今年でデビュー10周年を迎えた女優の有村架純(27)。10月27日からスタートするドラマ「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)では、「中学聖日記」(2018年、TBS系)以来、2年ぶりに主演を務める。”姉恋”での有村は、高校3年生の時に事故で両親を亡くし3人の弟を養育する肝っ玉姉ち
ゃんを演じる。



 有村といえば、2013年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説 「あまちゃん」で、ヒロインの母の青春時代を演じて一気に知名度がアップ。その後、主演を務めた映画「ビリギャル」(2015年公開)が大ヒット。2017年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」ではヒロインを務めるなど、いつの間にか旬の若手女優から国民的女優のひとりに成長した感がある。そんな有村だが、実は同業である女優たちからの信頼が厚いことで有名なのだ。

「松本穂香がラジオ番組で『影響を受けた人物は誰か?』という質問に有村の名前を挙げていました。演技についてのアドバイスもしてくれるそうで、松本が上手く芝居ができず泣きながらスタジオを出た時に、有村が松本の肩を支えながら『今できちゃダメなんだと思うよ』と、励ましてくれたこともあるとか。さらに、今年2月に第1子を授かったことを発表した桐谷美玲も、インスタグラムのストーリーズで有村から妊娠を祝福する花束をもらったことを報告し、『こんな素敵な心遣いができる女性になりたい。ありがとう』と感謝の気持ちをつづってました。その他にも、二階堂ふみとは6時間も長電話するほど仲良しで、有村は二階堂のことを『おふみ』と呼んでいるそうです。有村が電話中に二階堂に会いたくなった時は、実際に家までに遊びに来ることもあるそうです」(テレビ情報誌の編集者)

 有村に対し、後輩や同世代だけでなく先輩女優も心を開いている。共演も多い吉田羊は、初めて共演した映画「ビリギャル」の撮影がスタートした頃、「羊さんといるとラク」と有村から言葉をかけてくれたそうで、「そういった人を喜ばせる言葉をポッと言ってくれる」と称賛。そんな「あなたの懐に入る用意ができてます」と自然に伝えてくれることで、吉田自身も「何でもしてあげたい」と思ったそうだ(「ホットペッパービューティーマガジン」2019年6月12日配信)。また長澤まさみも7月5日に放送された「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で、仲の良い友人として有村の名を挙げ、相談にも乗ってもらっていると明かしていた。

■スマホで有村の写真ばかり見る女優

 そうそうたる女優たちから慕われている有村だが、次代を担うあの若手女優からも慕われている。

「浜辺美波です。JA共済連のWEB動画シリーズ『カスミナミ』で有村と姉妹役を演じているのですが、そのメイキング動画では、浜辺が空き時間にずっとスマホで有村のインタビューや写真を見ていると明かしていました。オススメに出てくるほどハマっているそうです。また、有村が『私はお茶したいなと思うんだけど、一緒に。どう?』と誘うと、浜辺は『行きます! お供させてください!』と喜んでいました。女優業は次々と若手が台頭してくるので、ライバル心を持つこともある仕事ですが、有村の場合は、それでも周りに人が集まってくる。やはり、周囲から好かれるような人徳を持っているのでしょう」(同)

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、そんな有村の魅力についてこう分析する。

「おしとやかでのんびりしたイメージを持つ人も多いかも知れませんが、芯はとてもしっかりしており、かなりの努力家なのだと思います。先輩・後輩問わず慕われるのは、まさに彼女のそんな人間的な魅力があるから。『中学聖日記』では教え子と恋に落ちる教師役を演じましたが、デリケートなテーマにも関わらず作品としてキチンと成立させていました。それもひとえに彼女が主役だったからこそ、視聴者の共感や応援を呼んだのだと思います。また、8月の終戦記念日に放送され、来年の映画版の公開も決まっている『太陽の子』のような重厚なテーマの作品でも、埋もれることなく存在感を放っていました。これから先も正統派および本格派女優として着実にキャリアを重ね、もっと大きくなっていくことは間違いないでしょう」

 ほんわかとした雰囲気で幅広い世代からの人気の有村。これからも多くの作品に参加すると思うが、主演としても脇役としても頼もしい存在になりそうだ。(丸山ひろし)