東京・天王洲でシャネル展覧会 5色に宿る創業者ガブリエルの精神

東京・天王洲でシャネル展覧会 5色に宿る創業者ガブリエルの精神

「マドモアゼル プリヴェ展」を開催中のシャネル。グローバルファッション部門トップにものづくりのあり方を聞いた。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
「マドモアゼル プリヴェ」

 マドモアゼルとはココ・シャネルの愛称で親しまれたシャネルの創業者ガブリエル・シャネルのことだ。冒頭の言葉はパリのシャネル本店4階に位置する彼女のクリエイション・スタジオの入り口に掲げられていた。彼女が数多の伝説的な作品を生み出した場所であり、プリヴェ(プライベート)の言葉通り、恋人や友人たちと共に私的な時間を過ごした場所でもある。

 その言葉に由来する展覧会が、東京・天王洲で開催中だ。入り口を抜けると、目の前に真っすぐな大きな階段が現れた。左右にはだまし絵が描かれ、一定の場所に立つとパリ本店の3階にあるガブリエルのアパルトマンに続く鏡張りの螺旋階段のように見える仕掛けになっている。まるで彼女のアパルトマンに足を踏み入れたかのようだ。展覧会のオープニングに合わせて来日した、グローバルファッション部門プレジデントのブルーノ・パブロフスキー氏はこう語る。

「この展覧会を通して、シャネルというブランドの背景にある秘密や神秘性といったものの一部を皆さんにお見せできたらと思いました。アトリエは、普段は限られた人々の目にしか触れない場所です。ですが、そこにはブランドを支えるヘリテージ(伝統)がある。ブランドの裏側にある、デザイナーの息づかいを感じてほしいと思いました」

 ホワイト、ベージュ、ブラック、レッド、ゴールド。会場はブランドを代表する五つの色をもとに構成されており、そこには常識にとらわれないガブリエルの自由な精神が宿っていた。

 たとえば、ベージュ。これは日光浴を好み、ビーチでの時間を愛した彼女だから価値を見いだした色だ。当時、上級社会では日焼けは避けるべきものとされていた。だがガブリエルは「日焼けがなぜ悪いの?」と、砂浜の色であるサンドベージュをキーカラーの一つにした。黒もそうだ。「黒と言えば喪服」とされていた1926年、ガブリエルは「リトル ブラック ドレス」を発表。クラシックでコンパクトな黒いワンピースの登場により、黒は女性を引き立たせるエレガントな色に変わった。

 ガブリエルが生まれたのは1883年。貧しい家庭に育ち孤児院に預けられるが、1910年、27歳のときに実業家の恋人の支援で帽子店を創業。以降、機能的な服、今も世界中で愛される香水「N°5」など、女性のファッションに新しい風を吹き込んだ。「流行ではなくスタイルを生み出した」とは、ガブリエル本人の言葉だ。

 ガブリエル亡き後のブランドを再興したのは、83年からアーティスティックディレクターに就任したカール・ラガーフェルドだ。創業者のスタイルを受け継ぎながらも現代的に洗練されたデザインを発表し、注目を集め続けた。そのラガーフェルドが今年2月に85歳で亡くなり、現在は彼の右腕としてメゾンを支えてきたヴィルジニー・ヴィアールがブランドを率いる。

「展示を通してシャネルのデザイナーの姿勢を知って頂きたい。デザイナーたちは、常に未来を見据えながら定番のアイコンに深みを与えていく。今日も明日も、これまでの歴史を大切に、次世代に引き継いでいく。それこそシャネルというブランドを唯一無二にしているのです」(パブロフスキー氏)

 シャネルは新しい技術も積極的に取り入れている。シリコーンのような硬い素材を3Dプリンターで格子状に出力して生地にし、職人が丁寧に縫い付けて作ったオートクチュールのスーツも展示されていた。15年のコレクションで発表されたものだ。

 ラグジュアリーブランドでありながら、公式ツイッターのフォロワーが1300万人を超えるなど、若い世代へのアプローチも積極的に行っている。

「デジタルはお客さまと我々を繋ぐツールです。それはブランドに抱く“夢”に繋がっていく。ヴィルジニー・ヴィアール本人と話したことがなくても、いま彼女が何を考えているのか、その“秘密”を少しでも発信していければと思っています」(同)

 現在のファッション業界にとって重要な課題の一つが、サステナブル(持続可能)であることだ。これについて、「環境への配慮とラグジュアリーであることは矛盾しない」とパブロフスキー氏は語る。イニシアティブを取っている具体的な取り組みの例として挙げたのは二つ。

 一つは15年に、ラグジュアリーブランドとしては初めて世界同一価格で製品の販売を始めたこと。根底には利益を上げる以上に、ブランドの世界観を感じてほしいという考えがある。もう一つは、将来的にアリゲーターやクロコダイルなどのエキゾティックレザーの使用をやめると表明したことだ。

「シャネルの製品を着ることに誇りを感じてほしい。美しい地球を次世代の子どもたちに残すことを常に念頭に置いています」(同)

(ライター・古谷ゆう子)

※AERA 2019年11月18日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る