「4歳の娘が可愛くない」とSOSを出す母親に、鴻上尚史がまず最初に聞いたこと

「4歳の娘が可愛くない」とSOSを出す母親に、鴻上尚史がまず最初に聞いたこと

 鴻上尚史の人生相談。「4歳の娘が可愛くない、キレそう。いつか手をあげてしまうのでは」と自分を不安がる相談者。苦しむ母親に、鴻上尚史が教える「理屈が通じない理不尽」の経験とは?

【相談19】4歳の娘の我がままに、爆発してキレそうです(41歳 女性 ごんつく)

 4歳の娘がいます。最近、娘が可愛くないのです。というのも、娘が自分勝手で我がままだからです。例えば、お昼はパンが食べたいというからパンを買ってきたら「もう食べれない」、夜はカレーがいいというから作ればやはり「もう食べれない」。そして「ママの料理で好きなものは?」と聞くと「ポテトチップ!」。それは料理じゃない(笑)。私は貴女にどうしてあげたらいいの? と爆発しそうです。言葉遣い悪く言うと「キレそう」です。

 今までずっと、キレもせず、怒鳴ったり手をあげたりもしませんでしたが、そのうちきっと爆発して怒鳴ったり手をあげたりするかも知れません。そうなる前に、鴻上さん、お知恵を貸して下さい。お願いします。

【鴻上さんの答え】
ごんつくさん。本当に大変ですね。ごんつくさんの悩みに、「私もそうなの!」とうなづいている母親は多いと思います。

 相談内容だけですから、ごんつくさんの生活はまったく分かりませんが、4歳の娘さんに対して「最近、娘が可愛くないのです」と書くということは、短時間の細切れ睡眠で苦労した授乳時期や、「魔の2歳のイヤイヤ期」は、なんとか乗り越えたということなんでしょうか。

 そうだとすると、「自分勝手で我がまま」と娘さんに感じるということは、「子育ての苦労」というより「子供とのつきあい方の苦労」ということになります。

 それとも、たまりにたまったストレスが、この時期に爆発しそうになっている、ということでしょうか。

「子供には理屈が通じない」とよく言いますが、0歳からイヤイヤ期までの「理屈の通じなさ」と、ごんつくさんが直面している4歳児以降の「理屈の通じなさ」は、違うんじゃないかと、僕は思っています。

 0歳からイヤイヤ期までは、「理屈が通じないこと」が当たり前の時期です。通じなくて苛立ちますが、諦めも生まれます。通じないことそのものを嘆いても、しょうがないからです。

 でも、4歳児以降だと、相手の振り回す未熟な理屈に、ふっと子供と同じレベルで怒っていたりします。自分で「大人げない」と感じてしまう瞬間です。

 この時期の方が「子供に理屈は通じない」ということの理不尽さは強いと感じます。なまじ、相手が中途半端な理屈を語ろうとするので、余計、怒りが強まるのだと思います。

 赤ん坊の時の方が、じつは理不尽なんですよね。こっちの都合に関係なく、泣いて、お腹空かせて、むずかって。でも、どんなに疲れ切って苛立っても、0歳児の娘を「自分勝手で我がまま」とは思わないんですよね。赤ん坊はそういうものだと思ってますから。

 でも、4歳になって、なまじ言葉が通じ始めると、相手に自分と同じレベルの理屈が通じると思ってしまうのですね。そして、理屈が通じない理不尽を経験するのです。

 でね、ごんつくさん。

「娘にどう接するか」をアドバイスする前に、いくつか確認したいことがあります。

「理屈が通じない」理不尽に直面した時に、それを乗り越えるには、まずエネルギーが必要です。

 そして、エネルギーはちゃんと寝ないと生まれません。ごんつくさん、ちゃんと寝てますか?

 ごんつくさんが働いているのか、シングルマザーなのか、父親がまったく子育てに協力してくれないのか、分かりませんが、まず、ちゃんと寝ることが必要です。

 シングルマザーだとしても、娘さんが一人で4歳なら、それなりに寝られると思います。なによりも、0歳からイヤイヤ期を乗り越えてきたんですから。

 そして、理不尽を乗り越えるためには、ちゃんとした睡眠と共に、精神的余裕が必要です。

 精神的余裕は、まず、ごんつくさんが一人になれる時間を確保しているかどうかです。

 娘さんを預けて、ちゃんと一人になれる時間がありますか? もし、そんな時間がないのなら、公的サポート、家族、友人、民間サービス含めて、なんとか方法を見つけて下さい。

 そして、もうひとつ。精神的余裕は、ごんつくさんの悩みを理解してくれる人と話さないと生まれません。

 僕は演劇の演出家をしていて、理不尽な要求と出合うことがあります。例えば、物語と関係なく、「金と銀のスパンコールのついた真っ赤なドレスを絶対に着たい」なんていう俳優さんの要求です。

 どんな演出にするか、どんな衣裳プランにするか、装置の色はどうするか、なんてことを考える前に、俳優さんの都合で一方的に宣言されるのです。

 ものすごく理不尽ですが、その俳優さんがスターだったりすると、引き受けるしかなくなります。そういう時、一人で悶々としていると、精神衛生上、よくないです。

 こういう時は、プロデューサーとか演出助手とかと「やってられませんねえ」とか「あの俳優さん、こんなことやっていたらやがて仕事なくなるよねえ」とか「もっと理不尽な要求した俳優さん、知ってます」なんて会話をすることで、精神のバランスを保つのです。

 苦労しているのが自分だけじゃないと分かると、人間はなんとかやっていけるのです。

 ごんつくさんには、自分の娘さんの理不尽さを語れる相手はいますか?

 いなければ、すぐにつくりましょう。夫や母親がいなかったり、話せなかったりするなら、話せる誰かを見つけましょう。

 今どきは、ネットで同じような環境、悩みを持つ人と出会うことも簡単になりました。インターネットは、悪い面が強調されがちですが、同じ悩みを持つ人を見つけ出して出会うことを可能にした、とても優れたツールです。

 さて、ごんつくさん。

 まず、ちゃんと寝て、一人の時間を持って、グチや相談ができる相手を見つけて下さい。

 そこから、僕の「子供とのつきあい方」のアドバイスが始まります。

 それは、「子育てをがんばらない」ことです。

 カレーと言われて一生懸命作るから、「もう食べられない」と言われてムカつくのです。

「カレーを一生懸命作っても、また『いらない』と言われるかもしれない」と思ったら、ちゃんと作らなくていいのです。市販のレトルトカレーでごまかしましょう。レトルトカレーを拒否されても、そんなに腹は立たないでしょう。

 一生懸命、よかれと思ってやったことを否定されるから、可愛く思えなくなるのです。

「私は貴女にどうしてあげたらいいの?」と真剣にがんばってしまうから、理屈が通じない時にキレそうになるのです。

 子育ては、「子供を守り、子供の世話をやくこと」ではありません。子育ては、「子供を健康的に自立させること」だと僕は思っています。

 子育てに真面目過ぎるお母さんは、例えば、幼稚園や保育園から帰ってきた子供に、「〜しなさい」「〜をやりなさい」「〜はどうなったの?」「〜はどうだった?」といくつもの命令と質問を数分間に連発します。

 大人でも、音を上げます。営業から戻ってきた部下に、数分の間に、要求と命令を連発する上司みたいなものです。社員はどんどん辞めていくでしょう。

 ごんつくさん。

 安心していいです。未熟な要求を振り回して、理屈になってない理屈を言う時期は、そんなに長くは続きません。今は、「ポテトチップスが一番好きなら、今日のおかずはポテトチップスにしましょう!」ぐらいの軽い気持ちで接することが、娘さんをちゃんと自立に導く道なのです。

 4歳にもなれば、「ポテトチップス」と答えた時に、母親がムッとしているなんてことにも気付きます。そして、母親がそうなることが面白いという感覚も出てくるのです。

 ですから、ごんつくさん。がんばりすぎず、密着しすぎず、距離を取りながら、娘さんのしたいことを見守りましょう。

 もちろん、人間として踏み越えてはいけない一線はあります。それは教えなければいけません。でも、4歳児にとってはそんなに多くないはずです。友達を殴ってはいけないとか、ゴミを道に捨ててはいけないとか、ごはんの前には手を洗おうとか、それぐらいだと思います。

 子供の成長は楽しみですが、子供の成長しか楽しみがない、という状態は問題です。それはお互いを不幸にします。

 ごんつくさんがそういう状態でないのなら、自分の楽しみも追求しながら、がんばりすぎないで、つまりは、うまく家事や子育てを手抜きしながら、娘さんと接して下さい。その方がきっとうまくいくと思います。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索