サラリーマンはどうしてネクタイをするの? 実は便利な目印だった

サラリーマンはどうしてネクタイをするの? 実は便利な目印だった

 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で連載中の「大人の謎 ぶっちゃけ質問箱」。今回は「大人料金」について。回答者はコラムニストの石原壮一郎さんです。

*  *  *
【Q】サラリーマンはどうしてネクタイをするんですか。首が苦しくないですか。僕もするのかと思うと、今から憂鬱です(たくやさん 岡山県/12歳)

■ネクタイは「ちゃんとした人」の便利な目印

 首は苦しいですが、多くのサラリーマンはネクタイを締めずにはいられません。それは、ネクタイほど便利な目印はないから。無駄な苦しみに耐えている姿を示すことで、相手に「ちゃんとした人みたいだな」と思ってもらえます。

 子どもだって、いくら楽チンでもパジャマのまま学校に行く人は(めったに)いないはず。ネクタイを締めるのが当たり前の会社や業界で、あえてネクタイを拒否したってかまいません。ただ、便利な目印を使わずに「ちゃんとした人」だとわかってもらうためには、膨大なエネルギーが必要です。上司にもやいやい言われるでしょう。

 もちろん、ネクタイをしているかどうかと、本当の人間性や仕事の能力とは無関係です。将来、便利な目印として利用するのはいいとしても、それで人を判断しないようにしてください。ネクタイをしてなくても怒られない業種の、ちゃんとしてなさそうに見られがちな大人からのお願いです。

※月刊ジュニアエラ 2017年1月号より

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

dot.の他の記事もみる

生活術の主要なニュース

生活術のニュース一覧へ

20時53分更新

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索