人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は「豪栄道のやせ我慢」。

* * *
 久しぶりにすっきりした顔をしていた。引退会見での吹っ切れたようなすがすがしさ。どんなに内心悩んだことだろう。何にもいわないから伝わって来なかっただけだ。

 大相撲の豪栄道が引退した。私はずっと豪栄道のファンだった。きっかけは何だったか忘れたが、まず名前が好きだった。豪栄道豪太郎、この上なく強そうな名前ではないか。

 それなのに、まわりから優勝や大関さらに横綱を期待されるとポロポロ負けた。その負けっぷりが面白いのだ。解説の北の富士さんや舞の海さんは、初日は毎場所と言っていいほど優勝候補に豪栄道の名を挙げた。

 稽古ではいつでも圧倒的に強いのだという。せっかく期待されて大関になったのに、カド番をようやくしのいで、次につなぐということが何回あったか。北の富士さんもあきれ顔だった。それなのにカド番から全勝優勝をさっそうとやって見せてくれる。その不安定さが好きだ。よくも悪くも期待を裏切ってくれる。

 彼の一番だけはテレビの前で応援するのだが、そんな時は必ず負ける。

 全勝優勝の時は、私が海外に出かけている最中だったので、私が見ていない方が勝つのだとゲンをかついで、それから彼の出番だけはわざと席を外して見ないようにした。ファン気質とはそんなものだ。

 豪栄道は時々困ったような表情を見せる。自信に満ち溢れているというよりは、心の迷いがふと表情に出る。何ともいえぬ人間としての可愛らしさを感じてしまう。

 私は父が好きだったせいで、子供の頃から大相撲に親しんでいた。大阪に父が転勤した時、桟敷席に連れてゆかれて、遠くから横綱照国を見た。そのピンク色の肌の美しかったこと!

 長じてNHK時代には、栃錦のファンだった。あの速攻と知能派相撲。栃若戦でもだんぜん栃錦だった。

 入局してすぐ名古屋に転勤し、名古屋場所の金山体育館では、女子としてはじめて力士にインタビューすることもできた。

 金山体育館に冷房はなく、酷暑の夏場所では氷柱を立てて、酸素ボンベから酸素を噴出させて涼をとった。体育館入口の巨大な氷柱の側で、大きな力士に小さな私がインタビューする。解説は神風さん、実況中継は志村正順、野瀬四郎という大レジェンドの時代。場所がはねると、クラブへお供することもよくあった。

 相撲の面白さは、一対一で、土俵という限られた空間で瞬時に全ての力と技が衝突するところにある。仕切りの表情で勝負が予想できる。勝つ時は大きく見え、負ける時は小さく見える。

 予想をいつも裏切るのが豪栄道。大けがをしていても、体には何も貼っていないからわからない。ちょっとつまらなそうな顔をして土俵に上がる。

 彼自身は自分のことを「やせ我慢」と呼んでいた。思いと裏腹に、矛盾しているところに魅力を感じる。

 今回負け越したら引退と決めていたという潔さは、場所前から見えていた。今後は安心して親方としての姿が見られる。

※週刊朝日  2020年2月21日号