっただろう。そこで、飯島マネは一種のゲリラ戦を仕掛けていく。地上波のテレビが無理ならと、ネットTVに出演させたり、YouTuberをやらせたり、アンチジャニーズ的な出版社の雑誌に登場させたり。また、ジャニーズ事務所が3人の活動に圧力をかけたかどうかをめぐり、公正取引委員会が介入したこともあり、公平性をモットーとするNHKでの仕事を開拓した。

 こうしたゲリラ戦を可能にしたのは、彼女の高いメディア活用能力だ。もともと、ジャニーズ事務所にいたときからそこには定評があった。担当するタレントが掲載された雑誌や新聞をすべてチェックし、そのデータを資料化する。いつ、どの雑誌で、何を着て、どんな髪形で、何を話したか、それを綿密に把握することで、ファンから飽きられるのを防ぎ、次の戦略に生かすためだ。

 また、この作業は彼女自身が世の流行を感知し、見誤らないという能力も高めた。何が使えてどこなら潜り込めるか、そんな嗅覚にたけているところが業界で一目置かれてきたゆえんだ。

 もちろん、3人が長年、国民的アイドルとして活躍してきたことも大きい。そんな3人と彼女が組んでいるのだから、ジャニーズにも簡単には負けないだろうという見方も生まれ、サントリーのような大手企業のCMにもつながったのである。

 年季が入っているのはファンも同じで、とにかく熱い。筆者がたまに3人の活動について好意的なツイートをすると、かなり拡散されたりもする。このまま消えさせてなるものかというファンの強い願いが、ゲリラ戦を支えたのだ。最近のインタビューで、稲垣もこう語っている。

「ファンの方との長い歴史の中で、思い合う気持ちや絆を改めて確認できた3年間でした」(週刊女性)

 そうやって新しい地図が善戦しているうちに、ジャニーズの力もかつてほどではないのでは、という空気が漂い始めた。その変化を感じ取ったのか、中居が円満独立を実現。また、元NEWSの手越祐也は退所会見で「自分がやりたいアイデアが、ジャニーズにいたらスピード感が遅いし、なかなかかなわない」と事務所批判までしてみせたが、独立後もそれなりに元気だ。先日、哀川翔との共演CMが決まったことをインスタグラムで公表した。

 そのジャニーズ事務所では、大きな新陳代謝が起きた。滝沢秀明の引退と副社長就任だ。ジャニー喜多川とメリー喜多川という創業ツートップから、何を引き継ぎ、何を変えるのか、興味深いところだが、彼の幹部転身はもろ刃の剣でもある。タッキー以降の世代はともかく、タッキー以前の世代にとってはやはり面白くなかったりするからだ。

 先日の錦織一清、植草克秀の退所、あるいは長瀬智也の退所とTOKIOの事務所内独立には、これも関係しているのではないか。つまり、若すぎる後継者の誕生がベテランの流出をもたらし、地図にも影響を生じさせたのである。

 ちなみに、最古参の近藤真彦が「マッチさん」として特別待遇を受けているように、ジャニーズには年功序列的なところがある。タッキー以前に舞台演出家として実績を作っていた錦織は、居場所を取られた気分だったろう。また、後継者候補と目されていた東山紀之も複雑な心境かもしれない。

 ただ、これだけの事務所を引っ張っていくにはタレント兼任では難しい。その点、引退して裏方に徹するという滝沢の決断はなかなかのものだ。とはいえ、結果を出さないと、カリスマ性も求心力も生まれない。たとえば、今回のコロナ禍により、嵐の活動休止が来年まで延期されるのではという期待の声があがったが、そうなる気配は今のところない。その説得は、彼には荷が重いだろう。

 というのも、滝沢は嵐の5人とほぼ同世代だし、櫻井翔とはかつて不仲もささやかれた関係だからだ。4年前「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)のなかで企画された「サシ飲み」ロケでは、こんなことを言われていた。

「俺はちょっとね、タッキーのことを斜めに見てたと思う」

 Jr.の絶対的エースに対する嫉妬から、櫻井は距離を置いてしまっていたという。滝沢も「それは俺も感づいてたかもしれない」と振り返った。つまりはそういう意識をぶつけあう関係だったわけだ。今は立場が変わったとはいえ、経営者とタレントという関係に切り替えるのは容易ではない。

 そういう意味で、滝沢が結果を出すとしたら、タッキー以降の世代をどんどんブレークさせることだろう。もともと、ジャニー喜多川のカリスマ性や求心力も、次々と人気アイドルを世に送り出すことから高まっていった。現役ジャニーズの若手にも、新しい地図のファンと同じくらい熱いファンがいる。彼らがツイッターなどで発する言葉からは、まだ見ぬ「推しの大ブレーク」を夢見ていることがひしひしと伝わってくるのだ。

 滝沢がいつ、そういうものをみせられるのか。ジャニーズをめぐる「地図」はそれによってまた変化していくはずだ。(一部敬称略)

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など