ステージ4は「手遅れ」ではない! 堀ちえみさんが舌がん公表 よくある誤解を医師が指摘

ステージ4は「手遅れ」ではない! 堀ちえみさんが舌がん公表 よくある誤解を医師が指摘


 タレントの堀ちえみ(52)さんが19日、自身のブログでステージ4の舌がんを患っていることを公表した。22日に受ける手術では、舌の半分以上と、首のリンパに転移した腫瘍を切除する。医師からは、12時間以上かかると伝えられているという。



 堀さんはブログで、

<私は負けません。力いっぱい闘って、必ず戻って来ます。そして再びファンの皆様の前で、歌が歌えるようになりたい。その為にも頑張って、治療に専念させていただきます>

 と、病と闘う決意を示した。

「ステージ4」と聞いて驚いた人も多いと思うが、現代の医学では「ステージ4=手遅れ」というわけではない。厳しい闘病生活になることはたしかだが、がん研有明病院のホームページによると、ステージ4の口腔がん(舌がん)の5年生存率は45%。手術の成功によってステージが下がり、生存率が高まることもある。決して「あきらめること」が必要な病状ではない。

 こういった「がん用語」の誤解は、医師と患者や家族の間でよく起きることだ。現在発売中の週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」では、がん患者や家族が誤解しがちな「がん用語」について、専門家が解説している。そのなかから、「ステージ4」の正しい意味について紹介する。

* * *

「がんが治ると言われたのに、再発した」

「ステージ4と言われた。もうなすすべがない」

 医師からのこうした言葉にショックを受けた、というがん患者の話をよく聞きます。しかし、言葉の意図を医師に確認すると「そんなことは言っていません」ということが多いのも事実です。

 患者の理解が不足する背景には、医師とのコミュニケーションが不十分で「がん用語」に対する誤解を是正できないことがあります。ここでは、「ステージ4、進行がん」について紹介します。

「ステージ4は『末期がん』『手術のできない手遅れのがん』と思い込んでしまう患者さんが多いのですが、それは誤りです」(帝京大学病院腫瘍内科准教授の渡邊清高医師)

 ステージ(病期)とは、がんの進行度をあらわす分類です。最初に発生したがんの大きさや周囲のリンパ節への転移の有無、程度、離れた臓器への転移の有無などから決定します。

 がんの部位や種類によってもステージの基準は異なりますが、固形がんの場合、ステージ0〜1期は病巣の広がりが限定されていて、手術や内視鏡治療などでがんを取りきれることが多いです。こうした治療によって高い確率で治癒が期待できるものを早期がんといいます。なお、ステージは術後の組織検査の結果などにより、変わることもあります。

 進行がんは早期がんを超えて広がったがんのことです。ステージ4はリンパ節や離れた臓器への転移(遠隔転移)を基準とするものが多いです。

■ステージ4でも生きられる

「しかし、医療の進歩により、進行がんで根治を目指した治療ができなくても、がんを縮小させたり、症状を抑えたりしてがんとともに生きていくことが可能になっています」(渡邊医師)

 ステージ別の5年生存率を見ると、どの部位のがんでもステージ4で一定の生存率があることがわかります。

 予後がきびしいといわれている食道がんでは12.4%です。

「これは2007年〜09年の症例から出たデータですので、現在はもっと高いでしょう。ステージ4=死のふちではないことがわかっていただけると思います」(東京女子医科大学病院がんセンター長の林和彦医師)

 生存率が向上している大きな背景に薬物療法の進歩があります。

「ステージ4で遠隔転移がある場合は、薬物療法が中心となりますが、治療によって転移病変のがんが大きく縮小したり、消失したりした場合、手術によってがんを取りきれる可能性が高まります。こうした手術をコンバージョン手術といいます。手術ができる状態になればステージは4から3に下がることが多く、これをダウンステージといいます」(林医師)

■介護保険制度と末期がん

 大腸がんのステージ4はコンバージョン手術によって多くの患者が助かるようになったといいます。

「治療の進歩にともなって、ステージの診断法が変わったものもあります。例えば膵臓がんは、遠隔転移やリンパ節転移がなくても周囲の血管やリンパ管に浸潤しているものはステージ4とされ、手術の適応とはなりませんでした。しかし、放射線や薬物療法により、腫瘍が小さくなると手術ができることがわかってきたため、新しいガイドラインではこうした段階のものはステージ3に変更されています」(林医師)

 こうした背景から医療現場ではもう「末期がん」という言葉は使われなくなっています。ただし、介護保険制度の手続きにおいては、使用されることがあります。

 実は40歳以上65歳未満の人ががんで介護保険制度を使う場合、対象は「がんの末期にあたる人」と定められているのです。

 ここでいうがんの末期の定義は、「治癒を目指した治療に反応せず、進行性かつ治癒困難または治癒が不可能な状態で、おおむね余命が6カ月程度」とされ、診断基準にしたがって、医師が判断します。

「しかし、余命については、あくまでもデータから提示されるがんの予後を示しているにすぎません。つまり、ここで使う『がんの末期』は便宜上のものだととらえてください」(林医師)

◯取材協力
東京女子医科大学病院がんセンター長化学療法・緩和ケア科教授
林 和彦医師

帝京大学病院腫瘍内科准教授
渡邊清高医師

(文/狩生聖子)

※週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」から抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索