米倉涼子、岡田結実、剛力彩芽、堀田茜ら人気タレントが次々に退所したことが話題となった大手芸能プロダクションの「オスカープロモーション」。人材流出はついには経営陣にも及んだ。11月末には取締役3人が退任。「美の総合商社」と称された事務所のこの先は――。



「11月が役員の改選期なんですよ。それまでいた12人の取締役のうち、オスカーに30年以上勤めた専務と40年以上勤めた元副社長の取締役2人の退社が決まりました。もう一人は、取締役から執行役員になりました」

 オスカーの内情に詳しい芸能関係者はそう明かす。

 3人の取締役が退任したとなると、計算上残った取締役は9人になるはずだが、同社の公式ホームページを見ると、8人しか記載されていない。この点について、別の関係者がこう話す。

「もう一人は、古賀誠一会長の奥さんが取締役なんですが、非常勤なので公式ホームページなどには掲載されていないようです」

 オスカーに詳しい音楽関係者は、オスカーのファミリー企業化を指摘する。

「オーナーカンパニーなんです。残った取締役のうち、半数以上の5人が古賀会長の親族です。ファミリーみんなで食事をして、ああしよう、こうしようと言ったことが、臨時取締役会で決まったことと同じようになってしまう」(音楽関係者)

 オスカーは古賀会長が一代で築き上げた。会長を慕い続けてきた重役やスタッフ、所属タレントらが長年いた会社を去ったのはなぜか。

 芸能リポーターの石川敏男氏はこう語る。

「11月に退社した元副社長の取締役は有能な方で、とりわけ宣伝やパブリシティーにたけていた。現社長と社長のポストを争ったほどです。娘婿の専務の影響力が大きいようですね。専務はいずれは社長になるのではと目されています」

 本誌9月18日号で既報の通り、2020年3月、社長の古賀氏が会長に就任し、副社長が社長に昇格。古賀会長の娘が常務、娘婿が専務という新体制をしいた。ただし、代表権があるのは古賀会長一人。最終的な決断はすべて古賀会長にゆだねられる。

「財務担当の専務となった娘婿は、もともと芸能界ではなく、別の業種にいた人。彼は芸能界の慣例よりも、企業経営の観点から経費を見直し、ムダを省こうとしたんです。スタッフたちの行動に目を光らせ、コストカットに大ナタを振るった。マネジャーらは、耐えられなくなって辞めたようです。古賀会長にはついていきたいけど専務にはついていけない、という声をあちこちで聞きました」(石川氏)

 一方、同社関係者からは、こんな声も聞こえる。

「専務のせいにするのはおかしい。ちょうど、役員の改選期だったので、少なくとも退社した2人の取締役は任期満了ということで、ご自身の方から『退社したい』という申し出があったそうです」

 ここ1年ほどで、10人以上のタレントらが事務所を去ったオスカー。「ドクターX〜外科医」や「リーガルV〜元弁護士」(ともにテレビ朝日系)で高視聴率をたたき出した大黒柱の米倉涼子は3月に退所し、個人事務所「Desafio」を設立した。

 その後の仕事ぶりについて、広告会社関係者はこう話す。

「独立後、連続テレビドラマには出演していませんが、テレ朝から声はかかっているそうです。米倉にも今までとは違うものが出てくるかもしれない」

 米倉は、アメリカに拠点を置くNetflix(ネットフリックス)のドラマ『新聞記者』で主演を務める。

「昔なら、事務所は人気女優にネトフリのような配信もののドラマはやらせなかった。でも、今は制作費も出て、内容的に濃いものをやれる。もし世界に配信されて注目されれば、ハリウッドスターへの道だって開ける可能性がある」(前出の広告会社関係者)

 女優の岡田結実も昨年3月に退所し、芸能事務所「Viivo(ヴィーボ)」に移籍。1月7日から始まった連続テレビドラマ『江戸モアゼル』(日テレ系)で主演している。開始前、喜びとともに、自身のインスタを更新し、こうつづっていた。

「正直事務所が変わってから主役を張ることなんて二度とこないだろうと思っていた中での話をいただいて気合入りまくりのいい意味で行き詰まりまくりです。笑」

 また、実業家前澤友作氏とのホットな交際で話題の剛力彩芽は同8月に退所し、個人事務所を立ち上げた。

 独立後はバラエティー番組などに出演。年末年始には好きな舞台でヒロイン役を務めるなど、前澤氏の彼女という話題ではない、独自の魅力を発揮するようになった。

 その一方で、上戸彩、武井咲といった、オスカーに残った人気タレントたちもいる。社内からは「今年は心機一転がんばりたい」という声も聞かれる。

「今後は残ったタレントさんに、オスカーがどのくらい仕事を入れられるかでしょうね。それ次第」(前出・音楽関係者)

 去るものと残るもの。最後に笑うのはどちらか。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日1月29日号に加筆