黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

 爪を、見てみよう。縦に線は入っていないだろうか。あれ? 前はこんなに筋はなかったのに。いつのまに縦線が……。それは「老化」の証拠。その線が黒ければ注意が必要だ。

 爪には体の状態が反映される。爪からどう健康をチェックするのか。それが知りたくて、慶応義塾大学病院皮膚科を訪れた。ここでは、毎週水曜午後を「爪外来」の診療日とし、爪のトラブル全般に対応している。深爪、巻き爪、陥入爪、爪白癬(つめはくせん)から、爪に生じる皮膚がんまで、難治性の爪の病気を幅広く診察。爪から、どんな病気の予兆がわかるのか。

 専任講師の齋藤昌孝氏は「成人になってから出た黒い縦線(色素線条)は、注意が必要です。最初は細くても、放っておくとだんだん太くなることがある。爪のメラノーマ(皮膚がんの一つ)の可能性があります。悪性度が高く、ごく初期でないと、指の切断ですまなくなる」と話す。

 横線は問題ないが、縦線には注意が必要。色が不均一なこともある。気づいたら迷わず受診を勧めるという。

 爪にできるがんは、どのように出てくるのだろう。

「多くの場合は爪母(そうぼ)から出ます。三日月状の白い部分の奥に爪を作っている場所があり、そこから、がんが出ます。それが爪の線として表面化し、徐々に広がります。症状は人によって違いますが、黒い線には要注意」(齋藤氏)

 いつの間にか黒い塊がある、線が見えたなどというときは、「血豆かな」と放っておかないほうがよい。がんになると進行が速いのが、メラノーマの特徴だ。

 診察室を訪れた40代の女性患者で、初期のメラノーマの人がいた。爪を全部とって植皮するなどの治療を施し、指を切断せずにすんだという。「転移しておらず今のところ順調ですが、初期の方でも半年〜年1回の経過観察が必要です。メラノーマは、がんの中でも非常に悪性度が高いからです」と齋藤氏。

 最初は目に見えないほどの細い線だが、いつしか太くなって、がんとして進行する。患者に「いつごろから線が出たのか」と聞いても、「覚えていない。そういえば色がついていたかな。3〜4年前かな」といった反応が多いという。

 とはいえ、縦線に過敏になる必要もない。すべての指の爪に細い線があるときはたいてい、がんとは無関係だ。根元が軽い炎症を起こしたときや、抗がん剤を投与している場合も縦線が出るという。

 子供は多少の線があっても心配無用。成人になってから、一つの指に黒い線が出たときに気をつけよう。

「全身の皮膚に発疹がないのに、爪だけに症状が出る場合もあります。例えば、爪の乾癬(かんせん)。比較的頻度の高い皮膚病ですが、爪にしか症状が出ない人もいます。診断がつかず、最終的に爪外来に来る方が多い」(同)

 爪乾癬になると爪が変形したり、はがれたりすることもある。良性でも、患者は不便なことが多くなる。

 がん以外だと、爪がもろく薄くなった場合に、貧血や甲状腺機能異常などの恐れがある。肝機能や腎機能の障害でも、爪の色などに影響が出ることがある。色で病気をくくるのは難しいが、「全体的に色調が変わったら、要注意」という。

 爪のトラブルは、手より足が多いだろう。高齢になれば自分で足の爪を切るのが難しくなる。齋藤氏は「足は深爪をしないこと。陥入爪になり、痛みでつらい思いをすることになりかねない。将来変形するリスクも高まります」と指摘する。

 専門家に頼むのもいい。東京都内などにある足の爪切り専門「爪切り屋 足楽」は、中高年の予約が絶えない。フットケアの施術をしながら、スタッフが爪の切り方、足指の使い方、転倒を防ぐ正しい靴選びなどを丁寧に教えてくれる。

 オーナーの中村美紀さんが記者の爪を見て、誤ったサイズの靴を履いているせいで中指と薬指が縮こまり、変形していると指摘してくれた。フットケア大国のドイツで技術を学び、スクールを運営し、爪切り出張も行っているという。

 次に東洋医学の観点からみてみよう。鍼灸師を育てる東京医療専門学校の船水隆広氏に話を聞いた。

「西洋医学では爪は皮膚の一部と考えますが、東洋医学では、筋肉の余りと考えます。高齢者は筋肉が衰えますが、爪も同じ。退化して縦線やへこみが入ります。東洋医学では筋肉は血液で動き、爪は血液で養われると考えます。爪は血液の流れと関係するのです」

 東洋医学では、爪は「肝(かん)」と関係があるとされ、きれいな爪は肝の状態の良さを示す。

「『肝』とは血を巡らす大事な臓のこと。きれいな爪は肝が良い状態。つまり血液循環が良く、全身の血が足りているということです。貧血だと血液内に栄養が不足しており、爪が白くなる。血液循環の悪い人も同様です。形が悪い場合も血の巡りが悪く、血が不足しています」(船水氏)

 では、爪に縦線がある場合はどうか。

「ストレスなどで老化が進み、淤血(おけつ)の状態です。血と気の流れが悪いときに出る線です。寝不足のときもそうなります。ほら、私もちょっと出ていますね(笑)。線が黒くどんどん濃くなったり、太くなったりしていくと、免疫力が低下して重い病気になっていることが多く危険です。西洋医学でいう、がんの可能性があるということです」(同)

 爪で健康度をみる際は、色が大切という。白ければ虚血、黒いと淤血。紫色ならば肝や腎の病か冷え。黄色は黄疸、灰色は爪白癬の可能性がある。赤いと熱が強い状態で、西洋医学でいう血圧が高い状態だ。

「東洋医学では、血圧が高いというより『熱が強い』と表現します。爪の赤色は心と関係します。また、爪の横がへこんでいれば、気血の不足(気血両虚)です。きれいなカーブを描き、触ってつるんとしている爪が健康です」(同)

 赤ちゃんの爪は凹凸がほとんどなく、つるんとしている。理想的な爪といえそうだ。
 表面がザラザラしているところがあれば押してみよう。痛い箇所があれば、どこか悪いところがあるサイン。

「風邪や気管支ぜんそくの人は、親指の爪を押すと痛いですよ」と船水氏。

 体の末端の小さな部分に体の状態が表れるとは。ならば、爪を刺激すれば、体にも良い気がする。

「そのとおりです。爪周りのツボを刺激すれば、気の巡りが良くなります。空いた時間に爪を押すのを習慣づけると違いますよ。押すときは上から爪全体に圧をかけつつ、挟む。爪の角にツボがあります」(同)

 押してみて、ある部位だけ痛いと、体からの何らかの危険信号だ。早めに察知したい。
 積極的に押したいのは、「薬指」。押すと、他の指より刺激を感じる人が多いのでは。ストレスや気血とも関係する指だからだ。

「薬指を押して痛かったら、ストレスがたまっている証拠。免疫力を上げるには薬指を押すといいです。中指はリラックスのツボ。面接前などに押すとよいでしょう」(同)

 爪は面白い。爪を整えると、歩き方も変わり、病気も予防できて健康維持につながる。爪って、やはりすごいのだ。

※週刊朝日 017年9月29日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索