大学入学共通テストの実施まで1年を切った。昨年、目玉とされてきた「英語民間試験」と「国語・数学の記述式問題」の導入が見送られたが、共通テストはどうあるべきなのか。AERA2020年2月3日号で、「テスト理論」「英語スピーキング」「国語教育」のそれぞれ第一人者である、東京大学名誉教授の南風原朝和さん、京都工芸繊維大学教授の羽藤由美さん、日本大学教授の紅野謙介さんが意見を交わした。



*  *  *
 1月18、19日に大学入試センター試験が終わり、来年から大学入学共通テストに切り替わる予定だ。しかし昨年、「英語民間試験」と「国語・数学の記述式問題」という二枚看板の導入延期が土壇場で決まった混乱は収まらない。「記述式問題」がなくなった後の国語や数学の出題内容はどうなるのか。1月中に発表される予定だが、実施まですでに1年を切っている。

 1月20日には「入試改革を考える会」が、「来年度の共通テストの実施延期とセンター試験の継続」を求める署名を文部科学省に提出した。見送り後の変更を反映させたプレテストの実施が不可能だからだ。

 受験シーズンに入った高校3年生は、27日から国立大学の2次試験の出願が始まる。「来年の共通テストがどのような内容になるのかわからないなか、出願の判断ができない」といった怒りの声も上がる。

──共通テスト実施まで1年を切りましたが、混乱が収まりません。

南風原:来年の共通テストをどうするかは、喫緊(きっきん)の課題です。

紅野:プレテストがもうできないのですから、私は来年は、センター試験を継続すべきだと思います。

南風原:前提としていた大きな柱が抜けたのですから、本来、試験設計のし直しが必要です。

──英語は、民間試験で4技能を測ることを前提に、共通テストは「読む」「聞く」の2技能に特化した問題構成や配点になっていますが、導入見送り後も、その方針に「変更はない」と発表されています。

紅野:骨組みを変えずに残しておき、民間試験を復活できるようにしておきたい、という意図を感じずにはいられません。

南風原:大学入試センターは、こんな大事な決定を「書面審議」ですませています。その会議のメンバーは非公表です。

羽藤:英語についてはセンター試験が万全だったとは思いません。しかし変更点について受験生や教員が納得していないいまの状況は問題です。理解を得るための丁寧な説明が必要です。

──以前から、共通テストの課題は「英語民間試験」と「記述式問題」だけではない。マークシート部分にもあると問題提起されてきました。

紅野:国語では、複数の資料を読んで答える問題が共通テストの目玉のひとつですが、求められるのは「読解力」ではなく「情報処理力」。また実用文の問題では、法律や契約の範囲内でどう対処するかばかりが問われ、それ自体の根拠や正しさを問うことになっていません。

南風原:「太郎さん・花子さん問題」と呼ばれる、むだに長い会話形式の出題も多いですが、そのような場面設定をすることで思考力がもっと測れるようになるというのは短絡的な発想で、根拠がありません。

──数学の関係者からは、数学の実力があっても、冗長な会話文につまずき、本来の力を発揮できない生徒が出ることに懸念の声も上がっています。どう収拾していけばいいでしょうか。

南風原:プレテストの実施の度に批判の声が上がるのは、マークシート部分の方針変更も専門的な検討を経ていないからです。プレテストの結果を詳細に分析して、センター試験より改善しているのか、劣化しているのか、エビデンスに基づく検証と反映が必要です。

●鼎談参加者

南風原朝和(はえばら・ともかず):東京大学名誉教授。広尾学園中学校・高等学校長。日本テスト学会副理事長。専門は心理統計学、テスト理論。東京大学理事・副学長、高大接続研究開発センター長などを務めた

羽藤由美(はとう・ゆみ):京都工芸繊維大学教授。専門は応用言語学。コンピューター方式のスピーキングテストを開発し、同大の英語プログラムやAO入試で実施している

紅野謙介(こうの・けんすけ):日本大学文理学部教授、学部長。専門は日本近代文学。筑摩書房高等学校用国語教科書編集委員。著書に『国語教育 混迷する改革』(ちくま新書)など

(構成/編集部・石田かおる)

※AERA 2020年2月3日号より抜粋