抗菌薬が効かない「耐性菌」が、国際社会の大きな課題になっている。2014年に発表されたレポートでは、世界中の死者は少なくとも70万人に上る。何も対策をとらなければ、1千万人が命を落とす可能性もあるという。AERA 2020年1月20日号から。



*  *  *
 耐性菌に関してショッキングなニュースがある。

 国立感染症研究所(感染研、東京)の研究によると、海外発の強い薬剤耐性を持つ大腸菌などの腸内細菌科細菌による感染症が国内で増えているという。

 法律に基づいて検査を始めた17年は13例だったが、18年は42例にまで増えた。確認された場所を見ても、6都県から16都道府県に広がった。

 ここで分析されている耐性菌は、抗菌薬「カルバペネム」が効かない腸内細菌科細菌のうち、薬の成分を壊す酵素をつくる海外型の耐性遺伝子を持つタイプだ。ちなみに、カルバペネムは抗菌活性に優れ、「伝家の宝刀」すなわち最終手段として温存しておきたい強い抗菌薬だ。

 17年と18年に見つかった海外発の耐性菌55例のうち、渡航歴がないか、不明だったものが41例あった。感染研薬剤耐性研究センター長の菅井基行さん(60)が言う。

「海外に駐在していた人が病気になったり、交通事故に遭ったりして、現地の病院に入院します。そこで耐性菌をもらって帰国して見つかる、というケースがかつては非常に多かった。ところが今回は、海外渡航の経験がない人からも出ていました」

 渡航歴がない人に海外発の強い耐性菌が見つかるということは、海外渡航経験者や海外滞在者を含め、周囲の人からそれらの菌をもらっているため、と推測される。

 耐性菌対策は、すでに国際的な課題だ。15年5月には、WHO(世界保健機関)が「薬剤耐性に関するグローバル・アクション・プラン」を採択。16年5月の伊勢志摩サミットでは、G7諸国が協調してAMR対策に取り組む方針が定められた。

 厚労省結核感染症課の加藤拓馬課長補佐(37)によると、この大きな流れをつくったのは、14年の英国の経済学者、ジム・オニール氏による報告「オニール・レポート」だ。レポートによると、薬剤耐性による世界中の死者は現状では少なく見積もって70万人に上る。さらに、何も対策をとらなければ、2050年には1千万人に達する見込みだという。ちなみに、18年のがんによる死者は世界中で960万人いるという推計がある。耐性菌は、がんと同じ程度の脅威になる恐れがある。

 ただし、これは「対策をとらなければ」の話。実際には少しずつ世界は動き出している。

 厚労省の資料によると、世界の医療分野での抗菌薬の使用量(人口1千人あたりの平均1日使用量)はギリシャやルーマニア、ベルギーなどの国々で極めて多く、日本では必ずしも使用量が多いわけではない。家畜の飼料に混ぜるものや農薬に使うものも合わせると、日本国内で使われている抗菌薬はおよそ1700トン(13年)になる。

 注目すべきポイントとして加藤さんが指摘するのは、「セファロスポリン、その他のβラクタム」「キノロン」「マクロライド等」に分類される3種類の抗菌薬の使用量だ。日本は突然、トップのギリシャに次いで2番目の使用量になる。

「これらは多くの種類の菌に割と広く効く抗菌薬です。この『広い型』の抗菌薬に耐性を持たれてしまうと、『狭い型』の抗菌薬も含め、多くの抗菌薬が効かなくなることが多く、結構、たちが悪いと言われています」

 オニール・レポート以降、先述の通り、WHOは15年、AMRに対するグローバル・アクション・プランを採択し、国内でも16年から5カ年のアクションプランを策定した。適正使用などを進めることによって、対13年比で人への使用量は33%の削減などを掲げている。ただし、取り組みは世界中の国々にも同様に求められる。前出の菅井さんはこう警鐘を鳴らす。

「近隣で言えば、薬局で簡単に抗菌薬を入手できる東南アジアではやはり耐性菌がたくさん検出される地域になっていると思われます。人の流れがグローバル化するなか、各国が足並みをそろえて対策を取る必要があります。実際に東南アジアの国々でも、WHOや我々と連携して耐性菌動向の把握のための調査などが徐々に動き始めています」

 1928年、世界初となる抗菌薬、ペニシリンの発見以来、世界中で抗菌薬が開発されるようになり、耐性菌は増えてきた。これまでは、耐性菌が出る度に、新薬が開発されてきた。だが、新規の抗菌薬の開発事業は、停滞している。

 抗菌薬が使われる状況も期間も限られていく中で、抗菌薬市場自体の縮小が見込まれている。新薬の開発は難しく、米国では昨年、アカオジェンという会社が倒産した。多剤耐性菌による感染症治療薬を開発した翌年のことだ。マーケットを熟知するある製薬会社の社員は「抗菌薬市場でビジネスを継続することは難しくなっている」と言う。

 このままでは、耐性菌による感染症を防ぐ手段は枯渇しかねない。人類滅亡の危機もあるのか。国立国際医療研究センター病院(東京)の情報・教育支援室長、具芳明(ぐよしあき)医師(47)に尋ねると、明確に否定した。抗菌薬の歴史は70年余りだが、人類は長い歴史のほとんどを抗菌薬なしで過ごし、発展してきた経緯があるからだ。ただ、こうも付け加えた。

「対策をとらなければ、抗菌薬がない時代に戻る可能性はあります。いろんな場面で病気の治療の選択肢が減り、世界中の平均寿命は今よりも短くなるでしょう。だから、今ある抗菌薬をできるだけ長く使えるようにしなければいけないのです」

 必要な時に限って、適切に使う。医療従事者だけの問題ではない。危機を我がこととして受け止められるかどうか。世界中の人たちに突きつけられている。(編集部・小田健司、川口穣)

※AERA 2020年1月20日号より抜粋