かつてハワイに麻疹の免疫があったら、米国ではなくイギリス連邦になっていた!?

かつてハワイに麻疹の免疫があったら、米国ではなくイギリス連邦になっていた!?

『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回は、カメハメハ1世(大王)が建国したハワイ王国の二代目の王であるカメハメハ2世を「診断」する。

*  *  *
 ゴールデンウィーク10連休は、海外に行かれる人も多いだろう。一つだけご注意は感染症。持ち込みも持ち出しもご法度である。

 筆者が初めて外国に行ったのは40年前、大学1年夏休みハワイ大学主催の夏期セミナーだった。寮の隣室は後の解剖学教授、向かいの部屋が後の心臓血管外科教授という、今にして思えば後年、勤務先の教授会をリードする方々だった。英語が得意でなかった(現在も苦手な)筆者は、現地学生やハワイ大学の先生方とのコミュニケーションは先輩方に任せてキャンパスや路地裏探索を主たる業としていた。鮮明に覚えているのは、ダウンタウンにある博物館の中庭にあったハワイ王国の初代カメハメハ大王の銅像である。たくましい半裸体に古代スパルタ戦士のような飾り兜を被った大王の写真が家のどこかにあるはずで、色あせる前にデジタル化しなければいけないと思いながらもそのままになっている。

■麻疹の免疫がなかったカメハメハ2世夫妻

 さて、カメハメハ大王はハワイ島の酋長から身をおこし、一代でハワイ諸島を統一した英雄だが、西洋諸国との協調を晩年の課題とした。そのために大王の後を継いだ長男のカメハメハ2世(1797−1824)は、友好条約締結のためカママラ王妃とともに英国に渡ることになる。ブラジル経由の6カ月にわたる長旅の後、ロンドンで英国王ジョージ4世に会見、グロスター公や外務大臣カニンガム卿ら貴顕紳士(きけんしんし)の主催する夜会の人気者になったが、そこで麻疹(はしか)に罹患し、二人とも急逝してしまう。

 19世紀当時、英国ではすでに何度も麻疹の流行がおきていたが、南太平洋地域には麻疹がなく、免疫のない若き国王夫妻はひとたまりもなかった。親英的なカメハメハ2世の死により、ハワイは英国とは距離を保った政治的独立(のちに米国に併合)の道を歩む。建国当初のハワイ王国の国旗にはオーストラリアやニュージーランド同様、左上にユニオンジャックが翻っており、国王カメハメハ2世に麻疹の免疫があれば今日、ハワイが英連邦の一つとなっていた可能性がある。カメハメハ2世の死後24年経って、欧米諸国との交易が盛んになったハワイ王国(そのときは弟のカメハメハ3世の治世)に麻疹が上陸し、多数の犠牲者が出ている。

■欧米で感染者が爆発的に増加

 ヒトのみを自然宿主とする麻疹ウイルスは、風邪の原因のひとつであるRSウイルスやおたふくかぜの原因のムンプスウイルスに近縁のRNAウイルスである。空気感染によって呼吸器から感染し、リンパ節、脾臓(ひぞう)、胸腺など全身のリンパ組織を中心に増殖するので強い免疫抑制作用がある。小児期に発症した麻疹は多くの場合、発疹と発熱が主な症状で比較的軽症であるが、まれに肺炎や脳炎を来たし、生命にかかわることがある。成人の場合にはカメハメハ2世のように重症化するリスクが高まる。

 全世界では年間に50〜100万人が罹患し、十数万人が命を落としている。特に今年になって、先進国である欧米を中心に感染者が爆発的に増加している。麻疹には感染と発症をほぼ完全に予防できる優れたワクチンがあるが、接種率が下がっているのが問題である。2000年に、予防接種によりはしかを根絶したと宣言した米国でも、ワクチン接種者が減ったことから今年になって患者が急増。麻疹・おたふく風邪・風疹混合ワクチンの接種を受けない場合、最大1000ドルの罰金が科されると報道されている。

■東京五輪に向けてワクチンへの理解を

 他の感染症同様、麻疹ワクチンも一定頻度で副反応が出現することは避けがたい。だが、これを薬害とする一部の報道には危惧を覚える。

 WHO(世界保健機関)では、2019年の「全世界における十の健康問題」で、「ワクチン忌避」を取り上げている。先に述べた肺炎や脳炎で急性期に死亡する患者さんの他にも、麻疹感染後、数年を経て発症するSSPE(亜急性硬化性全脳炎)では、徐々に進行する神経障害を来たし、有効な治療法もない。麻疹は天然痘同様にヒトのみが宿主で、他の動物には感染しないので原理的には全世界の感染可能な人々を免疫することで根絶が可能である。

 我が国においても2020年のオリンピックに向けて外国からの観光旅行者を迎えるうえで、積極的なワクチンの普及が必要であろう。

◯早川 智(はやかわ・さとし)
1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索