鉄道撮影お悩み相談! 京王線の撮影スポット質問に、写真家の意外すぎる回答とは?

鉄道撮影お悩み相談! 京王線の撮影スポット質問に、写真家の意外すぎる回答とは?

 撮影地探し、薄暗い時間の撮影、構図、撮影モード……鉄道情報サイト「鉄道コム」で募集した鉄道撮影の悩みや疑問の数々に、櫻井寛と助川康史の二人の人気鉄道写真家がガチンコで答えます! 初歩的な質問が多いなどと侮るなかれ。実は奥深いテクニックが満載なのだ。「アサヒカメラ」2月号から鉄道写真対談をお届けする。



*  *  *
■Q 京王線でいちばん撮りやすいスポットはどこですか?(東京都・松尾和輝さん)

櫻井:自分で探してください(笑)。いや、これが正しい答えだと思うんです。他人に聞いたり、インターネットで検索したりしてほしくないですね。「○○線の撮影地」と検索すると、すぐ出てくるじゃないですか。「他人が撮ったところで撮って何が面白いの?」と言いたいです。

助川:撮影地を見つける楽しみがありますよね。

櫻井:あえて言うと笹塚です。

助川:言っちゃった!(笑)

櫻井:今の季節なら夕日が落ちる富士山と一緒に撮れます。

助川:京王相模原線の永山のほうもいいですよね。

櫻井:いい撮影場所を探すにはまず電車に乗ることです。

助川:先頭車両の前にかぶりついて乗るとか。

櫻井:僕は太陽光線の具合によって、前や後ろに移動したり、途中で降りたり、引き返したりします。

助川:自分が気にするのは電柱と遮断機の位置関係。車内から見て、電柱が遮断機の内側にあると邪魔になりますね。古い踏切だとたまに遮断機が電柱の内側にあって、きれいに抜けた絵が撮れます。あと展望台や山があれば登る。もちろんマナーを守って、です。

櫻井:京王線といえば井の頭線もいいですよ。ローカルな写真が撮れます。

助川:高尾山口の近くもいいですよね。終日逆光ですけど、風景的に撮れますね。

櫻井:蕎麦もうまいし、京王動物園線もいいですよ。ラッピング電車がかわいいですよ。

――これ(上記)が質問者の写真です。

櫻井:京王線ならではの情緒感が欲しいですね。富士山や多摩川とか。多摩川の鉄橋はすごくいいですよ。

助川:あそこは朝から日が沈むまで撮れますよね。

■Q プロはどのようにして撮影ポイントを探すのですか?(福岡県・Mr.hiroさん)

櫻井:自分の足と目ですね。車で行っても止めて歩くべきです。ちゃんとした駐車場に車を入れて、ですよ。

助川:この間も近鉄奈良線を撮りに行ったんですが、駐車場がなかったので、地主さんを探して止めさせてもらいました。近くの農家の方に「この土地、おじさんのですか?」と聞いたら「あそこの家が地主だ」と。あいさつに行ったら「おまえみたいなやつは初めてだ」と言われました。大切なのはコミュニケーションですもんね。三脚を置く場合もそうですが。

櫻井:アサヒカメラ2月号の記事でも触れたんですが、海外では三脚を使う人はほとんど見かけないですよね。スイスの保存鉄道では線路脇で撮れるので、むしろ三脚は立てられません。海外との大きな違いは、日本はとにかく「鉄っちゃん」が多いこと。蒸気機関車を撮った際、海外では5m間隔で1列に撮影者がいるのですが、日本だと3列で後ろは脚立(笑)。

助川:日本だと電柱と電柱の間からしか撮れないこともありますからね。線路際に住宅があったりすると撮影ポイントが限られてくるんですよね。

櫻井:日本では密集しているだけに手持ちで撮影するテクニックが必要だと思います。そういうときはなるべく小型のカメラで。受け入れてもらいやすいですよ。

助川:逆に僕は三脚派なんですよ(笑)。構図が0.5mmでもズレるのも、シャッターを押してグッと下がるのもダメ。これはウチの事務所の「教え」なんです。

櫻井:僕は木村伊兵衛派なんで、なるべく軽い小型のカメラを使って手持ちで撮ります。

助川:まったく違う撮り方ですよね。自分は堅めです。

櫻井:土門拳派だ。

助川:どっちも正解なんです。スタイルの違いで。

櫻井:ちなみにプロ写真家は仕事を依頼されることが多いので、おのずと情報を得られることもあります。

助川:一般の方はとにかく友達を作るべきでしょう。友達100人できるかな(笑)。真面目な話、どこからか得た情報に接することもあるでしょうし、情報共有は大切です。コミュニケーションはしっかり取りましょう。

――そういえば、お二人もよく喋りますよね。

櫻井:それはいい写真を撮るためです。

助川:誰かが言っていましたが、自分の世界を表現するのに寡黙な人はいないと。

櫻井:寡黙なのは原稿を書くときだけですよ。

■Q 薄暗い時間の撮影でのブレ防止対処法は?(埼玉県・E233K市民さん)

助川:写真を見るとオートで撮っている可能性が高いですね。手ブレしないシャッター速度で、なるべくピントが合う被写界深度になっているのではないかと。マニュアルが難しいなら「シャッター速度優先」で撮るとか。

櫻井:どんなに暗くても止める方法はあるので、もっと研究してみては?

助川:まず、感度を上げる。

櫻井:これで車両が止まっていたら普通の写真です。疾走感もあっていいブレ具合です。

助川:他の電車と並走しているのもいいと思いますね。ちなみに望遠にするとゆっくり見えるので多少はシャッター速度を稼げます。

櫻井:暗いなら暗いなりに撮ったほうがいいと思います。あえて明るく撮る必要はないでしょう。

助川:質問を見ていると、若い人ほど車体をはっきり見せる編成写真を撮りたがっている気がします。そうなると、いいボディーとレンズの出番。子どもだったらお年玉をためる、学生だったらアルバイトする。

櫻井:重要なことですよ。

■Q 鉄道と風景を撮る際の構図をどう決めていますか?(オートさん)

助川:まず、自分がどういう風景を撮りたいかの全体像を考えます。「日の丸4面構図」と言っていますが、画面を4分割してそれぞれの真ん中に列車を置くと、いいバランスになりやすい。どれか一つに電車を入れたら、後の3つのゾーンに風景とか、空気感を入れ込む。全体を見ること。電柱があろうが何だろうが、まず全体図を見て撮ります。

■Q オススメのピクチャーコントロールは?(白銀6000さん)

助川:ビビッドです。

櫻井:僕はスタンダード。ホワイトバランスは太陽光がほとんど。

助川:曇っていても、夜になるまでは自分も太陽光ですね。

櫻井:車内撮影だけはオートにしていますよ。

助川:車両によって変えることもあります。先日、晴天時の山陰(やまかげ)で「ななつ星」を撮ったんです。あの車体って青っぽく反射するじゃないですか。

櫻井:「ななつ星」は難しいなんてもんじゃない。

助川:そこであえて曇天を選びました。車体の反射する部分の色温度が高くなりがちで青っぽく写るので、古代漆色を出そうと少しでも赤みを出すために。

櫻井:デザイナーの水戸岡鋭治さんが手がけた車両はみんな撮りにくいんです(笑)。撮りやすいのは、真っ白な特急「ソニック」と黄色のキハ125など、誰でもわかる原色を使っている車両ぐらい。

助川:特急「かわせみ やませみ」も難しいですね。

櫻井:なかでも「ななつ星」は極端に難しい。「瑞風」よりも。「四季島」が比較的撮りやすいかもしれません。

助川:そのためにもピクチャーコントロールはとりあえずスタンダードがいいかもしれませんね。(笑)

■Q オススメの撮影モードは?(宮城県・仙センの485さん)

助川:この写真、いいじゃないですか。

櫻井:僕は「絞り優先」です。

助川:自分は普段マニュアルで、時々「シャッター速度優先」です。シャッター速度優先は車窓からの風景を撮るときに使います。海沿いになったり、林の間を抜けたりと露出が目まぐるしく変わるとマニュアルでは大変。シャッター速度を1/60〜1/125秒にしておけば、手前が流れて奥はピントが合い、疾走感も出ます。カメラの露出計は、たとえば暗めの色を明るく補正しようとするから、絞り優先だと黒いSLが急に来たときに、シャッター速度が遅くなりがちです。シャッター速度は変えずに絞りで明るさを調整していますね。

櫻井:P(プログラムオート)以外ならいいんじゃないですか。研究してみましょうよ。

助川:そういえば「PはプログラムではなくプロのPだ」と言った人もいました。(笑)

■Q 撮影後の加工(トリミング、色調補正)は行いますか?(埼玉県・国道楽さん)

櫻井:よほど消したいものが写った場合を除けばトリミングはしません。画面内で勝負したいですから。

助川:まったく同意見です。まず、フレーミングの良さはプロとしての矜持。色調補正はやります。

櫻井:僕もやりますね。

助川:「カメラが表現した色」と「僕が表現したい色」は同じではありませんから。フィルムの時代に覆い焼きとかやっていましたよね。

櫻井:そうそう、そのレベルですね。

助川:トリミングは必要だと思ったらやったほうがいい。次への反省につながりますから。一回一回学習すればいいんです。ちなみに、トリミングされた作品は画像の状態でわかりますよね。

櫻井:わかる、わかる。(笑)

助川:あと気をつけてほしいのは色味。最近、コンテストなどの写真の色味が派手になっていますよね。

櫻井:増えたよね、本当に。

助川:先日、南海電鉄の特急「ラピート」の写真を見たのですが、紺色の車体が紫色になっていたんです。しかも色が浮いている。自然なトーンや滑らかな階調が保たれているかどうか、ヒストグラムを見て滑らかなカーブを描いているかどうか、ちゃんと確認したほうがいいと思います。

◯櫻井 寛/さくらい・かん
1954年、長野県生まれ。鉄道員にあこがれ昭和鉄道高校に入学したが、在学中に鉄道写真にみせられ、日本大学芸術学部写真学科に進む。卒業後、出版社写真部勤務を経て、90年にフォトジャーナリストとして独立。93年、陸路海路のみで88日間世界一周。94年、『鉄道世界夢紀行』で第19回交通図書賞を受賞。近著『ぞっこん鉄道今昔』(朝日新聞出版)など著書多数。日本写真家協会会員、東京交通短期大学客員教授。

◯助川康史/すけがわ・やすふみ
1975年生まれ。秋田経済法科大学法学部卒業。東京ビジュアルアーツ写真学科卒業後、鉄道写真家の真島満秀氏に師事。鉄道車両が持つ魅力だけでなく、鉄道をとりまく風土やそこに生きる人々の美しさを伝えることをモットーに日本各地の線路際をカメラを手に奮闘中。「鉄道ジャーナル」「鉄道ダイヤ情報」などの鉄道趣味誌や旅行誌の取材をはじめ、「JTB時刻表」「JR時刻表」の表紙写真を手がける。日本鉄道写真作家協会理事。

(聞き手・文/佐々木広人 取材協力/鉄道コム)

※「アサヒカメラ」2月号から抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索