なぜいま、吃音が注目されているのか? 100人に1人が該当、隠そうとする人が抱える苦悩

なぜいま、吃音が注目されているのか? 100人に1人が該当、隠そうとする人が抱える苦悩

 医学的には「言語の流暢(りゅうちょう)性障害」と定義される症状・吃音(きつおん)。タイプはさまざまだが、言おうとする言葉の頭の部分を繰り返してしまう「連発(繰り返し)」の症状が一般に知られている。しかし、実は成人の100人に1人が吃音当事者であることはあまり知られていない。そんな吃音に関連した映画や本が相次いで刊行されている。そこで描かれる困難や苦悩にはどういったものがあるのだろうか。吃音をもった高校生の青春映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の監修者である、国立成育医療研究センター・耳鼻咽喉科の富里周太医師に、「混同しがちな二つの悩み」について聞いた。

*  *  *
 2011年アカデミー賞で4部門を受賞した「英国王のスピーチ」は、1936年から在位したイギリス国王・ジョージ6世が、吃音をどうやって克服していくかを描いた映画だ。富里周太医師は、「これが大きなターニングポイントだったという印象があります」という。

 その後、書籍では伊藤亜紗著『どもる体』や近藤雄生著『吃音 伝えられないもどかしさ』、「吃音ドクター」として著書も多い菊池良和著『吃音の世界』など、一般向けの吃音の本が相次いで刊行されている。医学書や養育のための専門書などでは以前から扱われていた題材だが、これだけ一般向けの本が出てくるのは、これまでになかったことだ。

 昨年には、そんな吃音に悩む人の苦悩を描いた青春映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」が公開された。吃音をもった高校生の少女・大島志乃が、吃音で自分の名前が言えないことを周りに笑われ孤立するも、同じくクラスに溶け込めない少女・岡崎加代とバンドを組み、音楽活動を始めるというストーリーだ。12年に単行本化された同名の漫画を原作としている。

 なぜ吃音は、近年になってこれほど注目されてきたのだろうか? 同映画で吃音監修をつとめた富里医師は、「若い思春期の苦悩の象徴として描きやすく、物語性があるのではないか」と分析する。そしてその上で、こうした吃音のような「生きづらさ」を抱えた人たちへの社会の目線が変わったことも大きいのではないか、と指摘している。

 例えばここ数年、発達障害という言葉が社会に浸透してきた。軽度のため、そのことを自覚できないまま社会とのずれに苦しんでいる当事者も多く、徐々に認知度が上がっている。また、発達障害はそのうちの一例だが、16年4月には障害者差別解消法も施行され、各所で合理的配慮が求められるようになった。

「見えない障害、という言い方が正しいのかわかりませんが、そういうものに社会が注目してきたというのも大きいと思います。社会の理解が進み、見えていないけども困っている人がいるのだなと。そう考えると、吃音の100人に1人というのはかなりの有病率ですから、共感を呼びやすいのかもしれません」(富里医師)

 そもそも吃音は、はっきりとした原因がわかっておらず、いまだに謎に包まれた部分が多い。したがって明確な治療の手立てもできていない。言語聴覚士による言語療法(訓練)は施されるが、「成人の吃音はゼロにすることはできない」と富里医師はいう。歴史的にも、吃音の矯正所などが建てられ、多くの人が治療を試みてきたが、その積み重ねが実を結ぶことはなかった。

 しかし1976年、吃音との闘いに転機が訪れる。「治すのではなく、どもっても、思ったことをしゃべろうよ」――そんな声明を、吃音当事者の団体が採択した。日本最大の当事者団体・言友会の「吃音者宣言」だ。それ以降、吃音は言語や体の問題ではなく、いかにして吃音とともに生きていくか、という心理的なアプローチから検討されてきた。

 実際、吃音当事者は心理的な困難に直面することが多い。たとえば、舞台に立って発表するのを避けがちになったり、電話で自分の名前を言うのが怖くなってしまったりする。理由は、自分が吃音でつまってしまったときの周りの反応が怖いからだ。過去の嫌な経験が、話すという体験に歯止めをかけてしまう。

 だからこそ、決して簡単な道のりではないが、言葉につまりながらも楽しく話ができたという体験を積んでいくことがなによりも大事だと富里医師は言う。

 ただ難しいのは、その一方で吃音それ自体に悩んでいる人だ。そもそも吃音の悩みは、(1)吃音を避けようとすることで困難を感じている、(2)吃音があるということ自体に困難を感じている、この二つがあるが、両者を区別できる人はあまりおらず、混同してしまうことがある。そして後者の悩みの割合が大きい人に対しては、「どもっても話しましょう」というアプローチだけでは難しい部分がある。

「普段は普通に話せている人でも、吃音を持っているということで悩む人もいます。たとえ周りの理解が得られたとしても自分が自分を許せない、コンプレックスになっているという人もいるでしょう。しかし言葉はあくまで道具です。ですからそういった患者さんには、道具の修理ばかりするよりも、修理できた範囲で道具をどう使うかが大事ですよ、とお伝えしています」(富里医師)

 では、実際に吃音で困っている人はどこに行けばいいのか。

 子どもの場合はかかりつけの小児科や療育センターが窓口になるが、一度電話をして吃音を診てくれるかどうかを問い合わせてから受診するのが望ましい。大人の場合は、前述した日本最大の吃音当事者団体・言友会が頼りになると、自身も言友会の会員である富里医師は言う。「特定非営利活動法人全国言友会連絡協議会」のホームページから、地域別の言友会を確認することができる。

 映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」のキャッチコピーは、「伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。」。

 話し方にこだわらず、「どもっても、思ったことをしゃべろうよ」となる社会が、徐々に近づいているのかもしれない。(文/白石圭)

◯富里周太(とみさと・しゅうた)医師/国立成育医療研究センター・耳鼻咽喉科。映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」吃音監修。

○特定非営利活動法人 全国言友会連絡協議会
(全国の地域別の言友会のリンク集)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索