政府は本人の希望で70歳まで働ける改正法案を今国会で提出し、いよいよ70歳定年時代が現実味を帯びてきた。本当に働けるのか不安や心配が募る一方で、キャリアの可能性が広がるチャンスともいえる。AERA2020年2月17日号では、自分らしく長く働き続けるヒントを探る。



*  *  *
 働き方を変えるべきタイミングはいつか。AERAは1月下旬、インターネットを通じてアンケートを実施。自身の病や家族の死がきっかけだという人が少なくなかった。そうした大きな出来事に直面する前に準備できないものか。リクルートキャリアの藤井薫HR統括編集長(54)はこうアドバイスする。

「1週間の中で、没頭したり無我夢中になったり、ひたむきになる時間が少なくなっていたら考えどきです。自分のキャリアのことばかりを考えているときは無我ではなく有我です」

 会社の中でだんだん打席がなくなっている、と感じている人も「いい機会」だという。

「控えが続くチームにいるよりは、先発出場したほうが必要な筋肉を鍛えられます。一流の選手でもベンチでの控えが長く続くと、試合で打てなくなります」

 長く打席に立ち続けるために、一度仕事を離れ、学び直すという選択肢もある。

 池田美樹さん(53)が22年間在籍した出版社マガジンハウスを50歳で去ったのは、「少なくとも70歳まで楽しく仕事をするにはどうすればいいか」と考えた末のことだった。

 憧れの同社に中途入社したのは29歳のとき。骨を埋(うず)めるつもりだったが48歳で、「コンテンツ制作以外」の仕事を主にする部署へ異動。編集畑で培ってきた経験を生かせなくなった。

 葛藤の中で浮かんだのが、「私は雑誌を作る仕事しかしていない。編集とは違う分野で何かをしっかり学ぶことで、キャリアを新しく築き上げたい」という欲求だ。

 選んだのが、慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科で「40代以上女性のアイデンティティーの再構築をどうすべきか」をテーマに研究する道だった。2年かけて修士課程を終えた昨年、再就職に向けて複数の企業に履歴書を送ったが、すべて書類で落ちた。

 落ち込んでいたとき、「ワインの連載をしない?」と声をかけてくれたのは、雑誌時代に知り合った業界の知人だった。趣味の旅行で出会った人との縁は、紀行の執筆依頼につながった。「意外なところから仕事の紹介がいくつもあった」と振り返る。

 今、フリーランスのエディターとして働く池田さんは「弱い紐帯(ちゅうたい)の強さ」がビジネスには重要だと実感している。大親友のような強いネットワークよりも、ちょっとした知り合いの緩いネットワークが仕事を運んでくれたからだ。

 2月4日には仲間3人と一般社団法人「Beautiful 40’s」を設立。大学院の研究テーマとエディターの経験を生かし、40代以降の女性の悩みに向き合い、助言できる存在になりたいと考えている。臨床心理士の資格を得るための一歩として、春からは放送大学で心理学を受講。60歳までに2度目の大学院入学を果たすつもりだ。

 リクルートキャリアの藤井さんは、「働く」意味は二つあるという。一つは「傍(はた)を楽にする」。周囲が喜んでくれることがやりがいになる。もう一つは「旗楽(はたらく)」。自分の好きなこと、やりたいことの旗を掲げて、それを楽しむ。わくわくできることは長く続けられる。いずれも報酬や地位とは無関係の価値だ。

「この人のために何とかしたい。あるいは、自分が培った経験はいろんな人から教わってきたものなので、次世代に恩返ししたい。こうした無我の境地が働く動機になっている人は強い」

(編集部・渡辺豪、ライター・羽根田真智)

※AERA 2020年2月17日号より抜粋