LINE返信が面倒すぎる! 「未読スルー」の女子高生たち

LINE返信が面倒すぎる! 「未読スルー」の女子高生たち

 相次ぐ政権の不祥事、押し寄せるSNS圧。批判なき政治を目指す政治家に、笑えない芸人。怒る気力も失われ、何もかもが面倒くさい。この不機嫌と無気力は、いったいどこからやって来るのか。AERA(2017年8月14−21日号)では「日本の境界線」について特集。いまこの国を覆う不機嫌の正体について考える。

*  *  *
 都内の私立高校。1年生のクラスでは、生徒たちがみな下を向いて静かにペンを走らせていた。授業でもテストでもない。秋の文化祭でクラスの出し物を決める、学級会でのことだ。それぞれやりたいことを紙に書き、文化祭実行委員が回収。後日、みんなで検討するという。Aさん(15歳・女子)は言う。

「何かを決めるとき挙手制だと意見が出ないので、今はもうほとんどこのやり方です。『アイデアを出してくださ〜い』『はいは〜い』ってその場で活発な議論になることはありえない。だって反対されたり論破されたりしたら嫌じゃないですか」

 反対されると、「意見」ではなく「私自身」を否定されていると受け取り、「ムッとしちゃう」そうだ。批判されるリスクを避けるため、多数決を取るときも手を挙げない生徒も多い。

 同じクラスのBさん(16歳・女子)が驚いたのは、体育祭や文化祭でクラスみんなで着る「クラスTシャツ」の委員になったとき。デザインをアンケートで募集すると、女子10人が全く同じものを描いてきたという。

「誰かと同じじゃないと安心できないんだろうなぁって。でもその感覚はすごくわかる」

 黒髪に膝丈のスカート。ナチュラルメイク。外見も内面も「波風を立てない」ことに気を配っている。

 AさんのLINEには、取材の日、60通もの未読通知がたまっていた。理由は、こうだ。

「相手の反応を予想しながら返信を考えるなんて面倒すぎる」

●未読スルー当たり前

 メッセージを送って既読になっても返信がないことを嘆く「既読スルー」はもはや死語。女子高生たちの定番は、この「未読スルー」だ。インスタグラム、ツイッター、スナップチャットなど複数のSNSを使っているため“うっかり”見逃しているという体にもできるし、スクリーンショットを撮られて拡散される可能性のあるLINEではそもそも重要なやり取りはしないため、これで関係がギクシャクすることはない。

 そんなAさんにとって唯一、本音を吐き出せる場がツイッターだ。本名を公開しているものや、匿名で好きなアイドルやユーチューバーを追いかける趣味専用のものなど、所有するアカウントは計七つ。例えば、疲れてメイクもよれている学校の帰り道に、インスタ用の写真を撮りたいと急に言い出した友人に「空気を読んで」従った日など、相手が特定できないよう気を配りながら、絶妙ににおわせるつぶやきをしてストレスを発散している。

 2007年の流行語「KY(空気が読めない)」は、もともと友人同士の和を重んじる女子高生たちの間でよく使われていた。あれから10年。女子高生のマーケティングを行っているブームプランニングの清水絵梨さんは、変化をこう分析する。

「SNSが発達したことで、現実でも他人に見られることを前提としたコミュニケーションスキルが必須になりました。見られてもやましくないことが前提なので、彼氏のスマホの指紋認証に自分の指紋を追加登録することも“何げなく”できちゃう子が多いんですよ」

 他人に深く踏み込まないのがルール。だから批判をするなんてもってのほかだ。気に食わないことがあればフォローを外したりブロック・ミュートしたりして心地良い人間関係をオーガナイズできるSNSに慣れているため、わざわざその壁を破って反対意見を述べるのは失礼にあたるという感覚なのだという。

 6月、東京都議会選挙に向けて元SPEEDの今井絵理子参議院議員が投稿したツイートが話題になった。

「『批判なき選挙、批判なき政治』を目指して、子どもたちに堂々と胸を張って見せられるような選挙応援をします」

 民主主義を根本から否定するようなこの発言にツイッター上では多くの批判が寄せられる皮肉な展開になったが、「若者たちは『ハッピーにやるよ』というポジティブな意味で受け取ると思います」と清水さんは言う。

●もはやあきらめの境地

 埼玉県に住む自営業のCさん(47)は、長女(23)が小学生だった約15年前と、次男が小学4年生の現在とで、PTAに流れる空気が明らかに変わったと感じている。例えば集会のときの座り方。長女のときは会長が上座で、他のメンバーは空気を読むように、よく活動する人から前方の席が埋まっていった。たまには座席を変えてみたらどうかと提案したら、PTA会長の顔がみるみる変わり、教室の空気が一瞬で凍りついたことをよく覚えている。

 一方、今は事前に席が決められているため、当日は名札が貼られた席に座るだけで、空気を読む必要すらなくなった。同時に、以前のような何かを問題提起できる空気すら消えたという。大切なのは、決まっている計画を流れ作業のように滞りなくこなしていくこと。そこにあるのは、話し合うのは面倒だ、頼むから意見なんて言わないでくれと言わんばかりの、思考停止へといざなう同調圧力だけだ。

「ママ友が映画『千と千尋の神隠し』のカオナシに見えるときがあります。何を考えているのか全く分からない。学校やPTAを忖度しすぎるため、ボランティアを欠席した保護者へはひどいバッシングを行う。きっかけがあればあっという間に隣組化するような不穏さを感じます」(Cさん)

 昔は保護者同士で飲み交わしながら、学校やPTAのことから時事問題まで、意見の違いを面白がりながら侃々諤々言い合えたが、今は新しくできたランチスポットや家族のことなどあたりさわりないことしか話題にできない。

 武庫川女子大学生活環境学部講師の井上雅人さんは言う。

「今の状況は流動的な空気を読んでより良いポジションに行こうというより、固定された空気に合わせるというあきらめの感情に近いものを感じます。社会を築いていくには皆で協力することが必要ですが、日本社会の中の協力は、上の指示に従いひたすら我慢する『組み体操』のイメージが大きい。批判と悪口の区別がつかず、アドバイスすると怒り出す学生が増えていますが、批判し合って建設的な議論や共同体験を重ねる機会を与えることで改善するのではないでしょうか」(編集部・竹下郁子)

※AERA 2017年8月14−21日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索