ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。



*  *  *
 柚子って、基本的には皮しか使われませんよね。僕は実を食べたことがほとんどありません。同じ柑橘類の中でも、かぼすやすだちのように丸ごとカットした形で食卓に出てくることはほとんどなくて。たいていは皮だけで、それもごく薄く切ってあったり、おろし金で削ったものが少しだけかかっていたり。皮の香りが命で、実や果汁の酸味はあんまり要求されていないのかな。

 それでも、ひと切れでお料理を完全に「柚子の風味」にする力がある。ほんの少量ですごいインパクトを残す。ずるいぐらい、場を全部持っていくんですよ。お風呂に柚子をドボンと入れるだけで圧倒的な季節感を感じられる。とんでもない実力です。

 和食のイメージが強いですよね。韓国の柚子茶はありますけど、もっともっと世界に出ていってほしい。ヨーロッパの有名なシェフやパティシエが柚子を使っているというのを聞くと、日本人が海外で活躍しているみたいでうれしくなります。レモンにできることは大抵、柚子にもできるんじゃないでしょうか。

※AERA 2020年1月20日号