中学受験で英語入試が主流化 2020年教育改革で現場はこうなる

中学受験で英語入試が主流化 2020年教育改革で現場はこうなる

 大学入試改革、小学校3年生からの英語必修化など、2020年度は教育が大きく変わる。現場の学校や受験はどんな影響を受けるのか。私立小学校、中学受験、大学受験の3つの視点から、専門家に予測を聞いた。「AERA English 特別号 英語に強くなる小学校選び2020」(朝日新聞出版)からお届けする。

*  *  *
■私立小学校=英語の授業数が増える

 私立小学校や一貫校の英語教育のコンサルティングをするジャパンリード株式会社の安本真樹さん。教育改革を受けて私立小学校も変化するだろうと予測する。

「英語教育を特色にうたっている私立小は少なくありませんが、公立小で英語が教科化されることや時流を受けて、高度な英語力を身につけられることを掲げる学校はさらに増えるでしょう。公立以上の効果をあげるために、英語の時間を増やす学校も少なからず出てくると思います。しかしイベントやほかの科目を削るわけにはいかないし……となると、全体の授業時数やコマ数を増やさざるを得ない状況と言えます。また、いかに自宅での学習を充実させられるかが今後の課題でしょう」

 もうひとつ考えられる変化は、第二外国語の習得だ。

「一部の私立中学・高校で中国語やフランス語など、第二外国語を学べる学校が増えていて、今後小学校でも導入される可能性があります。特色ある外国語教育を模索する流れも出てくるかもしれませんね」

■中学受験=入試の多様化がぐっと進み、英語受験校も激増

「ここ数年の中学受験の変化は目をみはるものがあります」と語るのは、首都圏模試センター・北一成さん。

「従来の国算理社4教科受験型から、算数1科で受験できたり、2科選択して受験できたりするケースが増えています。全教科まんべんなくできる必要はなく、得意科目で勝負できる学校が増えています」

 2019年度の入試で目立ったのは英語選択入試の学校が増えたこと。

「首都圏で14年にはわずか15校だったのが、19年は125校にまで増加しました。名門校・慶應湘南藤沢中が英語入試を新設したことや、小学校英語教科化が後押しして、今後さらに 増加していくでしょう」

 思考力や自己アピール力などを見る新型入試も増えている。

「小学生の過剰な受験勉強に疑問を持つ層が新たな入試方法や教育を行う学校に関心を寄せているようです。従来の偏差値偏重からいち早く脱し、新しいものさしでの学校選びが始まっています」

■大学受験=文系学部でも入試で数学が必要に!?

 大学入試はセンター試験が廃止になり、2020年度から「大学入学共通テスト」が導入される。英語については、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を測る民間試験のいずれかを受け、スコアを提出することになる。非常に大きな変化が起きるように見えるが、大学通信・安田賢治さんは「そんなに変わらないし、そんなに恐れることではありません」と語る。

「試験での“問われ方”は変わるでしょう。記述式の問題も増えます。しかし一定の知識や学習が必要なことは、これまでと変わりありません」

 小学校ではプログラミングが必修化されるが、大学受験では数学を重要視する動きがすでに出ている。

「早稲田大学政治経済学部で数学が必須となったことは大きなインパクトがありました。文系学部でも数字やデータを活用することや論理的思考力が求められています。時代の流れを考えると当然ですが、この流れは今後、要注目です」

(文/岡田慶子)

※「AERA English 特別号 英語に強くなる小学校選び2020」から抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索