渋谷、八王子は前年割れ…首都圏の「流行る駅」「流行らない駅」

渋谷、八王子は前年割れ…首都圏の「流行る駅」「流行らない駅」

 駅の姿は、街の勢いを映す。週刊朝日では主要鉄道会社の2016年度の駅別利用者数のデータを集め、独自に分析・集計した。利用者が大きく増えた“流行る駅”があれば、そうでない駅もある。首都圏の変容とは。



 朝のJR品川駅を歩くと、花火大会終了後の帰り道のような大混雑だった。

 駅西側の高輪口と東側の港南口を結ぶ幅20メートル、長さ200メートル超の自由通路は、通勤客らでいっぱい。線路をまたぐ高架式通路は、人波で揺れを感じるほどだ。

 人の流れは、港南口へと向かう。再開発でオフィス街が形成され、日本マイクロソフトや三菱重工業など数多くの企業が本社を構えている。

 JR東日本がまとめた2016年度の駅別乗車人員ランキング(1日平均、以下同じ)によると、品川は前年比2.9%増の37.2万人。前年比0.2%減で37.1万人の渋谷を抜き、初の5位になった。新宿、池袋、東京、横浜、渋谷の5駅が上位の常連だったが、勢力図が変わった。

 東海道新幹線の駅が03年に開業し、羽田空港とをつなぐ京浜急行との乗り換えにも便利。15年春には、高崎・宇都宮・常磐の各線と東海道線とを結ぶ上野東京ラインも開業した。

 品川は東京の玄関口としての存在感が高まっている。乗車人員を10年前の06年度と比べるとその変化は際立ち、14%減の渋谷に対し、品川は20%も増えた。

「渋谷駅が終点だった東急東横線と東京メトロ副都心線が13年に相互乗り入れを始め、JR渋谷駅は乗り換え客が減ったと考えられます。また、品川駅の隣の大崎駅との間でも、利用客が増えているようです」

 こう話すのは、鉄道ジャーナリストの梅原淳さん。大崎まで行けば、埼玉方面に向かう埼京線にも、お台場方面に向かうりんかい線にも乗り換えられる。大崎の乗車人員は前年比4.1%増の16万人。JR東の上位100駅のうち、前年比伸び率が最も高かった。10年前と比べると、58%増にも達する。

 大崎周辺は再開発も進む。オフィス・商業施設・住宅の複合施設「パークシティ大崎」が15年に完成。16年には、成田空港や羽田空港へのバスも走りだした。大崎・品川エリアは大きく変貌している。

 急成長する西の玄関口が品川なら、北東部の玄関口は“アキバ”。かつて電気街、今はオタクの街として知られるが、乗車人員も増加。JR秋葉原は10年前から23%も増えた。秋葉原と埼玉・千葉・茨城とを結ぶつくばエクスプレス(TX)が、05年に開業した影響だ。

 秋葉原と同様に、TXとの乗り換えができるJR北千住も急成長。10年前から22%も増え、高い伸びを示している。

 TXは、私鉄駅の人の流れも大きく変えた。

 TXと乗り換えられる東武野田線の流山おおたかの森は、乗降客が前年比3.8%増。野田線沿線から都心に向かう際、かつてはJR常磐線の柏で乗り換えたが、今はTXも使える。

 流山おおたかの森は、リクルートグループの「SUUMO住みたい街(駅)ランキング2017関東版」で、これから人気が出そうな郊外の街5位。前年の9位から上がった。子育て世代が急増しており、流山市(千葉県)が小学校新設に踏み切るほどだ。

 同じランキングの1位は、前年と同じく武蔵小杉。JR武蔵小杉は前年比3%増、東急東横線の武蔵小杉は同2.2%増。人気は駅の勢いに表れている。

 駅前に降り立つと、目に付くのは林立するタワーマンション。事業者の住友不動産は「若いファミリー層に人気だが、平坦な地域のためシニア層にも受け入れられている」という。「ららテラス武蔵小杉」「グランツリー武蔵小杉」などの大型商業施設も人気。駅のある川崎市中原区の人口は年々増えている。

「JR武蔵小杉は、かつて南武線の駅でしたが、10年3月に横須賀線の駅も新たにできました。東急も含めて乗り換えしやすい駅となり、利便性が大きく高まりました」(梅原さん)

 JR武蔵小杉の乗車人員は、横須賀線開通前に7.7万人だったが、16年度は12.8万人に増えた。

 急成長した駅で特筆すべきは、JRさいたま新都心。前年比3.5%増の5万人。伸び率でみると、JR東の上位100駅のなかで、大崎に次いで高い。

 国の出先機関などのオフィス街に加え、商業施設「コクーンシティ」、さいたまスーパーアリーナ、医療機関など新施設が次々と生まれてきた。さいたま市内在住の男性(32)は「新都心は常に発展している印象がある」と話す。

 利用客が増えて“流行る”駅が目立つ一方で、減る傾向の駅もある。

 JR八王子は、前年比1.3%減の8.5万人。JR東の上位100駅のなかで、前年割れは渋谷や八王子など6駅だけだった。

 八王子の減少は、大学の都心回帰が影響しているようだ。八王子地区の25の大学などでつくる「大学コンソーシアム八王子」によると、加盟大学の学生数は16年に約9万6千人で、前年から約3千人減った。昨年4月には、市内にあった杏林大学が、都心に近い三鷹市へキャンパスを移した。中央大学も22年までに法学部を都心に移す方針だ。

 八王子から電車で都心方面に約10分、JR立川は対照的に伸びている。16年は前年比1.1%増の16.6万人だった。背景にあるのは、米軍基地跡地の再開発。家具店「イケア立川」が14年に、大型商業施設「ららぽーと立川立飛」が15年末にできた。

「かつて、新宿から中央線特急に乗ると次は八王子でしたが、今は立川にも止まるようになりました。同様に、注目すべき特急停車駅の変化は、小田急のロマンスカーが昨年3月から海老名にも止まるようになったことです」(梅原さん)

 小田急の海老名は、特急停車駅の本厚木から東へ2駅目。JR相模線や相鉄線と乗り換えられて便利なうえ、「ららぽーと」など商業施設もできた。両駅は乗降客がともに15万人前後、電車での所要時間は5分ほどと近い。一方で、乗降客の増減をみると、本厚木が前年比0.7%増に対し、海老名は同3.3%増と勢いが違う。

 商業施設で急発展しているのが、東急田園都市線の二子玉川(ふたこたまがわ)。前年比5.4%増と、東急線の全駅のなかで伸び率が最も高かった。

 地元では「ニコタマ」の愛称で呼ばれる地で、東急が開発した商業施設などの複合ビル「二子玉川ライズ」が15年に全館オープン。ビル内には、IT企業の楽天が15年に本社を移転している。

 大企業の本社移転は、駅の盛衰に少なからず影響する。全駅のうち95%の駅で乗降客が前年より増えた東京メトロ。数少ない減少駅の一つが東西線の竹橋で、前年比1.2%減った。駅近くに本社を構えていた商社の丸紅が昨夏、ビル建て替えのために東京・日本橋へと本社を移している。

 銀座線の虎ノ門も同様に2.7%減。メトロのなかで最も減少率が高かった。駅周辺で大規模なオフィスビルの開発が進んでおり、東京メトロは「企業が一時的にオフィスを移転させたことが一因」とみる。

 メトロで最も大きく伸びたのは永田町で、前年比8.1%増。旧赤坂プリンスホテル跡地に建設された「東京ガーデンテラス紀尾井町」が、昨夏に全面開業した影響とみられる。駅直結の便利な複合施設で、オフィスや飲食店などに行く人が増えたようだ。

 次いで、伸び率が高かったのが水天宮前で、6.5%増。東京メトロは「駅周辺のオフィスビルに企業が移転してきた」と増加の要因を分析する。大型移転となったのは、吉野家ホールディングス。15年末から16年初めにかけて、子会社含めて10社を移した。

 また、東京メトロ以上に堅調だったのが、東京都営地下鉄。全106駅のうち、六本木以外はすべて乗降客が前年より増えた。

 首都圏の駅と交通は、今後も大きく変わる。2020年の東京五輪開催に合わせ、虎ノ門に日比谷線の新駅ができ、駅前から五輪会場へのバスを走らせる計画がある。同じ時期には、JR品川−田町間にも新駅が開業する。また、海老名と横浜を結ぶ相鉄線は、JRや東急との相互乗り入れを予定しており、新宿や渋谷に乗り換えなしで行けるようになる。

※週刊朝日 2017年8月18−25日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索