ケンタッキー食べ放題のお得な攻略法5か条とは?記者も挑戦

ケンタッキー食べ放題のお得な攻略法5か条とは?記者も挑戦

 クリスマス以外でも年に数回は無性に食べたくなるケンタッキーのチキン。「お腹一杯に食べたい!」と思う人も少なくないはずだ。そんな衝動に駆られ、記者(34)は、昨日から始まったケンタッキー食べ放題に行ってきた。そこから見えてきた上手な食べ方とは…



 20日、日本ケンタッキー・フライド・チキンが、チキンなどが食べ放題で楽しめるサービスを始めた。期間は8月末まで、全国200店舗以上で毎週金曜日のディナータイムに実施している。同社は「週末の自分へのご褒美として食べてほしい」と狙いを語る。

 事前の予約が必要だが、空きがあれば当日の来店でも利用できる。食べ放題できるのは「オリジナルチキン」「ビスケット」「カーネリングポテト(S)」といった定番メニューに加え、「ソフトドリンク(M)」の4品。制限時間は45分で、料金は中学生から1380円(税込)だ。

 訪れたのは秋葉原店。レジで予約をしてある旨を伝えると、チキンを3個、ポテト、ビスケット、ドリンク(ウーロン茶)を渡され、ルールを説明された。飲み物以外の全てを食べたら、おかわりができるという。

 最初に提供されたものは、通常であれば1350円かかるメニューだ。おかわりをすればするだけ得をする価格設定になっている。

 まず口にしたのが、チキンの脚の部分。弾力があるが、柔らかくほぐれる食感で肉汁がうまい。ポテトを合間に食べながら、あっさりとこってりの両方の味が楽しめる手羽、淡白な味のあばらをテンポよく完食。

 レジで新たにチキン3個を受け取り、意気揚々と再スタート。しかし、5個目を食べているときに、異変が起こった。

「おかしい、チキンが口に近づいていかない…」

 満腹感を覚えるのが予想以上に早い。食べ始めから20分ながら、脂が少ないパサパサした部分も、食べるのがきつくなってきた。口休めにウーロン茶を飲む頻度が増える。


 8個目からは「これ以上食べて大丈夫か」と自分と相談しながら食べたが、最終的に9個でギブアップ。同社によると、全体の平均で7個、多い人で10〜12個ほど食べるという。

「鶏1羽を9つにさばいているため、可能であれば9個は食べて、各部位の肉それぞれの特徴を楽しんでもらいたいです」(広報担当者)

 最後まで気持ちよく食べるためには、工夫が必要だ。現場から見えてきた攻略法を紹介したい。

 チキンには5つの部位があり、胸、あばら、手羽があっさり系。腰、脚がこってりしている。おかわりの際に部位指定はできないが、「現場の状況によるが、『あっさり系がいい』など要望を言えば、配慮できることもあります」(広報)とのこと。

 また、食べている最中、指に大量の油がつく。何度もペーパーナプキンで拭くのは煩わしい。そこで活躍するのが、チキン用指手袋「フィンガーナップ」だ。多くの店舗で導入されており、店員にお願いすればもらえる。

 同社の栄養成分表によれば、チキン1個で226キロカロリー、脂質は13・1グラムだ。9個も食べると、カロリーオーバーで、胃もたれしそう。前後の食事を調整したり、ヨーグルトや胃薬を飲んで胃をケアしたりするなど対策が必要だ。

 食べ放題は、満足度が高い一方、一歩間違えれば苦痛を伴う“両刃の剣”。満足度を高めるために、今回のレポートを参考にしてほしい。(本誌・吉﨑洋夫)

【ケンタッキー食べ放題、お得に食べる攻略法】
1.ドリンクはウーロン茶などスッキリした飲み物が無難
2.指手袋をもらい、油を気にせず、気持ちよく食べる
3.おかわりの際に「あっさり系がいい」など要望を言ってみる
4.事前にヨーグルトを飲むなど、胃のケアを忘れずに
5.一度おかわりすれば元は取れるので、無理して食べ過ぎない

※週刊朝日オンライン限定


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索