【佐藤健寿】大阪市にある、童話に出てくる夢の宮殿のような建物の正体は?

【佐藤健寿】大阪市にある、童話に出てくる夢の宮殿のような建物の正体は?

「クレイジージャーニー」(TBS系)などで話題沸騰、世界各地の奇妙なもの、“奇界遺産”を撮り続ける写真家・佐藤健寿が、ニッポンで出会ったのは――?

*  *  *
 まるで童話に出てくる夢の宮殿のようなこの建物は、世界のどこかにあるテーマパークや、変わった博物館ではない。大阪市西部、此花区にある舞洲工場と呼ばれるゴミ処理場なのである。

この施設が完成したのは2001年のこと。内部は行政が設計し、外観をデザインしたのが、20世紀の建築史にその名を残す巨匠建築家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーであった。

オーストリア出身のフンデルトヴァッサーは早い時期から環境保護や有機的なデザインを提唱。自然に基づく曲線美や独特の色彩美を多用し、本来ならば実用本位の無味乾燥な施設であるゴミ処理場を、大阪でも随一の美しい建物に変えてしまった。税金の無駄遣いとの批判もあったそうだが、無駄(装飾)をもって無駄(ゴミ)を制するその試みに、私は拍手を送りたいと思う。なおこの建築のお陰かどうか、2016年に民泊サービスのAirbnbが発表した「世界の注目観光地」ランキングでは此花区がなんと第4位に輝いたそうである。

※週刊朝日  2017年8月18−25号

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索