「伊藤くんは1を聞いて10を知る人。くみ取ってくださるし、順応性もあり頼もしかったです。役が成長していくにつれて、顔も日々変わっていくので、役者の底力を感じました」

 伊藤健太郎容疑者(23)の主演映画『十二単衣を着た悪魔』(11月6日公開予定)で監督を務めた黒木瞳(60)は、10月28日大阪で行われていたPR会見でそう語っていた。



 同じ日の夕方、当の伊藤容疑者は東京・渋谷区千駄ケ谷の新国立競技場前でUターンしたところ、前方から来た20代の男女2人が乗るバイクと衝突した。伊藤容疑者は、現場から立ち去ったが後続車の運転手に諭され現場に戻ったという。翌29日には、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、警視庁に逮捕された。

「バイクの男性は両腕打撲、女性は左足を骨折する重傷でした。接触事故はもちろんですが、とにかく被害者を放置して逃げようとした伊藤容疑者の行動は悪質極まりない」(スポーツ紙記者)

 今や若手俳優の中でも人気急上昇中の売れっ子。モデルから2014年に俳優デビュー後、18年のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で人気を博し、昨年秋のNHK連続テレビ小説「スカーレット」にも出演。30日公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』はじめ複数のドラマ、映画、舞台への出演を控えている。

 今年上半期の「2020年テレビCM急上昇ランキング」でも1位を獲得するほどの勢いだっただけに「出るくいは打たれる」という部分もあるが、逮捕後から「いつかは、こんなことが起きると思ってた」「そういう人間だもの」といった“素行の悪さ”を指摘する声が後を絶たない。

「とにかく、“生意気でいつも偉そうにしている”、“現場に酒臭い状態でくることも何度もあった”、“先輩俳優にろくにあいさつもできず、演出家や監督にもため口ではなしている”など、これでもかというほど悪評が噴出しています。一部では俳優としては再起不能なのでは、という声すら上がっています」(同前)

 だが、そんな伊藤容疑者に一目ぼれし、何度もラブコールして「十二単衣を着た悪魔」の主演に抜てきしたのが黒木だった。同作品は9月に大麻取締法違反事件で逮捕された伊勢谷友介(44)も出演していたが、製作サイドは「個人が起こした事件と作品は別」という観点から予定通り公開することを発表していた。それに続き、今回は主演である伊藤容疑者が逮捕される事態となったのだから、黒木にとっては“裏切られた”ような思いだろう。

「黒木にとっては映画『嫌な女』に続く2作目の監督作品です。源氏物語の世界にタイムスリップした青年が美女と出会い成長していく姿を描いていますが、それだけに主役へのこだわりと思い入れはかなりのもので、黒木は伊藤にこだわり続け、一切妥協しなかったといいます。公開に関してはまだ協議中ですが、予定通り公開されても、万一お蔵入りになったとしても、顔に泥を塗られた格好の黒木は心中穏やかではないでしょう。監督であり大物女優でもある黒木を激怒させたならば、今後芸能界でやっていくにしても相当厳しいのでは」(映画関係者)

 伊藤容疑者の芸能界復帰へのハードルは、どんどん高くなっていくばかりだ。(宮本エミ)