1月13日、フジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』が3月末で終了することが発表された。番組が終了するのではないかという噂は以前からあったので、個人的にはそのニュース自体にはさほど驚きはなかった。それよりも、生放送の番組内でそのことが明かされた際に、司会の小倉智昭が話した内容が印象に残った。



 小倉は「次の世代の人にキャスターのポジションを譲りたい」と述べた後、このように語った。

「病気してから、ネット情報とか見るようになっちゃったんですね。そうするとやっぱりね、『老害じゃないか』とかね、『ボケてんじゃないか』とか、そういう言葉きついもんなんですよ。で、お年寄りの政治家見ると、ああ、やっぱり年取るとダメかな、なんていう。少しずつ思うようになりました。そんなこともあって、私はそろそろいいのかな、っていう」

 小倉は、降板を決めた理由の1つとして、ネット上で自分に対して批判の声があるということを挙げていたのだ。この話を聞いて、最近似たようなことがあったのを思い出した。それは、上沼恵美子が自身のラジオ番組の中で『M−1グランプリ』の審査員を務めたことについて語っていたことだ。

 上沼の『M−1』での審査は、歯に衣着せぬ厳しいコメントで知られている。自分の感性でネタの出来をはっきり判断して、面白くないと思った場合はバッサリ斬り捨てる。その容赦ないコメントが毎回話題を呼んでいた。

 だが、昨年末の『M−1』では、上沼がいつになく優しかったと言われていた。すべての芸人に対して前向きな言葉だけを残しており、厳しいコメントが全くなかったのだ。

 その理由について、上沼はラジオ番組で「おとなしくしろと息子に言われたから」と語っていた。上沼自身はネットの評判などを直接見ることはないのだが、息子を通して「よく炎上している」という話が耳に入っていた。彼にたしなめられたため、昨年は厳しいコメントをするのを控えたというのだ。

 この小倉と上沼の2つの例を見て、私は「いよいよ時代が変わってきたな」と思った。タレントがネットの評判を意識してしまうという現象は今までもあったのだが、彼らのような世代にまで影響を及ぼすようになったというのは新しい現象である。

 ネット上ではSNSなどを中心に高齢者に対する怒りと恨みの声が渦巻いている。そこでは「老害」という言葉がよく使われる。他人に害を及ぼす老人を指す言葉だ。

 ネット上で老人批判が流行っている理由は、彼らが若者や現役世代にとって共通の敵だからだ。今の高齢者は、若い頃に右肩上がりの高度経済成長を経験しており、その後はバブル期を迎え、明るく華やかな時代を生きてきた。

 一方、今の40代以下の世代は、好景気を知らず、不景気が延々と続く中で育ってきた。そんな若者や現役世代にとっては、いい時代を過ごしてきた高齢者たちは、下の世代と価値観がずれている上に、のうのうと既得権益を貪っている許しがたい存在に見えてくる。

 だが、彼らのネット上での老害批判は、これまでは高齢者自身に届くことはなかった。高齢者の多くはネットに慣れておらず、SNSなどを使うこともないからだ。

 ネットの影響力がどんどん大きくなるにつれて、その声を誰もが無視できなくなってきた。たとえ自分ではネットを見ていなくても、人づてに評判は耳に入ってくる。ついに「老害」自身に批判の声が届くようになってしまったのだ。

 私は決してその状況を肯定したいわけではない。ネットの声は現実にある人々の多様な意見をそのまま反映したものではない。ネット上では、極端な内容の少数意見が拡散しやすく、声なき多数派の正論や、穏当な意見は広がりにくい。ネットの感情的な意見が過度に影響力を持ってしまうのは危険なことであると思う。

 だが、もはや私たちはそこから逃れられない。小倉や上沼のような人生経験豊富で極端に我が強い人間ですら、ネットの声を気にしてしまう時代になった。

「老害批判にも妥当なものとそうではないものがあり、それを冷静に区別して考える必要があるのではないか」と個人的には思うけれど、そんな穏当な意見はもちろんネット上では広まるはずがないのである。(お笑い評論家・ラリー遠田)