61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。今回はプログラミングの研修を受けたことで、教員としてのその後の生活が大きく変容した二人の先生を追ってみたい。



*  *  *
 2月も中旬となり、各小学校は卒業に向けての諸々の行事等で教員の研修会も少なくなる。私の出張も、月末の奈良県の実践報告会が今年度の最後かと思う。

 弊社(みんなのコード)は、3年前から全国の小学校の先生方を対象に、プログラミングの研修会(養成塾)を開催してきた。その延べ人数は1500人となり、目標としていた「プログラミング教育の全面実施の2020年度末までに2000人の養成塾生を」が実現視されてきた。全国には、大小の違いがあるが約1800の自治体があるので、概ね各自治体に一人は、プログラミング教育を推進できる先生が存在することになる。

 中には、プログラミング研修との出会いで教員としての取り組み、生活が大きく変わり、その様子をSNS等で発信している先生もいる。今回は、その中のお二人の先生をご紹介したい。

■林孝茂先生「こんな学びがあるのかと衝撃を受けた」

 一人目は、兵庫県の尼崎市の林孝茂先生だ。私も関西に出張すると、彼と一献する機会が多い。先日も二人で3年前の研修会の話題に触れ酒を交わしていると、「僕は、あの時から人生が激変した、と言うと大袈裟ですが、大きく変わりました。」と回顧がはじまった。以下は林先生の言葉だ。

「自分が、大阪市の教員から兵庫県尼崎市の教員に移ったのは数年前。川一つ挟んだだけの隣接の大阪府とは、教育面でも様々な点で差異がある中、教員としての10年目の節目を迎えたときでした。それまで、音楽・体育を担当していましたが専門というほどではなく、尼崎に移り情報担当となっても、専門性高く特化しているわけでもありませんでした。しかし、学校現場では、教員生活も10年を越せば、中堅教員として期待されることも多く、少し悩んでいた時期に、プログラミング教育必修化という活字を目にしました。そこで、何気なく調べてみると、みんなのコードの養成塾(東京開催)を見つけ、流れから参加申し込みをしました」

 私と林先生との付き合いも、ここでの研修会が始まりだ。この研修会は東京で年に数回週末に開催されるもので、教育委員会主催のものではないのでいわゆる「出張」扱いにはならない。つまり参加費は無料であるものの、交通費は自己負担になる。

 彼は続けて語る。

「東京まで自腹で年に数回足を運ぶ研修ですからね。家内の財布の締め具合も気にしつつ、迷いもありましたが『半分旅行気分』で新幹線に乗り込みました。参加してみて、地方からの参加が自分だけではなく何人もいること、逆に都内の先生が少ないことに、まずはびっくりしました。

 初日からいろいろな方と出会い、たくさんの学びを経験しました。そして、自分の意識の狭さに驚愕し、自分の世間知らずさを痛感したのもこの時です。加えて、仕事に対するモチベーションや、専門性、考え方などに刺激を受け、大阪への帰路、少しでも真似したいという思いに駆られました。プログラミング教育は全くのど素人で、学ぶこと全てが新鮮で、こんな学びがあるのかと衝撃を受けました。これを自分の武器(専門)にできたら市内で自慢できる、今はまだ誰も知らない、偉そうにできる、とちょっぴりいやらしい考えが脳裏をよぎったのも事実です(笑)」

 私も、彼の話を聞いていて、当時のことが蘇ってきた。

 林先生は子ども目線で数々の実践を重ね、報告会では見事、全国から参加した受講生の中でMVPに選ばれた。

 関西出張する毎に、その後の林先生の活躍ぶりを、私は見てきた。まずは、尼崎市の有志の教員による「尼崎プログラミング研究会」を立ち上げた。今でこそ、教育委員会お墨付きの研究会が東京都や青森県には設立されているが、一個人のマンパワーで発足させたのは林先生がパイオニアだろう。

 私の知る尼崎の教育長も、林先生の行動力には一目置いている。さらに、彼のプログラミング教育に関する発信力は高まり、ほぼ自費で初心者向けのシンブルなプログラミング集を作成したり、その延長に研究会のホームページを立ち上げたりして、多くの先生方に各資料を利活用してもらえるように、情報発信している。

 私は「そんなに熱く打ち込んで、家庭は大丈夫なの?」とちょっと意地悪な質問を投げかけてみたところ、「我が子とプログラミングを楽しんでいます。当時はまだ幼稚園児でしたが、ビスケットやスクラッチJrなどを一緒にやったり、歩きながらあれはどんなしくみなのかなと話したりするようになりました。今では自分でタブレットを操作して進められるようになっています」と、誇らし気にかつ優しい笑顔が垣間見られた。

 4月からは、いよいよ全面実施の小学校プログラミング教育。尼崎市を中心とする関西方面での彼の活躍を、今後も注視していきたい。

■田中愛先生「有意義な研修は私にとって最高の趣味」

 次に紹介するのは、長野県伊那市の女性、田中愛先生だ。流石に、彼女とは一献交わしての思い出話とはいかず、メールでのやりとりで話を聞いてみた。田中先生は、大学の私の後輩にあたり、専門分野はテクノロジーと真逆の心理学系、特別支援教育なので、パソコン操作も校務を扱うレベルだったという。そんな田中先生からの返信で注目されたのは、研修会参加の動機だ。

「プログラミング教育に関心が高かったわけではなく、3年前、情報教育の知識ゼロにも関わらず、校務分掌(学校内の業務分担)で情報教育担当に『なってしまった』ので、県主催ICT研修を受けたことがきっかけです。その研修でみんなのコードの代表、利根川さんと出会い、そこで受けた研修内容を学校で実践してみたら、『この教育は絶対だ』と実感し、私の何かに火がつき、養成塾入塾を決意しました。プログラミング教育を初めて子どもたちに実践した時、子どもたちの目の輝きや、学びに向かう姿の変容が衝撃的だったのを、今でもはっきりと覚えています。これですよ」

 前述の林先生同様、プログラミングとの出会いは情報担当という校務分掌がきっかけという。確かに「プロクラミングの授業をすると、子どもの目の輝きが違う」という声を多くの先生方から聞く。田中先生はこの衝撃から、東京で開催されている週末の研修会に長野県から高速バスを利用して参加されていた。時には早朝バスも利用していたと記憶していたので、多忙な中で、時間とお金を費やすことへの心境を尋ねてみた。

「趣味にお金をかける方は多いでしょう。私にとって、研修のために時間を費やし実費を支払うことは、『好きなアイドルや交響楽団のコンサートのために週末を潰して、交通費、コンサート代を出すことについてどう思われますか?』と聞かれているのと同じことです。みんなのコードの研修はじめ、有意義な研修は、有識者や知見の高い方々、また意識の高い仲間と出会うことができ、様々な知識を得て、またそれを学校で子どもに返すことができるという、私にとって最高の趣味です。研修から私は心の栄養である学びを吸収し、日々のエネルギーをもらうことができます」

 この返答を見て、私の愚問を反省するとともに、彼女の崇高な思いに、ただただ、敬意を表することしかできない自分がいた。

 田中先生も、東京での研修会では、管理職から一般教員まで、立場も専門も違う先生方が一堂に会して、次世代の子どもたちのことを真剣に考えている姿に驚き、自身も成長しなくてはと意欲喚起につながったと綴られている。

 彼女は東京都の教員、在外教育施設(中国日本人学校)の経験、そして特別支援学級の経験と、幅広く豊富な教員経験を持ち備えている。その上でテクノロジーに開花した彼女は、現在、マイクロソフト、インテル、グーグルが認める教育イノベーターとして全国区の実践者となった。先日、都内での研究会で信州大学の情報科学の教授が「長野県は、田中愛先生がリーダーシップを発揮されていますから」と、大学教授も太鼓判の活躍ぶりに脱帽であった。

「プログラミング教育をツールとして、子どもたちと一緒に学びの楽しさを味わっていけるよう、私も日々アップデートしていきたいと思っています」と、メールは結ばれていた。

 この一文に、まさに、生涯学び続ける彼女の姿が明確に映し出される。当然、そんな姿を日々見ている子どもたちは、自ずと学びの楽しさ実感するはずである。今や、プログラミング界隈では全国に名前が轟き、精力的に特別支援とのテクロジーの親和性も発信されている多忙な日々の田中先生。時折投稿される、彼女のお子様と楽しく過ごす様子のSNSに、幾ばくかの安堵を感じている。

 今回、プログラミング研修との出会いから、自身の教員生活に大きな変化が生じた二人を紹介した。4月から始まるプログラミング教育。第二の林先生、第三の田中先生が多くの自治体で登場されることを期待して、来年度の研修計画を立案していきたい。