今から48年前、渋谷のPARCO劇場がまだ“西武劇場”という名だった頃に、オープニング記念シリーズとして上演された井上ひさしさんの書き下ろし舞台「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」。リニューアルしたPARCO劇場で、希代の悪党で盲目の“杉の市”に歌舞伎界の“若き重鎮”市川猿之助さんが挑む。



*  *  *
 下手したら潰れるかもしれない──。

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言が発令された2020年4月、猿之助さんは歌舞伎について、かつてないほどの危機感を覚えていた。

「松竹という企業が、3月から7月まで全く収入がなかった。歌舞伎を生業にしている人たちは本当に食えなかったから、長年続けた仕事を離れる覚悟をした人もいたと思う。世の中の人たちは、『歌舞伎なら大丈夫』と思っているかもしれませんが、あのとき、国は頼りにならないことが証明されましたし、もし松竹が倒産したら、今までのような形の歌舞伎はできなくなります」

 同じ伝統芸能でも、家に稽古場があって装束も手元に保管できる能や狂言の人たちと歌舞伎とでは、公演の構造自体が違うことにもあらためて気付かされた。

「歌舞伎役者は、カツラも衣裳も持たない。あの劇場空間自体が、あらゆる専門職の集まりです。落語家や芸人さんは自分の仕事を例えばリモートで発信することができるけれど、歌舞伎役者はそれもできない。大勢の技が結集するからこそ、上演できれば歌舞伎って大きな力になるんだけれど、そこがかなわないと、とことん無力になる」

 8月1日から、客席数を半分にして歌舞伎座での公演が再開したが、「やるほうも命懸けなら見に来る人も命懸け。今まで役者って芝居のことを考えていればよかったけれど、コロナ禍ではお客様の安全を第一に考えるようになりました。時代は変わったものです」と話す表情に無念が滲む。

 話は少し前後するが、4月の末からは、ドラマ「半沢直樹」の収録がポツポツと入るようになっていた。

「『半沢〜』に入るまでは、本当に、生活必需品を買いに行くときだけ外出して、あとは家にいるというだけの日々でした。空いた時間? ずーっと読書です」

 先が見えない読書三昧の日々の中でも、芝居への活力が失われるわけではなかった。

「逆に、エネルギーを発散する場がなかったことが、あの熱い芝居につながったのかもしれないですね。みんなたまっていたエネルギーを放出する場になっていたんじゃないかな」

「半沢〜」の放送が始まる頃には無事に猿之助さん分の収録も終わり、歌舞伎の再開も決まった。ほぼ同じタイミングで、約3カ月閉鎖されていた新生PARCO劇場でのオープニングシリーズも再開。秋には、三宅健さん、松雪泰子さん、川平慈英さんら「藪原検校」の豪華キャストも発表された。猿之助さんは、江戸時代中期を舞台に、殺しと欲にまみれた栄華の道を歩む希代の悪党を演じる。

「井上先生の作品には、日本人でなければ演じられないような独特の風土と精神性が描かれ、その舞台を見る人の心の深いところに響く。私がかつて出演した『雨』という作品も、日本の風土や、日本人の持つ性根のいい面と悪い面の両方を露わにするような戯曲でした。今回演じるのは、希代の悪党ですが、役者というのは自分にないもの、自分と対極にあるものを演じるのが一番演じやすい。なので、キャラクター作りはあまり考えず、みなさんとのやりとりの間で変化を起こしていけたらいいなあ、と」

 猿之助さんによれば、「井上先生の戯曲に登場する人物は、誰が演じてもちゃんとその人間の魅力が伝わるように書かれている」らしい。

「人間の持ついろんな側面が正しく描かれていると思うんですが、その側面のどこが色濃く出るかは、役者によって違う。それが“個性”ということなんでしょう。“悪党”と聞いて僕がパッと思い浮かべたのが勝新(勝新太郎)さん。どんな悪いことをしても許せちゃうような、医者からたばこ止められているのにわざと吸っちゃうような、憎めない可愛さ。ああいう感じが出たらいいなぁ、とは思います」

市川猿之助(いちかわ・えんのすけ)/1980年歌舞伎座「義経千本桜」の安徳帝役で初御目見得。83年「御目見得太功記」で二代目市川亀治郎を名乗る。2012年「二代目猿翁 四代目猿之助 九代目中車 襲名披露公演」において四代目市川猿之助を襲名。古典、新作歌舞伎のほか、栗山民也演出・井上ひさし作「雨」などの舞台や、映画「ザ・マジックアワー」「天地明察」、ドラマ「半沢直樹」、大河ドラマ「龍馬伝」などに出演。

※【市川猿之助 歌舞伎以外は「みんなで“大人のお遊び”を」】へ続く

(菊地陽子 構成/長沢明)

※週刊朝日  2021年1月22日号より抜粋