日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、女性に症状が目立つ「旅行者下痢症」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *
 東京出入国在留管理局成田空港支局は、成田空港の2019年12月27日から2020年1月5日までの出入国者数が103万430人と、前年度より8・1%増加したとの報告を出しました。今回の年末年始は最長9連休をとりやすかったため、例年よりも海外旅行を選択する人が多かったことや格安航空会社による増便が、出入国者数の増加につながった可能性があるそうです。

 正月三が日を終えたと思ったら、あっという間に1月も折り返しを迎えましたが、皆様は年末年始をいかが過ごされたでしょうか。

 私は、まさに新しい年を迎えようとしていた1時間前に急激な胃痛と下痢に襲われ、ジャカルタのジョグジャカルタという街のホテルのベッドで横になっているうちに、新年を迎えてしまいました。部屋の窓越しに、花火の音や新年を祝う歓声を聞きながら、胃痛に耐えるという年越しは、しばらく忘れられそうにありません。

 下痢は下痢でも、特に東南アジアや中南米、アフリカなど衛生設備の普及が遅れている国々へ旅行した際に、到着してから3日から5日のうちに発症し、1日から5日ほど続く下痢症のことを「旅行者下痢症」といいます。

 そこで今回は、自身の経験談を交えつつ、「旅行者下痢症」についてお話したいと思います。

 旅行者下痢症は、資源の豊富な地域から資源の限られた地域に旅行する際に、よく見られる病気の一つです。コネチカット大学医学部のHill DR氏が、旅行者784人に対して2年間の追跡調査を行った結果、下痢は最も一般的であり、46%で発生したと報告しています。

 24時間以内に4回以上の下痢、もしくは8時間以内に3回以上の下痢に加えて、嘔気や嘔吐、けいれんや発熱、便意や腹痛などを伴う下痢症が「旅行者下痢症」であると定義されています。

 原因は、細菌や寄生虫、ウイルスといった病原菌に汚染された水や食べ物を摂取することによる経口感染です。病原体の約80%を細菌が占め、寄生虫は約10%、ウイルスは5〜10%程度であると言われており、細菌の中では病原性大腸菌が最も多く、他にカンピロバクターやサルモネラ、腸炎ビブリオ、赤痢菌などが原因となります。ウイルスではノロウイルスやロタウイルスが、寄生虫ではアメーバ赤痢やランブル鞭毛虫などが検出されています。

 せっかくの楽しい海外旅行を旅行者下痢症に見舞われて台無しにしないためには、病原菌に汚染された水や食べ物を食べないようにすることが大切です。徹底した手洗い、飲用水やうがい・歯磨きの際に使用する水はペットボトルの水か沸騰させた水を使用する、そして、加熱されたものだけを食べることが予防対策として重要になります。

 例えば、サラダやカットされたフルーツ、水道水や氷、フレッシュジュース、屋台の食べ物などは危険です。日本国内であれば、生野菜や刺身を食べても、水道水を飲んでも基本的に下痢になることはほとんどありません。けれども、一歩、国の外に出れば、そんなことはないのです。

 というのも、日本をはじめとする先進国は、冷蔵や冷凍による輸送が徹底されています。しかしながら、それ以外の国では常温で運ばれることも多く、その際に細菌が繁殖してしまいます。また、人糞を使用した野菜栽培の場合、寄生虫に汚染されていることも少なくありませんし、室温で長時間置かれた作り置きの料理も、危険と言わざるを得ないのです。

 今回の年末年始を思い起こせば、地元の人からオススメだと言われたレストランに行っては、氷入りのしぼりたての果物ジュースを飲んだり、付け合わせの生野菜を食べてしまったりと、危険な食べ方をしてしまっていたので、当然のごとく、「旅行者下痢症」に見舞われたのでした。

 とはいえ、旅先で下痢になってしまうには、とても辛いもの。頼れる人がいなかった私は、早く治ってくれと祈るしかありませんでした。

 5日から7日の日数での渡航が多いといわれる日本人の旅行者下痢症は、私のケースのように現地で下痢に襲われることもあれば、帰国してから下痢に襲われるケースも少なくありません。

 実際、インフルエンザの流行は正月休みなど関係がないため、年末年始を問わず、外来には「インフルエンザに罹患してしまったかもしれない」と多くの患者さんが受診されていますが、そんな中で、海外で年末年始を過ごし、滞在中ないしは帰国直前や帰国直後に下痢になってしまったという患者さんを新年の外来で何人も見かけています。

 本来は、渡航先や現地での食事内容、発症のタイミングなどから原因を同定し、適切な抗菌薬の投与を行うことが治療になります。しかしながら、原因が特定されるまでには日数を要します。そのため、スポーツドリンクなどの水分摂取による早期の脱水予防と、抗菌薬の1つであるニューキノロンの内服が現実的な対応策となります。

 ちなみに、粉末のスティック状で売られているスポーツドリンクを日本から持参しておけば、現地で水を購入しさえすれば、スポーツドリンクは簡単に作ることが可能です。

 旅行者下痢症はほとんどの場合、1週間以内に治りますが、慢性的に続いてしまっている場合は、未治療ないしは不十分な治療が原因である可能性があります。その場合は、早めに医療機関に相談することが大切です。なお、症状がひどい場合も、現地の病院を受診する必要があります。

 冬が終われば、ゴールデンウィーク、東京五輪開会式の連休、そして夏休みがやってきます。東南アジアや中南米、アフリカといった国々への渡航を考えている方は、必要なトラベルワクチン接種と共に、旅行者下痢症への対策について、ぜひ事前に医師に相談してみてくださいね。