赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」というお悩みはよくあること。でも、一言で「食べない」と言っても、月齢や個性により理由はさまざま。今回は、よくある「食べない」にまつわる悩みに答えます。



●舌でベーっと出して食べてくれない

 離乳食をスタートしたての赤ちゃんによくあります。考えられる理由は2つ。

(1)舌突出反射が原因?
 赤ちゃんは産まれもって「舌突出反射」というものがあります。この反射は、おっぱいや育児用ミルク以外は、口に入れないように、形のある物が口の中に入ってくると押し出す反射。多くの赤ちゃんで4カ月ごろに消失しますが、離乳食がスタートする5カ月ごろまで残っていることもあります。数日したら消えるので、離乳食をいったん止めて数日後に再チャレンジしてみましょう。

(2)トロトロになっていない?
 離乳食初期の食べ物の形状は、柔らかく茹でた(煮た)食材を、裏ごし器で裏ごしし、煮汁などを加えてトロトロのポタージュ状に滑らかにするのですが、滑らかさが少ないのが原因で食べてくれないことがあります。離乳食を食べるまで母乳や育児用ミルクの液体しか飲んでこなかった赤ちゃんですので、離乳食も液体に近い形状のものからスタートさせます。

●順調に食べていたのに、急に食べなくなった

 これまで順調に食べていたのに急に食べなくなったら「なぜ?」とびっくりするでしょう。離乳食に慣れてきた、離乳食中期(7〜8カ月)以降の赤ちゃんによくあることで、考えられる理由は2つあります。

(1)精神的に発達した?
 成長と共に、離乳食以外のことに興味も持ち始めたために起こります。そこで、食事中の赤ちゃんの周りの環境を見直してみます。テレビがついていたり、玩具がそばにあったりしませんか? 赤ちゃんが集中して食べられる環境を整えてみる、食材やだしを変えてみるなどして、離乳食に興味を向かせてみましょう。

(2)段階が上がって赤ちゃんが戸惑っている?
 離乳食初期の「トロトロ」から離乳食中期の「みじん切り」になり、赤ちゃん自身が食べ物の大きさの変化、食感の変化に戸惑っているのかもしれません。そんな時はいったん裏ごしして離乳食初期の形状に戻して食べさせます。恐らく裏ごしなら食べてくれるはず。裏ごししたものを食べることを数日経験したら次のステップ。急にみじん切りにするのではなく、裏ごし+みじん切りを混ぜ合わせるなどして、徐々につぶつぶを大きくします。時間をかけて最終的に離乳食中期のみじん切りにします。

●遊び食べをして食べてくれない

 手で食べ物をグチャグチャして、全く口に入れない。口に入れないどころか、周りにポイポイ落としたり投げたりするもんだから、後片付けも大変! 手づかみ食べがスタートする離乳食後期(9〜11カ月)以降によくあります。考えられる理由は2つ。

(1)食べ物の感触が楽しい
 自分で食べ物をつかめるようになり、きっと楽しんでいるのでしょう。食べ物に興味を持っている証拠です。ただ、やっぱり離乳食を口の中に入れてほしい!と思います。このような時の赤ちゃんへの対処方法は「赤ちゃん専用の器を用意する」。赤ちゃんがこの食事で食べる離乳食全量を赤ちゃんの目の前に置いていませんか? 最初から全量を目の前に置かずに、赤ちゃんの手づかみ専用の器を用意し、手づかみする1回分だけ器に入れます。赤ちゃんが食べたらまた手づかみする1回分だけ器に入れます。赤ちゃんが手づかみの感触を味わっていてなかなか食べなければ、横からスプーンで赤ちゃんに食べさせます。そうして手づかみ食べに慣れてきたら、徐々に器に入れる量を増やしていきましょう。

(2)お腹がすいていない
 遊び食べをする場合、そもそも、お腹がすいていないのかもしれません。「あ、これ食べないな」というのは、1分もしないうちにわかります。こんな時は、無理強いをしないこと。お腹がすいていなければ、離乳食を食べたくありません。思い切って「今は食べない」という選択をしてもOK。「30分後に食べよう」と赤ちゃんに伝えて、いったん離乳食を下げ、再チャレンジします。

●食べている途中で椅子から脱出する

 食べている途中で、椅子から脱出して遊ぶ子がいます。一口でもいいから食べてほしくても、追いかけて食べさせないようにします。「立ち歩いて食べてもOK」と赤ちゃんが認識してしまったり、立ち歩いて食べることでのどに詰める事故の原因になったりします。赤ちゃんが立ち歩いたら「座るよ」と椅子に座らせて一口食べさせる。また立ち歩いたら「座るよ」と椅子に座らせて一口食べさせる。気の長い話ですが、その繰り返しです。保育所では、このように対応しているので赤ちゃんたちは「ご飯は座って食べる」と分かっています。

 保護者さんから「どうして保育所では座って食べられるんですか?」と質問を受けることもあります。それは、親が追いかけて食べさせて「立ち歩いて食べてOK」にしてしまっているからなのです。赤ちゃんに座って食べるルールを分かってもらうまでは多少の根気が必要ですが、他のしつけをしたい時も、その根気が役立ちます。また、子ども自身も親の対応を見て「あ、これダメなヤツなんだ」とすぐにわかってくれるようになります。

 また、「もう食べないから終わりにしよう」と思った時は、赤ちゃんをいったん座らせ「ごちそうさまでした」と食事を終了させます。これらの一連の流れは、怒らず淡々と行ってください。

 食べることは生きることなので、赤ちゃんが食べないことは死活問題につながります。私の場合、長男が離乳食を食べてくれない子でした。離乳食がうまくいかないことで「母親として失格」のレッテルを貼られたように感じ、食べない息子の様子を見ようとせず、「食べさせる」ことだけ意識して離乳食を与えていたので、うまくいきませんでした。「あと一口食べて!」と思う気持ちは痛いほどわかりますが、食べられない理由が存在すること、その理由を赤ちゃんは説明できない年齢だということを親が意識するだけで、状況が少しずつ変化するのではないかと思います。赤ちゃんが「食べたい」と思う気持ちになることを信じて、気長に取り組んでみましょう。(文/中田馨)

※AERAオンライン限定記事