ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん 首都高で突然死 前触れなく破裂する大動脈解離の怖さ

ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん 首都高で突然死 前触れなく破裂する大動脈解離の怖さ

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん、「ドラゴンボール」のブルマをはじめ、「ペリーヌ物語」のペリーヌ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、首都高速道路上に停車中の乗用車内で意識不明の状態で見つかり、同日、搬送先の病院で死亡が確認された。所属事務所によると、死因は運転中の大動脈解離。57歳だった。弾力性がなくなりもろくなった大動脈に瘤(こぶ)ができて破裂したり、血管の壁が内側で剥離した状態になる。緊急に治療しないと命に関わるのが大動脈疾患だ。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」から、その予防や治療などを解説する。

*  *  *
■大動脈に瘤ができる病気と大動脈が解離する病気

「心臓から全身に血液を送る重要な役割を果たしている大動脈は直径2〜3センチと人間のからだの中で最も太い血管です。その大動脈に瘤ができるのが大動脈瘤(りゅう)、血管の壁に内側から裂け目ができてしまう病気が大動脈解離です。もろくなった血管に前触れもなく発症し、突然死を起こしやすい恐ろしい病気です」

 地域医療振興協会顧問で、練馬光が丘病院循環器センター長の安達秀雄医師はそう説明します。

 大動脈は、心臓を出るといったん上へ行き、背中側へ逆U字形に曲がりますが、この周辺に大動脈瘤は一番多く発症します。血流の圧力を受けやすいためです。

 大動脈瘤が破裂すると、堤防が決壊したように大量の血液が血管の外に流れ出します。そのため手術ができても死亡率は16.8%、手術ができなかった場合も含めると死亡率は35・6%という統計もあり、破裂する前に治療することが重要なのです。

 通常、瘤が破裂する確率は、5センチ以下では年間5%未満ですが、5〜6センチでは7%。7センチ以上では19%と危険度が高まります。5〜6センチを超えたら治療をするべきです。

 大動脈瘤は、横隔膜の上までの胸部と、その下の腹部に分けられ、瘤の形やでき方によって、真性、仮性、解離性(大動脈解離が経過して瘤を形成する)の三つのタイプに分けられます。

 一方、大動脈剥離は、内膜、中膜、外膜の3層からなる大動脈の壁において、まず内膜が裂け、中膜のなかに血液が流れ込むと、その勢いで血管が裂けて二つに分かれる状態です。2016年2月に大阪の繁華街・梅田で、車を運転中の男性が大動脈解離を発症し次々と歩行者をはねる事故が起きました。17年7月には俳優の中嶋しゅうさんが舞台上演中に急性大動脈解離を発症して亡くなりました。このような前触れのない活動中の突然死が話題になることが多くなっています。

 大動脈解離は大きくA型とB型に分けられています。

 A型解離は、心臓に近い上行大動脈に亀裂が入り、心臓側に出血すると危険です。

「心タンポナーデといって心膜と心臓本体の間の心嚢(しんのう)内に血がたまり、心臓が拡張できなくなり、血液を送り出せなくなるのです。すると脳虚血が起こり、数秒で意識をなくします」(安達医師)

 下行大動脈がおなか側に向かって解離するB型解離は、激痛に襲われます。救急車での緊急搬送が必要ですが、A型解離よりは生命の危機は少ないそうです。

「大動脈瘤は70代が発症のピークで、男女比は3対1程度です。大動脈解離は、70代が発症のピークで男性に多いですが、80歳を過ぎると女性のほうが増えます。生まれつき血管の中膜が弱いマルファン症候群という病気の患者さんは若年でも発症します」(同)

■症状 自覚症状はなく発症直後に激痛が起こり意識を失う

 大動脈瘤・解離は、発症するまでは、基本的に無症状です。ただし、大動脈瘤の場合は、瘤が大きくなると、声帯をつかさどる反回神経が瘤によって刺激され、しわがれ声になります。また、気管が圧迫された場合は呼吸困難、食道が圧迫されるとのみ込みにくい嚥下(えんげ)障害が起こることがあります。そして、ひとたび発症すると、胸から首や背中などに激しい痛みが起こります。

 自覚症状に頼れないため、生活習慣や遺伝性など危険因子を持つ人は日頃の検査が重要です。

「胸部X線写真を撮れば見つかることも多いのですが、前方のみの撮影では心臓に隠れて発見されないことがあり、側方からの撮影が大切です。胸部CTを撮れば確実に診断できます。瘤の場合は、すぐに治療をすべきなのかきちんと説明を受けて、治療しない場合も経過観察により破裂を防ぐことが重要です。激しい痛みが出た場合は、破裂や解離が起こっている可能性が高いですから、一刻も早く救急車で専門の病院へ行ってください」(同)

■予防 高血圧の人は要注意 動脈硬化の予防に努める

 発症する人の7割は高血圧です。血圧が高いことが血管にストレスをかけ続けるためです。

 動脈硬化の原因となる生活習慣病を防ぐことも大切です。もしすでに持病のある人は、定期的にかかりつけ医などを受診して管理してもらうべきでしょう。

 大動脈瘤のできた人は、また別の箇所に再度できることも多いため、2次予防としても、高血圧や糖尿病など、危険因子の管理がさらに重要になります。

「高血圧などのリスクを持っている人は、50代以上になったら、からだを追い込むような激しい運動は避けたほうがよいです。ゴルフスイング、水泳、ダンスのほか、からだをひねったり、力を入れたりするあらゆる運動で大動脈解離は起きています。季節では冬(11〜3月)に多く発症します」(同)

■内科治療 降圧剤の服用とカテーテル治療

 大動脈瘤・解離の内科治療には薬物療法、カテーテル治療があります。大動脈瘤は、瘤が小さければ、降圧剤で血圧を下げていきます。収縮期の血圧を120〜100mmHg くらいにして、カルシウム拮抗薬やβ遮断薬といった薬を点滴で入れて脈拍を60〜70/分に保ちます。そして定期的に瘤の状態を観察するようにします。薬物療法は根本的な治療とはならないため、経過観察で瘤が大きくなっているとわかった時には、カテーテル治療を検討します。

「カテーテル治療は、ステントグラフト内挿術(TEVAR)という人工血管を入れる治療です。足の付け根を4〜5センチ切開して、そこからカテーテルを入れ、動脈の中を通って、患部に到達します。そこでカテーテルの中に折りたたんで入れてあるステントグラフトという人工血管を開いて、血管の内壁にフィットさせて補強し、破裂を防ぎます」(同)

 開胸、開腹手術と違い、患者の負担が少ない治療として注目されてきました。2008年に保険適用の治療となり、全国の病院で治療が増えています。

 ステントグラフトは内科治療ですが、心臓血管外科、血管外科、放射線科などでおこなっているケースがほとんどです。

 ただし、ステントグラフト内挿術は、胸部の弓部のような曲がった部分は技術的に難しいといわれています。胸部の場合、約5年で20%程度が再治療になるという報告もあり、医師とよく相談して慎重に治療を選択するべきです。

「大動脈解離は、発症する部位で治療が異なります。おなか側へ下に裂けるB型解離では、手術はしないで、血圧を下げる降圧剤を投与して安静にする保存治療かステントグラフトによる治療をおこないます。B型の8〜9割はこの方法をとります」(同)

 集中治療室で数日間安静状態を保ち、経過を見ながら、血流の状態をCTで評価します。2週間から1カ月の入院が必要です。

 B型解離は、解離したところに、後で大動脈瘤ができる確率が30〜40%あり、その場合はステントグラフト内挿術で追加治療をおこなうこともあります。また、解離が起きた時点で、腸管や足に血液が行き届かない状態になっている場合があり、緊急手術によって血流を確保することもあります。

■外科治療 瘤には人工血管置換術 解離には一刻も早い手術を

 大動脈瘤の外科治療は「人工血管置換術」という手術です。瘤ができた部位の血管を、人工血管に取り換える術式です。将来的に入れ替えがなくても済むように、耐久性のあるポリエステルなどの化学繊維製の人工血管を使用します。

「人工血管置換術は長期成績も安定しており、最も確実性の高い治療法です。ステントグラフト内挿術が適応できない、心臓から出てすぐの上行大動脈については、この手術をおこないます」(同)

 胸部大動脈瘤では年齢、ステントグラフトに適した血管かどうか、手術リスク、患者の希望などさまざまな点を考えて、個々の患者ごとに適応を決めていきます。

 近年、腹部大動脈瘤については、ステントグラフト内挿術を適応する場合も多くなっています。また、外科手術が負担となる80歳を超えた高齢の患者の場合には、ステントグラフト内挿術はよい適応です。

 一方、大動脈解離で緊急の外科手術が選択されるのは緊急症例のうち、心臓側の上行大動脈側に裂けるA型解離です。24時間以内に手術しないと48時間後には5割が死亡します。7日以内には70%、14日以内には80%が亡くなるという東京都の統計があります。

「A型解離では、死因の90%以上を占める心タンポナーデを防げるかどうかが重要です。胸部大動脈解離に対する緊急手術は人工心肺を用いた手術になります」(同)

 緊急手術症例以外では、治療方針は各病院や患者さんの状態によって違いがあります。主治医の説明を詳しく聞き、場合によってはセカンドオピニオンを聞くことも必要です。

「外科手術とステントグラフト内挿術の両方の治療に対する経験が豊富で、治療の適応に関して外科と内科が話し合って慎重に決めている病院で治療を受けるのが望ましいと思います」

 と、安達医師は勧めます。

(取材・文/伊波達也)

取材協力

公益社団法人地域医療振興協会 顧問
練馬光が丘病院 循環器センター長
安達秀雄(あだちひでお)医師

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索