男女ともに1位は「後ろからシートを蹴る」 公共交通機関のマナー、どこまで許せる? 

男女ともに1位は「後ろからシートを蹴る」 公共交通機関のマナー、どこまで許せる? 

 夏休みシーズンもまもなく終わる。今年は台風10号の直撃で交通網が乱れた地域もあり、帰省ラッシュに影響を受けた方も多かったことだろう。ただ、こうした混雑の多い時期に限らず、近年は電車やバス、航空機における乗客のマナーやトラブルの話題が絶えない。先日、誰もが気になる「公共交通機関のマナー」について、最新の調査結果が発表された。(旅行サイト「エアトリ」調べ/調査対象の公共交通機関はバス・電車・新幹線・飛行機)



*  *  *
■公共交通機関で迷惑行為を感じる人は多い

 公共交通機関の利用時に「周囲の人の行為に迷惑だと感じたことはあるか」という問いには、バス・電車・新幹線・飛行機のすべてで過半数の人が「とても迷惑だと感じた」または「少し迷惑だと感じた」を選んだ。

「とても迷惑だと感じた」を選んだ人が最も多かったのは「電車」で、次に多かった「飛行機」よりも16ポイント以上もの差が開く結果となった。

 また、すべての乗り物で「迷惑だと感じた」を選んだのは女性の方が多く、男性よりも女性の方が、公共交通機関でのマナーに敏感であることが分かった。

■ちょっとしたひと言がトラブルを防ぐ

 続いて「バス・電車・新幹線・飛行機のそれぞれで、他人の行為に迷惑だと感じたことがある」と回答した人に、「どんな行為に迷惑だと感じたか」を尋ねると、バスと電車では「座席の座り方」について迷惑だと感じる人が最も多いという結果に。

 席に座る際に足を広げる、足を組む、という行為や、荷物の置き場所に気を付けるといったことはもちろんだが、優先席の譲り合いにも注意する必要があるだろう。

【バス・電車の迷惑行為TOP3】
1位○座席の座り方(72.8%)
2位○大声での会話(58.5%)
3位○携帯電話の通話(56.3%)

【新幹線・飛行機の迷惑行為TOP3】
1位○大声での会話(52.7%)
2位○過度なリクライニング(42.1%)
3位○後ろからシートを蹴る(40.2%)

 また、利用時間が比較的長い新幹線や飛行機では、ゆったりと過ごせるように座席のリクライニングを倒す人も多いが、たびたび議論となる「リクライニング問題」については、やはり大多数の人が迷惑に感じているようだ。このアンケート結果について、トラベルライターの植村誠氏はこう話す。

「リクライニングの使用や車内の会話などについては、確かに私自身も不快に思うことがあります。新幹線は普通車でも広めの座席間隔を設けている車両も多いため、前列席のリクライニングによる圧迫感はそれほどではないかもしれませんが、座席を倒す際にひとこと声をかけてみることで、だいぶ雰囲気は変わるのではないでしょうか」

 植村さんも「マナーの問題は、その多くの場面でちょっとした気遣いやコミュニケーションができれば解決できるケースが多い」と話すが、ほかにも「過度の香水類やおつまみなどの臭いが苦手な人も多いのでは」という。

「あるとき、途中駅から新幹線電車に乗り込んで指定された窓側の席に行ったところ、通路側の先客がすでに“できあがって”いるご様子だっただけでなく、前テーブルに広げられたアルコールやつまみの臭いに辟易し、延々と通路を歩いて自由席に避難したこともありました」(植村さん)

 先の回答では、女性のほうがマナーには敏感であるという結果が出たが「迷惑行為に対して注意をしたことがあるか」という質問に対して「ある」と回答した人は、女性よりも男性の方が多いという結果となった。近年はSNSを使った投稿も目立つが、迷惑行為の注意が事件に発展するケースも増えている。

 例えば、ヘッドフォンの音漏れは、本人が気づいていないだけという場合も考えられなくはない。注意する場合は柔らかい口調で伝えるといった対応をとるほうが、トラブルを回避できるはずだ。また「騒音」で賛否が分かれそうなものには「ノートPCの使用音」があるだろう。

「これは仕事などでやむを得ないこともありそうですし、禁止されてはいませんので、私も苦情の類を発することはしません。ただ、航空機の窓側2列席の通路側で延々とキーボードを叩いている人に対し、閉じ込められた形になっている窓側の人が複雑な表情を浮かべていたケースには、複数回遭遇しています。そもそも航空機や鉄道車両では電源付きを売りにしていることが多いのですが、やはり使う側の配慮は必要でしょう」(植村さん)

■「後ろからシートを蹴る」が第1位

「公共交通機関での各行為について許せる・許せない」は以下の通り。

【男性の「許せない」TOP3】
1位○後ろからシートを蹴る(95.4%)
2位○ゴミを放置する(93.7%)
3位○声での会話(85.8%)

【男性の「許せる」TOP3】
1位○靴を脱ぐ(80.8%)
2位○車内での飲食(72.6%)
3位○混雑した車内での読書(71.5%)

【女性の「許せない」TOP3】
1位○後ろからシートを蹴る(96.5%)
2位○ゴミを放置する(94.5%)
3位○泥酔状態での乗車(88.6%)

【女性の「許せる」TOP3】
1位○座席を間違える(78.9%)
2位○混雑した車内での読書(76.7%)
3位○靴を脱ぐ(75.2%)

 今回の調査では、男女ともに「最も許せない行為」は「後ろからシートを蹴る」、続く2位も男女同じく「ゴミを放置する」という結果となった。

「ゴミの放置は論外ですよね(笑)。以前、小学校低学年ぐらいの男の子があれこれと飲食をしながら、ゴミを散らかしたまま降りていった場面に遭遇しました。母親らしき女性が一緒にいたのですが……。わざわざ追いかけて注意する気にもなりませんでした」(植村さん)

「ゴミを放置する」行為は話にもならないが、それよりも意外に感じたのは「後ろからシートを蹴られた」という回答が圧倒的に多かったことだ。これについては、席を立ったり足を組み替えたりした際に当たってしまっただけ、という可能性もないとはいえない。しかし、1回目は「たまたまかな」と思っても、2度、3度と続いたら……後ろから蹴られて不快になるのは当然だが、注意する場合は売り言葉に買い言葉とならぬよう、きつい表現は避けたいところだ。

「私も席を立つ際に、ほかの人の座席や脚などに身体や荷物が接触してしまったことはあります。そういうときは、ひとこと『すみません』。よほどのめぐり合わせの悪さでもなければ、『ウッカリぶつかっただけ』であることは相手に伝わるものでしょう」(植村さん)

 このような利用者の多い電車や新幹線で起こりがちな、想定内ともいえるトラブルはもちろん未然に防ぐにこしたことはないが、植村さんによると、最近は航空機のエコノミークラスでも、リクライングを巡るいざこざが目立つという。
 
「とりわけ、LCC(ローコストキャリア)では座席の間隔が狭い航空会社も多く『狭い座席はお互いさま』なのに、当然のようにリクライニングを倒す人が多い印象です。あくまで個人的な感覚に過ぎませんが、中長距離の夜行便などはともかく、2〜3時間程度のフライトだと『本当にリクライニングがしたくて座席を倒しているのかな?』といった、うがった見方をしてしまうこともありますね」(植村さん)

 ここまでの質問は「自分が受けたマナー違反・迷惑行為」に関してのものだが、逆に「公共交通機関を利用する際に、周囲の人に迷惑をかけないように意識しているか」という問いに対しては、9割以上の人が「意識している」と回答している。さらに「周りの人にしてもらって嬉しかった事や心温まった行為はあるか」という質問では、半数以上の人が「はい」と答えた。
 
「先日も大きなニュースとなった『あおり運転』ではドライブレコーダーが活躍しましたが、鉄道の一部でも、痴漢対策などを巡り車内への監視カメラの導入が進められています。ほんの小さなミスや少しの不注意は、誰にでも起こりえることですが、それが周囲にどう取られているのかまでは分かりません。でも、それが些細な出来事であっても、映像として記録されることが、本当に乗客のためになるのでしょうか。私自身もそうですが、監視や罰則という以前に、互いを思いやる気持を意識し合うことで、少しずつでもマナーの向上が期待できるのではないかと信じています」(植村さん)

 今回のアンケートでは「体調が悪い時に助けてもらった」「降りる際、通れるよう詰めて空間を開けてくれた」といった、他者への感謝も寄せられている。ただし、先に述べたように9割近くが「意識」をしていても、迷惑行為が決してゼロになることはない。

 夏の疲れが抜けず、つい気が立つことも増えそうなこの時期だけに、今一度「自分にも他人にも気分を害する行為」について、考えてみるのはいかがだろうか。

(AERA dot.編集部)

○調査概要
調査タイトル:「公共交通機関のマナー」に関するアンケート調査
調査対象:10代〜70代の男女1,133名
調査期間:2019年7月23日〜7月26日
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索