脂っこい食事も原因に…意外と知らない「乾癬」とは?

脂っこい食事も原因に…意外と知らない「乾癬」とは?

 乾癬(かんせん)は患者数が多い割に、あまり聞き慣れない皮膚の病名だ。治療の中心は塗り薬だが、使い勝手などの課題も多かった。しかし新たな飲み薬や生物学的製剤も登場するなど、乾癬治療は新たな時代に突入している。

 乾癬は、慢性の皮膚の病気だ。皮膚の免疫機能が異常になり、皮膚が炎症を起こす。国内の推定患者数は30万〜40万人。いくつかのタイプがあるが、約9割を占めるのが尋常性乾癬だ。

 正常な皮膚なら、いちばん外側にある表皮の細胞が約45日かけて作られるのに対し、乾癬患者の患部は10倍くらい速く(4〜5日)作られる。そのため皮膚が赤みを帯びた紅斑(こうはん)となり、過剰に作られた表皮細胞が厚く積み重なって、銀白色のかさぶたのような鱗屑(りんせつ)が付着してポロポロと剥がれ落ちる「皮疹(ひしん)」ができる。そのため患部が頭部にあるとフケが異常に増え、頭がかゆい日が続くことで初めて病気に気づく人も多い。

 この病気は、免疫に異常を起こしやすい体質の人に、ストレスや脂っこい食事、肥満といった要因が加わって発症すると考えられている。重症になると臓器にも炎症の影響が出て、心筋梗塞などになることもある。

 現在は根本的に治す方法がない病気だが、近年は薬物治療が大きく進化し、症状も劇的に改善できるようになった。

 乾癬治療の多くが外用療法(塗り薬)から始めるのが基本だ。症状の進行に伴い、光線療法(紫外線の照射)、内服療法(飲み薬)へと進んでいく。筑波大学病院皮膚科教授の藤本学医師はこう話す。

「外用療法、光線療法、内服療法は主に軽症・中等症の患者に対する治療法で、一定の効果があります。ただし、外用療法は毎日塗る必要があり、時間や手間がかかるうえにベタベタするので、患者さんのQOL(生活の質)を低下させます。光線療法は1〜2週間に1回通院する必要があり、長期にわたって繰り返しおこなうと発がんリスクの懸念もあります。内服療法は副作用で治療を継続できない人もいます」

 そこにきて2010年以降、目覚ましい進歩で注目されているのが、バイオテクノロジー技術により開発された「生物学的製剤」という注射剤だ。皮下注射や点滴で投与する薬で、それまで治りにくいとされていた症状の重い患者にも効果が期待でき、皮疹が完全に消失する人も増えている。

 それでも藤本医師は言う。

「生物学的製剤は非常によく効きますが、治療費が高く感染症などの重い副作用が起こりえます。また注射剤に抵抗のある患者さんもいます。このため、さらに簡便かつ安全で、長期間継続して治療できる薬が求められてきました」

 八方塞がりにも感じるなか今年3月、乾癬の飲み薬としては国内25年ぶりの登場となった「オテズラ」に期待が集まっている。これは「免疫調節薬」というタイプの薬で、1日2回、朝と夕に飲む。乾癬は炎症の原因となる炎症性サイトカイン(後述)という物質のバランスが崩れることで発症するが、それを調整して正常に戻すことで、炎症を抑える働きがある。

 茨城県つくば市在住の林幸則さん(仮名・52歳)は、30代後半に乾癬を発症。自宅近くのクリニックにかかり外用療法を続けてきたが、4年前から皮疹が増え、徐々に悪化し始めた。

 かかりつけ医に相談したところ筑波大学病院の皮膚科を紹介され、藤本医師の外来を受診。重症の尋常性乾癬と診断され、外用療法に光線療法を併用した治療を開始した。だが、全身に広がった赤みを帯びた皮疹が改善せず、すっきりしない状態が続いた。藤本医師は内服療法や生物学的製剤の治療を提案したが、林さんは副作用の心配や注射剤に抵抗があり、新たな治療に踏み出せずにいた。藤本医師はオテズラの治療を勧め、今年4月から治療を開始。2カ月間服用した時点でかゆみが治まり、皮疹の程度や範囲が半分に減少するまで改善した。

「オテズラは生物学的製剤に比べると皮疹の改善効果は劣ります。しかし飲み薬のため利便性も高く、治療の継続も可能です。報告されている副作用もほとんどなく安全性に優れています。従来の治療法では満たされないニーズに応えてくれる薬で、今後は乾癬の中等症から重症患者の新たな切り札になるでしょう」(藤本医師)

 一方、生物学的製剤でも、16年9月に「ルミセフ」という薬が登場し、治療の選択肢が広がっている。

 炎症の原因となるサイトカインにはTNF−α、IL−23、IL−17などがあり、これらが過剰に増えて炎症を起こす。生物学的製剤はこれらに直接作用し、その働きを弱める薬だ。

 ルミセフはIL−17の働きを弱め、皮膚の炎症を抑制する「IL−17阻害薬」というタイプの薬だ。皮下注射剤で、1回目の投与から1週後と2週後にも投与し、以降は2週間隔で投与する。注目すべき点は、皮疹の改善率の高さだ。

 乾癬では、症状の程度と面積を点数化する「PASI(パシ)スコア」という評価方法があり、治療の効果は点数がどの程度低下したかで判定される。たとえばPASI90は、治療前と比べてスコアが90%以上改善したことを示し、治療の標準的な目標として使われている。

 国内の乾癬治療の第一人者、日本医科大学病院皮膚科部長の佐伯秀久医師はこう話す。

「ルミセフはPASI90の達成率が87%。皮疹が完全に消える状態を示すPASI100の達成率が55%で、患者さんの約2人に1人は皮疹が消えるという極めて高い効果を持つ薬です」

 生物学的製剤は、現在国内で六つの製剤が使用可能だ。佐伯医師によると、ルミセフは他のIL−17阻害薬に比べて、IL−17の作用を幅広く抑えるのが特徴で、強力な炎症抑制効果を発揮するのだという。

「重症で早めの治療が必要な患者さんに向いています。安全性が比較的高いので、高齢の患者さんにも向いていると言えます」(佐伯医師)

 生物学的製剤全般に言えることだが、免疫力を低下させる作用がある。

「昔、結核になったことがある人は、再び結核を発症する可能性があります。そのほか肺炎や、口の中がカンジダなどの感染症になる可能性があるので、安全性を確認しながら治療していく必要があります」(同)

 こうした効果が強力な生物学的製剤の登場で、佐伯医師は「乾癬の治療ではPASI100を目指せる時代になりました」と期待を示す。だが完治することは難しく、長く付き合っていく病気であることに変わりはない。

 症状を悪化させないためには、ストレスをためないことや飲酒やたばこを控え、肥満の人は体重を減らすなど、生活習慣のなかで工夫することが大切だ。

※週刊朝日  2017年8月18−25号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索