「80歳で歯が20本以上」では足りない!? 認知症と歯の関係

「80歳で歯が20本以上」では足りない!? 認知症と歯の関係

 65歳以上の4人に1人が認知症かその予備軍といわれる日本。認知症を予防し、発症しても進行を遅らせるためには「口の健康」が欠かせない。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、口から考える認知症、その新常識に迫っている。

*  *  *
歯や口の機能と認知症の直接的な因果関係は、医学的に証明されていませんが、さまざまな研究報告から、歯や口と認知機能の深いかかわりが浮き彫りになってきました。

たとえば、愛知県に住む65歳以上の男女4千人を4年間追跡し、認知症の発症と歯の本数との関係を調べた調査があります。歯の残存数が20本以上ある人と、歯がなく義歯(入れ歯、インプラントなど)もつけていない人とでは、認知症になるリスクは1.9倍と大きな差異が見られたのです。咀嚼(そしゃく)力が低いと感じている人もまた、1.5倍のリスクがあることがわかりました。

 別の調査もあります。宮城県仙台市内の70歳以上の高齢者(1167人)を調査した結果、健康な人の歯の本数は平均14.9本、認知症の疑いのある人は平均9.4本だったのです(東北大学大学院/2003年)。

 マウスを使った広島大学の研究も興味深いものです。遺伝子操作でアルツハイマー型認知症を発症したマウスを、「奥歯を抜いた群」「歯がそろった群」に分けて比較したところ、歯を抜いたマウスのほうが学習能力、記憶能力があきらかに低下していました。

 さらに、日本体育大学保健医療学部の小野塚實教授の実験では、ガムをかんだときに脳の血流が増えるのは高齢者ほど大きいということがわかりました。とくに、集中力や意欲、共感力といった「人間らしさ」をつかさどる前頭前野の血流が増えて活性化するのです。

 日本歯科大学教授であり、日本咀嚼学会副理事長でもある志賀博歯科医師はこう話します。

「かむことによって脳の血流がよくなりますし、神経回路を通じて脳への刺激が送られることは確かです。それが認知症の予防に何らかのかかわりがあるのは確かだと思います。ただし、歯がなければダメかというと、そうではありません。かむことの刺激は歯からだけでなく、粘膜や筋肉からも脳に伝わっていきます。歯を失っても、入れ歯やインプラントを使うことによってしっかりかむことができれば、歯を失っても脳を活性化することは可能なのです」

■アルツハイマー型認知症を誘発するのは歯周病!?

 成人の8割以上がかかっているといわれる歯周病。それが認知症と深くかかわっている可能性も指摘されています。

 これまでにも、アルツハイマー型認知症の患者の脳から歯周病菌が見つかるなど、その関連性が指摘されていました。17年5月、日本大学歯学部の落合邦康特任教授らの研究チームは、歯周病とアルツハイマー型認知症との関連性を示唆する、新たな動物実験結果を発表しました。

 認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症。その原因はまだ完全には解明されていませんが、体内で発生する酸化ストレスによって、細胞や組織が悪影響を受けるのではないかという仮説があります。落合特任教授らのチームは、歯周病の原因菌によってつくられる「酪酸(らくさん)」という物質を健康なラットの歯肉に注射。6時間後に調べると、脳内の各部位で酸化ストレスが上昇し、なかでも記憶をつかさどる「海馬」でのストレスが顕著だったそうです。

 また、アルツハイマー型認知症の脳神経細胞内で過剰に増える「タウ」というたんぱく質も通常のラットに比べて42%増加しました。

「ラットの歯肉に注射した『酪酸』は、歯周病患者の歯周ポケットで通常の10〜20倍も見つかっています。健康であればポケットにとどまっていても、歯肉の炎症などがあると組織から血管に入り込んで全身をめぐります。それが長期間つづくと脳に悪影響を与える可能性は十分にあります。たかが歯周病と侮らず、できるだけ早く治療しましょう」(落合特任教授)

■8020だけじゃ効果半減。「かめる歯」が認知症を遠ざける

認知症と深くかかわる口の健康。なかでも「よくかむ」ことには大きな注目が集まっています。咀嚼の専門家である前出の志賀歯科医師はこう説明します。

「咀嚼とは、単に歯で『かむ』というだけのことではありません。食べ物をかみ砕き、すりつぶし、だ液と混ぜ合わせてのみ込める状態までまとめる動作です。歯、舌、あごなどが無意識のうちに協調し合うからこそできる複雑な動きなのです」

 しっかりかむために必要なものといえば、歯です。「8020運動」の成果で80歳でも歯が20本以上残っている人は半数を超えましたが、「歯が残っているからといって、よくかめるとは限らないのです」と、志賀歯科医師は言います。

「日本人は歯周病が進んでも歯を残したがる傾向がありますが、グラグラした歯では十分な咀嚼はできません。総入れ歯にしている人のほうが、かむ力が強い場合もあります。歯の数より大切なのは、本当にかめているかどうかなのです」

 また、抜歯後に義歯を入れることを考えても、歯周病で抜かざるを得なくなった歯を残しておくのはおすすめできないそうです。

「抜くべき歯を残していると、その周囲の歯槽骨(歯を支えるあごの骨)がやせてしまうので、入れ歯やインプラントの装着が難しくなる可能性もあるのです」

■咀嚼能力検査でかめているか判断を 

自分が「本当にかめているか」は気づきにくいものですが、サインはあります(注意ポイント参照)。ひとつひとつは些細なことに感じられますが、これらが咀嚼力低下の始まりなのです。

 客観的に自分の咀嚼力を知りたいなら、歯科医院で「咀嚼能力検査」をしてもらうことも可能です。検査は簡単なもので、グルコース(糖の一種)を含んだグミゼリーを20秒間かみ続けたあと、10ミリリットルの水を口にふくんで吐き出します。その水の中に含まれるグルコースの量によって、かむ力が測定できるのです。

「咀嚼力を調べてみると、かみ合わせが正しく調整されている場合、高齢でも入れ歯でも、うまくかめていることが多いものです」(志賀歯科医師)

■脳の血流を増やすのは、正しい姿勢と食べる喜び

認知症の予防には「よくかむこと」が大切ですが、具体的に食べ物や食べ方で工夫できることはあるのでしょうか。

「まずは『おいしい』と思って食べることです」と、志賀歯科医師は言います。上のグラフを見てください。グミゼリーの苦味が増すほどに、脳の血流量が減っていることがわかります。

「かむことで脳の血流は増えますが、同じようにかんでいても『おいしい』と思ってかんでいるときと、『まずい』と感じているときでは、脳の活性度が違うのです」

■寝たままかんでも脳は活性化しない

 食べるときの姿勢も意識してほしいと、志賀歯科医師は言います。

「ベッドに寝たまま上半身だけ起こして食事をしたときには、座って食べるときほど脳の血流は増えません。介護用ベッドを使っていたとしても、可能な限りいすなどに腰かけ、テーブルに向かって食べるようにしたいものです」

 なにを食べたらいいのかも気になるところですが、「特別に意識しなくていい」と志賀歯科医師。

「本来、咀嚼は無意識におこなうもの。かむことに意識が向きすぎないほうが自然な食べ方を維持できます」

■認知症になっても「自分で食べる」を大切に

 もしも認知症やその予備軍(軽度認知障害)であるという診断を受けた場合でも、「よくかむ」「自分で食べる」という行為は非常に大切です。高齢者の歯科医療に詳しい九州大学大学院教授の柏﨑晴彦歯科医師はこう話します。

「かむことによる脳の刺激や血流の増加は、認知症の進行を遅らせる効果も期待できます。手や指のこまかな動きも脳を活性化させますから、自分で箸やスプーンを使って食事をし、食後歯みがきするということで、できるだけ長く、普通の生活を維持することが可能になるのではないでしょうか」

 しっかりかんで食べるという意味でも義歯の装着は大切ですが、広島大学の調査では、適合した義歯をつけることで認知症の患者の転倒回数が減ることもわかりました。前出の志賀歯科医師はこう説明します。

「歯を失い、かみ合わせが悪くなることで全身のバランス感覚も崩れるのです。単に義歯が入っているだけではなく、正しいかみ合わせの義歯をつけることで転倒などによる骨折を防ぎやすくなります」

■口から食べることは健康長寿の必須条件

「口から食べることは、誤嚥性(ごえんせい)肺炎による死亡を防ぐ意味でも非常に重要です。かむ、のみ込むという機能を維持することで、誤嚥が起こりにくくなるからです」

 と、柏﨑歯科医師は言います。また、認知症が進んで胃ろうや点滴で栄養を補給するようになると、新たな問題が起こるのだそうです。

「口から食事をしなければ口の中は汚れないと思いがちですが、実は逆です。口からまったく食べられなくなると口腔内の細菌叢(そう)が変化し、肺炎の原因菌が増えてしまうことが最近の研究でわかってきました。多少でも口から食べられるほうが、口の中の菌は正常な状態を維持できるのです」

 前出の落合特任教授も「口から食べることは、寿命を支えるうえでもっとも基本的なこと」だと言います。落合特任教授は腸管の変化に着目してこう説明します。

「点滴で栄養を補給するようになると、腸での消化吸収が不要になります。腸には全身の7〜8割にあたる免疫細胞が集まっているのですが、使われなくなった腸管壁は薄くなるため、免疫細胞は著しく減少します。口から物を食べるということは、全身の免疫機能を守ることでもあるということを忘れないでください」

(取材・文/神 素子)

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索