アレルギー科看板偽り? 専門医がここまで少ない理由

アレルギー科看板偽り? 専門医がここまで少ない理由

 体がダルい。どうにも頭が重い。でもはっきりと名前が付く病気というわけではないから、病院には足が向かない。そもそも、平日の昼間に仕事を抜け出す余裕なんかあるわけない。これが、過剰労働社会ニッポンの「現実」だ。AERA 2017年4月24日号では「ダル重」を大特集。あまたある健康ビジネスに踊らされることなく、このダル重を解消するには、どうしたらいいのだろうか。

 ダル重の原因が、実はアレルギーだったというケースが増えている。しかし、国内では、アレルギー専門医が足りていないのが現状だ。埼玉医科大学病院アレルギーセンターの永田真センター長に、今後、日本の医療がクリアすべき課題について語ってもらった。

*  *  *
 東京・池袋から電車で1時間、さらにバスで5分。埼玉県毛呂山町にある埼玉医科大学病院には、全国各地から花粉症やアレルギー性のぜんそくに悩む患者が集まってくる。症状を軽減させる「アレルゲン免疫療法」を、短期間入院する方法などで行っているからだ。家庭のホコリの中にいるダニや、スギ花粉などアレルギーを引き起こす原因物質を少しずつ注射したり、舌下に含ませたり(舌下免疫療法)して症状を起きにくくする。スギ花粉は2014年、ダニは15年に、舌下療法の保険診療が認められるようになった。

 体質が変わり、対症療法薬を使わなくてもすむようになる可能性のある原因療法だが、国内ではなかなか広がらない。

「アレルギー専門医が足りないからです」

 埼玉医科大学病院アレルギーセンターの永田真センター長は、そう語る。舌下療法を行うためには講習を受ける必要があり、注射治療も「現状ではある程度専門の医師でなければ、施行していません」(日本アレルギー学会)。だが日本では、アレルギー専門医の数はわずか3348人。日本各地に「アレルギー科」を標榜する医院があるが、多くはアレルゲン免疫療法を行えない「専門外医」と永田さんは言う。

 国民病ともいえるアレルギーの専門医がここまで少ない理由を、ある専門医は「手間が多くて儲からないから」と言う。患者の生活習慣をじっくり聞きだす問診をしたり何度も注射を打ち続けたりと、手間は多いが報酬は安い施術が多いのだ。

 体調不良の原因が実はアレルギーだった、というケースは数多い。例えば明け方にせきがひどく続く「せきぜんそく」はダニなどが原因のことが多い。永田さんはトリコフィトン(白癬菌、いわゆる水虫)によるアレルギーの多さも指摘する。

「介護士や看護職などで体調不良を訴える人をよく調べると、トリコフィトンのアレルギーということがあります」

 食物アレルギーを見ても、重大なアナフィラキシーショックを起こす小麦や牛乳以外に様々なアレルゲンが知られるようになった。例えば納豆アレルギー。食べて半日たって症状が出てくる「遅発性」のアレルギーだが、ある調査では患者の8割がマリンスポーツ歴があるという特徴があり、クラゲに刺されることで発症するという仮説が提唱されている。

「アレルギーは目や鼻、気管支、皮膚など体の様々な部位に症状が出るため、日本だと別々の診療科にかかって同じような薬をもらってしまうケースもある。すべての症状をアレルギーの観点からチェックできる『トータルアラジスト』の育成が日本では急務なのです」(永田さん)

(編集部・福井洋平)

※AERA 2017年4月24日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索