目が覚めたら病院のベッドに… 糖尿病患者「血糖値下げすぎ」の恐怖

目が覚めたら病院のベッドに… 糖尿病患者「血糖値下げすぎ」の恐怖

 11月14日は、国際糖尿病連合とWHO(世界保健機関)が制定した世界糖尿病デー。日本には約1000万人の糖尿病患者がいると推計されています(厚生労働省、平成28年「国民健康・栄養調査」)。

 現在、糖尿病患者が血糖値を下げるには、血糖を処理するホルモン・インスリンの注射や、インスリンの分泌を促す薬・SU薬を使うなどの方法があります。しかし、こうした血糖コントロールに失敗して血糖値が必要以上に下がってしまった場合、意識障害を起こしたり、脳に重大な障害を残したりする可能性があることをご存じでしょうか。

 この症状「重症低血糖」に関して、製薬会社の日本イーライリリーがおこなった調査で明らかになったのは、糖尿病患者の75%が重症低血糖について知らないという実態でした。

*  *  *
 重症低血糖の症状としては、意識がもうろうとしたり、体がけいれんを起こしたり、麻痺したり、昏睡状態に陥ったりといったことが挙げられます。数値的には、血糖値が50mg/dL以下になると重症低血糖と呼ばれます。日本糖尿病学会は、国内で重症低血糖患者の救急搬送が年間約2万件発生していると推計しています(「糖尿病治療に関連した重症低血糖の調査委員会報告」)。

 通常、こうしたことになる前に、眠気、動悸、汗をかくなどの警告症状(交感神経症状)が起きるものです。しかし一部の人は、この血糖値低下を示すサインを感じることなく、突然、重症低血糖を発症してしまうことがあります。これを無自覚性低血糖といい、昏睡してしまった場合には「目が覚めたら病院のベッドにいた」という事態さえ起こります。日本イーライリリーの調査では、重症低血糖の経験がある人のうち6割が、この無自覚性低血糖に自分が当てはまると回答しました。

 重症低血糖の患者は、意識障害に陥ったあと第三者によって発見され、搬送先の病院で点滴を受けるという経過をたどることが一般的です。しかし人のいる場所ならまだしも、もし周りに人がいない状況で突然、無自覚性低血糖に陥ると危険です。適切な対応が遅れると意識障害などの後遺症や、命にかかわる危険性も生じます。にもかかわらず、同調査では糖尿病患者の75%が重症低血糖について知らないと回答しました。

 いったいなぜこのような状況にあるのでしょうか。

 この結果が発表されたプレスセミナー(10月29日開催)に登壇した岩倉敏夫医師(神戸市立医療センター中央市民病院糖尿病・内分泌内科医長)は、重症低血糖の認知度の低さについて、治療法の違いが関係していると話します。

「神戸市立医療センター中央市民病院では2012年に、重症低血糖を起こした135人の2型糖尿病患者を対象とした調査をしました。SU薬を使用する患者のうち、約9割が低血糖をこれまで経験していない、または低血糖を知らなかったと答えました。やはり飲み薬については、リスクの認知度が低いという現状があります」(岩倉医師)

 インスリン治療を主とする1型糖尿病患者は、自分で注射を打つ必要があるため、それにはどのような効果とリスクがあるのかをしっかり勉強しようとします。一方、インスリン分泌を促すSU薬でも治療可能な2型糖尿病の場合、リスクについての知識が不足している可能性があると指摘しました。

 また2型糖尿病患者の場合、周囲から「食べ過ぎたから糖尿病になったんだろう」という認識をされてしまうことがあると岩倉医師は話します。そうなると患者本人だけでなく、家族など周囲の人までもが、低血糖についての知識を得る機会を失ってしまいます。

 患者から家族への働きかけがないという状況も存在します。今回の調査では、「あなたが重症低血糖について、ご家族に相談していることや情報共有していることをお知らせください」という質問に対して、「とくに相談・情報共有はしていない」と回答した人は74%でした。その回答者に理由を聞いたところ、「自分で対処できるため、家族を巻き込む必要がない(12%)」「家族を不安にさせたくない(15%)」といった、家族への配慮を理由とする回答がありました。

 同セミナー登壇者の山内敏正医師(東京大学大学院医学系研究科教授)は、「家族に言いにくいという雰囲気があること自体が問題です」と強調します。

「重症低血糖のリスクがあるけれども周囲に言えないということがもしあるのであれば、発症・再発を防ぐことができない。コミュニケーションがふつうにとれる社会ができていくように、皆さんのご協力をお願いしたいと思います」(山内医師)

 こうした現状を踏まえ、私たちは何ができるのでしょうか。

「重症低血糖について、患者だけでなく、患者のそばにいるキーパーソンにも知ってもらう必要があります。診察の際はぜひキーパーソンとなる人にも一緒に診察に来てほしいです。また知識があっても不安だけ持っているのでは仕方がありません。血糖値を家でも測る、安心することが重要です。そのためにも、何かあったときに周囲の人が血糖値を測ることができるよう、バックアップする態勢をつくることが大事です」(岩倉医師)

 糖尿病患者の家族を対象とした同調査では、79%の家族が、重症低血糖の予防・対処のサポートをしたいと回答しています。「家族に負担をかけたくない」と不必要に配慮する必要はないのかもしれません。

(文/白石圭)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る