配偶者の死をどう乗り越える? 「没イチ」から充実人生のコツ

配偶者の死をどう乗り越える? 「没イチ」から充実人生のコツ

 没イチという言葉をご存じだろうか。

 配偶者が「没」し、一人になることで、「イチ」は1回を指し、2度目ならば「没2」。第一生命経済研究所主席研究員だった小谷みどりさん(現・シニア生活文化研究所所長・50歳)が広めた言葉で、離婚の「バツイチ」と異なるのは意思とは関係なく、避けられぬ「死」で一人になるという点だ。夫婦のどちらかが必ず没イチになる。



「死か没イチ、『DEAD or没イチ』なのです」(小谷さん)

 小谷さん自身も夫を42歳で失っている。2011年4月、シンガポール出張の日の朝。起きてこない夫を不審に思い、寝室をのぞくと、夫の腕は布団からだらりと落ちていた。

 あ、死んでいる!

 夫の死を悲しむ余裕もなく、刑事組織犯罪対策課と書かれた名刺を持った刑事が自宅に入り、事情聴取を受けた後、警察署に向かい、結局、遺体は解剖に回された。内臓がすべてなくなってセミの抜け殻みたいになって戻ってきた夫が本当にかわいそうで、涙が出たという。

「私がボケたら介護してね」

「するする。おむつも替えるし、面倒みるよー」

 1週間前に、そんなたわいのない会話をしたばかり。二人に子どもはおらず、共稼ぎ。

「身の丈に合った」都内のマンションを数年前にキャッシュで購入していた。いずれはマレーシアに移住しようね、という夢もあった。二人にいつか別れがやってくるとしても「死ぬのは私が先という前提でいつも考えていたんです」(小谷さん)。

 しかし、夫は逝ってしまった。心不全だった。電球交換一つとっても、いつも夫がそばにいて、なんでもやってくれていた。これからは全てひとりで行わなければならない。人生の孤独感に襲われた。

「悲しんでも、もう夫は戻ってこない。同じ生きなくちゃいけないのなら、めそめそして暮らすより、亡くなった夫の分まで生きようと思う」

 夫の分まで2倍人生を生きると決めた。

 死を悲しんでいる暇はなく、翌週には、立教セカンドステージ大学の講義のため教壇に立った。小谷さんはここで「最後まで自分らしく」という講義を担当しているからだ。立教セカンドステージ大学とは、50歳以上のシニアを対象にした学びなおしの場。クラスには、小谷さんの1年前に「没イチ」になった庄司信明さん(59)もいた。ある日、小谷さんに、こう聞いてきた。

「ご主人を失ったばかりなのに、なぜ小谷先生はそんなに明るくいられるんですか」「ご主人の親御さんとはどうつきあっているのですか」

 没イチならではの悩みは、没イチになってみないとわからない。改めてそう感じた小谷さんは15年、「没イチ会」を立ち上げた。現在、没イチ会には、5人の女性を含む12人がいる。

 没イチになってもどうすれば幸せに生きられるのか? ヒントや陥りやすい「落とし穴」を考えてみる。

■没イチの落とし穴(1) とにかくさみしい

 前出の庄司さんは、元朝日新聞のスポーツ部記者だ。同じ会社に勤める妻、美仁子さんを食道がんで失った喪失感から、51歳という若さで会社を早期退職した。会社に復職しても、もぬけの殻状態だったからだ。

「施設にいる母親のもとへ向かう運転中、カーステレオから流れる音楽で、涙がこぼれた時期もありました」

 このままではいけない。友人に誘われるまま居酒屋でバイトを始めた。続いて、妻の人生を一冊の本としてまとめる作業、出版社でのバイトもした。立教セカンドステージ大学への入学に、通信教育も始めた。さらに福島県いわき市の休耕地で綿を作る「コットンドリームいわき」の活動まで。

「今の自分を妻が見たらどう思うか? 『なかなか頑張ってるじゃない』と褒めてくれるんじゃないかな……」

 妻とは対照的な引っ込み思案タイプだったからだ。

「ガックリきたのって最初の半年ぐらいだと思う」

 寂しさを乗り越えるのに何が助けになったのだろう。

「やはり人とのつながりです。没イチに大事なことは、ネットワークを作れる力だと思います。蓄えも大事」

 学びも趣味も、何かを始めるにはお金がかかる。再出発の資金ぐらいの蓄えがあったほうがいいという。

■没イチの落とし穴(2) 伴侶と死別したら義理の両親との縁は?

 庄司さんの妻は一人娘で、両親は今も健在だ。姻族関係を終了させる気はない。没後8年以上経った今でも、一人娘を失った義理の両親が庄司さんの暮らすマンションにやってくる。

「最初の2、3年は最低でも月1(月命日)、多いときで週1ペース。最近は遠慮しているのか減りましたが、本当にボクのことを一人息子のように思ってくれています」

 義理の両親と飲みに行くこともしばしば。会うたびに「早く再婚を」と言われるが、本心なのかはわからない。

 夫の生前から、義理の親と一緒に海外旅行をしていたという小谷さんも、夫の家族との関係は続いている。夫没後は、ハワイ旅行も楽しんだ。

 子どもがいない夫婦の場合、伴侶が早くに逝ってしまっても、義理の両親が健在だと、孤独感は和らぐ。

 だが、伴侶と死別後、義理の両親とつきあいたくない場合、「姻族関係終了届」というのを出せば、配偶者の家族との関係を断ち切ることができる(いわゆる死後離婚)。

 離婚と異なり、死別の場合、届けを出さない限り、配偶者の家族との姻族関係は継続される。それが嫌という場合は、相手側の同意なく、いつでも一方的に終了させることができる。そうなると、義理の両親の介護などの責任もなくなる。

 たとえば、「夫の母にはいびられたから、夫亡き後は、もう面倒みたくない」と考えるならば、妻は姻族関係終了届を出せばよい。知っておいて損はない。(本誌・大崎百紀)

※週刊朝日  2019年2月22日号より抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索