【岩合光昭】神の前でも悠々自適 マイベッドで寝る猫

【岩合光昭】神の前でも悠々自適 マイベッドで寝る猫

 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、京都府京都市の「猫ベッド」。



*  *  *
 酒造の神を祀(まつ)る日本最古の神社である梅宮大社は、たくさんの猫がいることでも知られるようになった。

夕刻、カメラを片手に広い境内を歩いていると、社殿の前庭に置かれた木箱に猫が収まっていた。

 本来この箱は、手水のあとに手や口元を拭いた「拭紙(ぬぐいがみ)」を入れるためにある。ここには15匹もの猫がいるのに、いつ来て見ても、中で寝ていたのは、このトウゴロウだけだった。誂(あつら)えたベッドのようにサイズもぴったりで、名前を書いてやりたくなった。

岩合光昭(いわごう・みつあき)
1950年生まれ。動物写真家。NHK BSプレミアムにて「岩合光昭の世界ネコ歩き」放送中。写真集に『猫にまた旅』など多数。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

※週刊朝日 2017年8月11日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索